FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第445回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング
    ♪ラストの小節が心に残る様にアレンジされた佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    やしきたかじん「焼けた道」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「新・木枯し紋次郎」主題歌


 8月29日に行われた 民主党代表選挙は、野田佳彦 財務大臣が、新代表に選出されました。

 最初の投票は、海江田 経済産業大臣が 1位でした(第1回 得票数:海江田万里 候補 143 野田佳彦 候補 102 前原誠司 候補 74 鹿野道彦 候補 52 馬淵澄夫 候補 24)。

 しかし、上位候補2名による決選投票では 2位 ~ 4位 連合が成立。野田財務大臣が逆転で当選しました。

 【決選投票 獲得得票数:野田佳彦 候補 215 海江田万里 候補 177】

 11時から始まった両院議員総会では、各候補15分ずつの政見演説がありました。野田 新代表は 金魚には なれないドジョウだとか(笑)人気はないから解散はしないとか、息が詰まる様な投開票会場で 2回笑いを取るなど、そのスピーチに他候補と比べて抜群の上手さがありました。

 多くの候補が如才無く 公約の上澄みをなぞっていた中、野田 新代表は 人柄を全面に出した穏やかなスピーチを展開しました。自分をドジョウに例えた宰相は、太政官制に遡っても(笑)初めてです。ある意味 強烈な印象を野田 新代表は残し、直後の投開票に結果となって現れました。

 翌30日には、国会で 内閣総理大臣指名選挙が行われました。

 参議院は、1回目の投票で過半数を取った国会議員がなく 谷垣貞一 自民党総裁との決選投票になり、午後2時08分に最多票を獲得した野田佳彦 民主党代表が、第95代(62人目)の内閣総理大臣に選出されました。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 308票(64・7%)参議院 110票(45・6%)決選投票 110票(45・6% 1位)でした。

 ところが指名の後一気に組閣しませんでした。人事に日数をかけている間は 憲法 第71条の規定により、総辞職した菅内閣が そのまま職務執行内閣として残ります。

 東日本大震災に見舞われた今年、この様な空白期間を設けるのは いかがなものかと やはり気になりました。結局 9月 1日の総合防災訓練は、菅 前総理以下の職務執行内閣の閣僚が参加しています。

 組閣は 1日 午後あたりから情報が漏れ始め、まず岩手県選挙区選出の参議院議員でもある平野達男 東日本大震災復興対策担当大臣が再任。新設される原子力安全庁が環境省外局として置かれる事に伴い、環境大臣兼務で細野豪志 原発事故担当大臣も再任されます。

 2日 朝からは 組閣情報も一気に広まり、蓮舫(本名・村田蓮舫)総理大臣補佐官が 行政刷新・公務員制度改革担当大臣へ返り咲き(笑)。20年ほど前に開票速報のキャスターも勤めた、元NHKアナウンサー 小宮山洋子 衆議院議員が 厚生労働大臣に新任となりました。

 代表選で決選投票逆転の立役者となった、鹿野道彦 農林水産大臣も再任の情報が流れます。そして午前10時50分に、藤村修 内閣官房長官が閣僚名簿を発表しました。

 小沢一郎 元幹事長は、党員資格停止とは言え民主党党員です。されど この日本に ただ一人残っている自民党領袖でもあります。

 代表選挙は 3連敗ですし(笑)菅 前総理との内閣不信任決議を巡る政争も やはり負けたのですが、田中角栄 元総理大臣が開発した国政選挙集票システムの技能を、ただ一人承継している政治家であり、その事が権力の源泉なのです。

 加えて その権力に固執しないプッツン・雲隠れ(笑)も交えるのですから、常人の理解を超えた底知れぬものを感じます。小沢・反小沢と言うより、親小沢・嫌小沢で、政治体制が分けられる事に、この国の不幸の緒端があるのかも知れません。

 中選挙区時代も含めて自らの選挙区である岩手県が、東日本大震災で あれだけ被災したのにも係わらず、3月11日から約1週間ほど初動の政治行動が全く伝わらなかった事に、私は 小沢 氏に対する疑問を感じています。ホームページすら更新がありませんでした。この1週間は政治家として致命的な雲隠れだとも思えるのです。

 菅 前総理は、代表選挙の直後 秒読みとなった任期の中、福島県を訪れています。3月11日に総理大臣だった者の責任と、その訪問の理由を述べていますが、東日本大震災の対応に関しては、どうも小沢 元幹事長の政治行動より、あれだけバッシングを受けた菅 前総理の行動のほうが理解し易いものがあります。

