FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第447回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪今シーズン最終回でもリスト対象の劇伴音楽が使用されていた。

  2. 第 2 位 ( △ )
    GANET CROW“Misty Mystery”
    TSB YTV・アニメ「名探偵コナン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 11日は、東日本大震災から半年となる節目の日でした。NHK総合は、東日本大震災 発災の午後2時46分に、被災地からの黙祷を生中継しました。年単位でなく、発災から 半年 つまり 6か月経過した日に追悼行事を生中継する例は 殆どありません。今思えば 2011年 3月11日は、日本国中のあらゆるテレビ・ラジオ放送が、前例なき報道体制となった1日でした。

 その 2011年 3月11日は 金曜日でした。このブログの週間選曲リスト と 週間放送視聴日記は、ギリギリの午後 11時43分まで遅れましたが更新しています。2011 上半期順位の週でも、東日本大震災から直後の週間選曲リストの状況を振り返りましたが、半年経った段階で、東日本大震災当日の週間放送視聴日記の内容を検証してみました。

 大震災や それに伴う大津波は、ほぼ判明した状況に則して書いてあります。しかし、福島第1原発事故に関しては、午後 11時43分の段階でも事故の詳細が伝わっておらず、緊急炉心冷却装置停止の可能性が生じたとだけ書かれています。実際は この時点で、最悪の炉心溶融(メルトダウン)が始まっていました。但し 原子力緊急事態宣言の発令は きちんと書かれています。

 その福島第1原発事故は、作業員の懸命の努力で改善の方向へ向かっていますが、まだまだ収束に至っていません。半年経った今でも、国難と断じられる 東日本大震災は まだ続いています。国民は 無行動で批判しかしない政治に辟易していたのか、野田新内閣は 発足直後のNHK世論調査で 60%という高支持率をマークしています。

 しかし、野田 新内閣の重要閣僚である鉢呂吉雄 経済産業大臣が、失言の責任を取って僅か 9日で辞任。「放射能がうつるぞ」発言は、たとえオフレコ記者懇談の席でも主管国務大臣として全く稚拙です。東海テレビの放送事故、そして松本龍 前復興担当大臣が巻き起こした被災地での恫喝騒ぎといい、まるで何かに取りつかれたかの様な全く信じられないケースです。

 ブログでも東海テレビの放送事故の原因は、児童心理の範疇だと書きましたが、国務大臣やマスコミ関係者レベルに、子供達へするような精神ケアが必要だとしたら、お話になりません。そんな思いの中、大震災で延期されていた岩手県知事選・県議選の投開票があり、私はradikoの復興支援プロジェクトを通じて、IBC(岩手放送)ラジオの開票速報を聴きました。

 県知事選は、現職知事が午後 8時ジャストに当確。県議選では、地域政党いわて が 4議席を獲得し、盛岡選挙区では トップ当選しています。11月には さらに延期している宮城県議選、そして福島県議選が予定されており、これらの地方選挙が執行すると、全国で選挙事務が一応正常化したシグナルとなり、現実的に衆議院解散は可能となります。

 東日本大震災被災地の復興が、何よりも急務の中で、野田 総理は、民主党代表選の政権演説の際に「人気はでないから解散はしない」(笑)と明言していましたが、果してどうでしょうか? 参議院も定数格差が違憲状態にあり、選挙制度の抜本的改革も急務なのです。国民に信を問う国政選挙は避けようとしても、一日一日近づいてきています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。