FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第446回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  2. 第 2 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  4. 第 4 位 ( ★ )
    GARNET CROW“Misty Mystery”
    TSB YTV・アニメ「名探偵コナン」オープニング テーマ
    ♪打ち込みのデジタルロックだが不思議な叙情性を感じる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 Twitterは、現在試験的にツィートをブログ更新の通知のみに限定して使っています。ブログ関連以外は 原則として つぶやかないし(笑)こちらからの一方的なフォローは しない状況なのですが、2010年 1月の開始以来 なんとフォロワーが 170名を突破しました。

 但し、フォロワーが総てブログのご愛読者と一致する訳ではないようです(笑)。このブログは、毎週金曜日夜更新と定まっていますので、更新通知の必要性はあまりなく、東日本大震災の時の様に、更新時間を遅らせる場合の「臨時のお知らせ」機能こそ、ブログ自体に必要なのかも知れません。

 取り合えずtwitterについてはワークしていますが、最初に実験的に始めた mixiのほうは、最近 異変が生じています。異変と言うより迷走(笑)といった機能のレベルダウンが目立っているのです。

 まず 6月から リアルタイムでの「足あと機能」を突然 無くしてしまいました。マイミクさん関連は 週1回程度 足あとのレポートが出るのですが、他に立ち寄られたのは誰なのか? これでは全く解りません。

 どうも最近の mixiは、全世界的に伸びてきたFacebook(フェイスブック)を異常に意識するあまり、mixi特有の機能を軽視する傾向があります。

 私もFacebookのアカウントだけは取得していますが開設していません。mixiは、招待制から登録制になりましたが、入会時には厳しいチェックがあります。友達という単位を大切にしているのが、mixiなのです。

 それ故のプロフィール機能や足あと機能だと思うのですが、Facebookにない足あと機能は、軽視され廃止となってしまいました。mixiは、自分を見失っている感じさえします。

 SNSは、たくさんのシステムが開発されて日進月歩です。Facebookは、その名前からも解る通り、顔写真の一覧機能に由来しています。ところが今やFacebookは、全世界的なSNSとして普及してしまいました。そのFacebookを規準にして、mixi独創の機能をレベルダウンさせるのは いかがなものでしょうか?

 どうもSNSについて最初に理解できた本質は、利用者のニーズよりも、運営者の先走った利潤主義が優先されて、継続力なくシステムを改悪してしまう事がある点です。せっかく ひとつのネット文化として発展してきた mixiを、自壊させる道だけは取らないでもらいたいものです。


(追記) 2012年11月 1日に、mixiを退会しました。

(追記) 2016年 3月に「臨時のお知らせ」をブログの総てのページに全文掲載する機能を新設しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2011年09月09日 の週間選曲リスト と『 2011 SNSの現状 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。