 私は、ドジョウに例えた野田 新総理に好感を持っています(笑)。まだ国難は続いているのです。どうかパフォーマンスか雲隠れ(笑)の二者択一ではなく、地を這う様に泥臭くても堅実な国政を期待しています。


(追記) 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・藤村修 内閣官房長官、2位・鹿野道彦 農林水産大臣、3位・川端達夫 総務大臣、4位・山岡賢次 国家公安委員長、5位・前田武志 国土交通大臣 となっています。

第446回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  2. 第 2 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  4. 第 4 位 ( ★ )
    GARNET CROW“Misty Mystery”
    TSB YTV・アニメ「名探偵コナン」オープニング テーマ
    ♪打ち込みのデジタルロックだが不思議な叙情性を感じる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 Twitterは、現在試験的にツィートをブログ更新の通知のみに限定して使っています。ブログ関連以外は 原則として つぶやかないし(笑)こちらからの一方的なフォローは しない状況なのですが、2010年 1月の開始以来 なんとフォロワーが 170名を突破しました。

 最初に実験的に始めた mixiのほうは、最近 異変が生じています。異変と言うより迷走(笑)といった機能のレベルダウンが目立っているのです。

 まず 6月から リアルタイムでの「足あと機能」を突然 無くしてしまいました。マイミクさん関連は 週1回程度 足あとのレポートが出るのですが、他に立ち寄られたのは誰なのか? これでは全く解りません。

 どうも最近の mixiは、全世界的に伸びてきた Facebook(フェイスブック)を異常に意識するあまり、mixi特有の機能を軽視する傾向があります。

 私もFacebookのアカウントだけは取得していますが 開設していません。mixiは、招待制から登録制になりましたが、入会時には厳しいチェックがあります。友達という単位を大切にしています

 それ故のプロフィール機能や足あと機能だと思うのですが、Facebookにない足あと機能は 軽視され廃止となってしまいました。mixiは 自分を見失っている感じさえします。

 SNSは たくさんのシステムが開発されて日進月歩です。Facebookは、その名前からも解る通り、顔写真の一覧機能に由来しています。ところが今や全世界的なSNSとして普及してしまいました。そのFacebookを規準にして、mixi機能をレベルダウンさせるのは いかがなものでしょうか?

 せっかく ひとつのネット文化として発展してきた mixiを、自壊させる道だけは取らないでもらいたいものです。


(追記) 2012年11月 1日に、mixiを退会しました。

第447回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪今シーズン最終回でもリスト対象の劇伴音楽が使用されていた。

  2. 第 2 位 ( △ )
    GANET CROW“Misty Mystery”
    TSB YTV・アニメ「名探偵コナン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 11日は、東日本大震災から半年、そして米国中枢同時テロから 10年となる節目の日でした。

 NHK総合は、東日本大震災 発災の午後2時46分に、被災地からの黙祷を生中継しました。また米国CNNテレビは、大きく時間を割いて中枢同時テロのドキュメンタリーを放送しています。

 2001年 9月11日、そして2011年 3月11日は、日本国中のあらゆるテレビ・ラジオ放送が、前例なき報道体制となった1日でした。

 その2011年 3月11日は 金曜日でした。このブログの最新リストは、ギリギリの午後11時43分まで遅れましたが更新しています。

 2011 上半期順位の週でも、東日本大震災から直後の週間選曲リストの状況を振り返りましたが、半年経った段階で、東日本大震災当日の週間放送視聴日記の内容を検証してみました。

 大震災や それに伴う大津波は、ほぼ判明した状況に則して書いてあります。しかし、福島第1原発事故に関しては、午後11時43分の段階でも事故の詳細が伝わっておらず、緊急炉心冷却装置停止の可能性が生じたとだけ書かれています。

 実際は この時点で、最悪の炉心溶融(メルトダウン)が始まっていました。ただ菅 総理(当時)による原子力緊急事態宣言の発令は書かれており、重大な事態が起こりつつあるという事は明らかになっています。

 その福島第1原発事故は、作業員の懸命の努力で改善の方向へ向かっていますが、まだまだ収束に至っていません。

 半年経った今でも、東日本大震災は続いています。

 国民は 無行動で批判しかしない政治に辟易していたのか、野田新内閣は 発足直後のNHK世論調査で 60%という高支持率をマークしました。

 しかし、野田 新内閣の重要閣僚である鉢呂吉雄 経済産業大臣が、失言の責任を取って僅か 9日で辞任。「放射能がうつるぞ」発言は、たとえオフレコ記者懇談の席でも主管国務大臣として全く稚拙です。

 東海テレビの放送事故、そして松本龍 前復興担当大臣が巻き起こした被災地での恫喝騒ぎといい、まるで何かに取りつかれたかの様な全く信じられない内容です。

 先日のブログでも東海テレビの放送事故の原因は、児童心理の範疇だと書きましたが、国務大臣やマスコミ関係者レベルに子供達へするような精神ケアが必要だとしたら、ちょっとお話になりません。

 同じ11日に 大震災で延期されていた岩手県知事選・県議選の投開票があり、私はradikoの復興支援プロジェクトを通じて、IBC(岩手放送)ラジオの開票速報を聴きました。

 県知事選は、現職知事が午後8時ジャストに当確。県議選では、地域政党いわて が 4議席を獲得し 盛岡選挙区ではトップ当選しています。

 11月には さらに延期している宮城県議選、そして福島県議選が予定されており、これらの地方選挙が執行すると全国で選挙事務が一応正常化したシグナルとなり、現実的に衆議院解散は可能となります。

 野田 総理は、民主党代表選の政権演説の際に「人気はでないから解散はしない」(笑)と明言していましたが果してどうでしょうか?

 参議院も定数格差が違憲状態にあり、選挙制度の抜本的改革は急務です。国民に信を問う国政選挙は避けようとしても一日一日近づいてきています。

第448回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    GANET CROW“Misty Mystery”
    TSB YTV・アニメ「名探偵コナン」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・ドラマ10「ラストマネー ~ 愛の値段」劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪豊かな和音を連結する旋律の巧みな劇伴音楽。


 IPサイマル放送の“radiko”が、10月 3日 正午から 長野県エリアで実用化試験配信を開始すると発表になりました。

 長野県のほか、静岡県・石川県・鹿児島県エリアでも実用化試験配信を始めます。

 現在“radiko”は、首都圏・関西圏・中京圏のほか北海道・福岡県・広島県で、本配信や実用化試験配信が続いており、さらに復興支援プロジェクトとして、東日本大震災 被災3県のラジオ放送を全国へ届けています。

 長野県エリアの“radiko”では、FM長野とSBCラジオを配信。その後 全国短波放送であるラジオNIKKEI(ラジオ日経)が加わる事も想定されます。

 いよいよCMを含むFM長野の総ての放送を、インターネットで聴ける時代が到来しました。

 NHKラジオでは、1日から 独自のIPサイマル放送“らじる☆らじる”をスタートさせています。全国で NHKラジオ第1放送第2放送 そしてFM放送をPCで聴く事が出来ます。

 但しローカルニュースの放送枠は、首都圏ニュースが配信されており、時報や緊急地震速報は配信されません。タイムラグに拘るあまり緊急地震速報を放送しないというのは、ニュースの速報性を自ら阻却する様で少し硬直的な考え方だと思います。

 また“radiko”が配信エリア外の聴取に対し、ブロックをかける延長線上として 同じIPアドレスによる地域判定で、海外での聴取へもブロックをかけたのには問題があります。

 NHKの国際放送「ラジオ日本」では、毎時55分からのローカルニュース放送枠で海外安全情報を流す他、ほぼサイマルでラジオ第1放送を聴く事が出来ます。それ故に海外でのブロックが意味はあるのかは疑問です。

 もっと疑問なのは この“らじる☆らじる”というネーミングです(笑)。あまり普及を真剣に考えていない凝りすぎの感があります。取り合えず 2014年 3月まで試行期間とし見直し有りとの事ですが、妙なお役所的発想での条件付きは やめたほうがよいと思います。

 携帯端末でIPサイマル放送が聴く事が出来る様になりつつある現状からも、ラジオメディアのデジタル化は、このIPサイマル放送でまず足りると思います。莫大な設備投資もかからずリスナーサイドからみても、難聴取地区解消やデジタル化による音質改善などの恩恵が得られます。

 ラジオメディアもデジタル化という方向性を模索していますが、ラジオ業界にテレビジョンの様な完全デジタル化を決行する体力はありません。

 無理にデジタル化へ向かうのではなく、本局 送信所と中継所間のエア受け(放送波受信中継)を まずデジタル化するとか、全国のCATVで行われているラジオの再送信にデジタル波を独自提供するなど、出来るところから創意工夫でサービス改善を図るべきです。

 東日本大震災では、アナログラジオが情報ツールとして相当な威力を発揮しました。ラジオ業界が先細りになってしまったとしても、その先細りの先に残ったラジオ局こそ、真の意味で存在価値のあるラジオ局だと思います。

 聴取率への影響度など まだ問題はありますが、IPサイマル放送が これから普及する事を願っています。


(追記) radikoとラジオ聴取率の統計学的関連性について、週間放送視聴日記「第19回 国勢調査 結果速報」で考察しています。

第449回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    GANET CROW“Misty Mystery”
    TSB YTV・アニメ「名探偵コナン」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・ドラマ10「ラストマネー ~ 愛の値段」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    ジプシーキングス「インスピレーション」
    NBS フジ・金曜プレステージ「鬼平犯科帳スペシャル」エンディング テーマ
    ♪絶対欠かす事が出来ないエンド タイトルバックを彩る秀逸曲。洋楽だが唯一例外で曲目等を原語表記しない。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 42年間続いていSBC(TBS)ナショナル劇場「水戸黄門」が、この秋 打ち切りと発表になりました。

 「水戸黄門」に関しては、月曜夜の本放送より平日夕方の再放送の視聴率が高いという逆転現象から、制作能力の低下も指摘されており、引き潮の様な地上波からの時代劇制作撤退が相次いでいます。

 そんな中 30日に、NBS(フジ)金曜プレステージ枠で「鬼平犯科帳スペシャル ~ 盗賊婚礼」が放送されました。

 鬼平犯科帳スペシャルは、2010年 6月18日に放送された「高萩の捨五郎」の視聴率が 13・9% 。2011年 4月15日 放送された「一寸の虫」は 14・3%と高い視聴率をマークし続けています。

 原作者である故・池波正太郎 氏の強い指示により、オリジナル小説に基づかない制作をせず、既にレギュラー放送された139本で原作は ほぼ使い切り、現在リメイクでスペシャルが制作されています。

 平成時代 最高の時代劇との声もある「鬼平犯科帳」も歳月を重ね、主役の中村吉右衛門が、遂に歌舞伎俳優として人間国宝(重要無形文化財保持者)の地位まで昇りつめました。

 味のある老密偵の役である相模の彦十 役は、三代目 江戸家猫八 氏から長門裕之 氏へバトン タッチしましたが、両名とも お亡くなりになりました。またナレーターも 中西龍 元NHKアナウンサーから仁内建之 氏へ変わり、そして能村太郎 氏が現在担当しています。

 歴代NHKアナウンサーの中で、最も技量が優れたアナウンサーを 5人挙げるとすれば、和田信賢・宮田輝・高橋圭三・青木一雄そして中西龍です。

 中西龍 アナの独特の抑揚とリズムによる朗読能力は、アナウンサー随一で、特に長年担当されたNHKラジオ第1放送「ひるのいこい」や「にっぽんのメロディー」は絶品の味わいがありました。

 とりわけ勤務シフトから たまに担当されたラジオ第2放送「気象通報」は圧巻で、無機質とも言える気象データの読み上げに、まるで観測地点の風景が飛び出してくる様な世界観を、ラジオのスピーカーから醸し出していました。

 退職後フリーとなり鬼平犯科帳ナレーターを担当中に大病を患い、第6シリーズ辺りでは弱々しい声になってしまったのが大変残念でした。

 中西龍 元アナが お亡くなりになった後に担当されたのが、名声優の仁内建之 氏。とても落ち着きのあるナレーションでしたが、第7 ~ 8シリーズを担当されただけで、やはりお亡くなりになってしまったのです。

 フジテレビの鬼平犯科帳シリーズは 23年続いています。この間 一貫してプロデュースしてきたのが 能村庸一 氏です。

 フジテレビの時代劇プロデューサーとして、同局の時代劇を数多く企画・制作してきました。鬼平犯科帳シリーズでもジプシーキングス「インスピレーション」が流れるスタッフ クレジットの冒頭に、プロデューサーや企画者として紹介され続けています。

 実は 能村庸一 氏は、フジテレビへアナウンサーとして入局しています。同期のアナは 露木茂 さんです。能村庸一 氏のアナウンス技術は優れたものがありました。そして仁内建之 氏の後を継いだ三代目ナレーターを勤めているのが、その能村庸一 氏です。

 プロデューサー自らナレーションを勤めるドラマは、テレビ史上初めての事だと思います。鬼平犯科帳でナレーションを勤める能村太郎 氏とは、プロデューサーである能村庸一 氏 ご本人なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2011年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。