FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第659回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドラマ10「デザイナーベイビー ~ 速水刑事、産休前の難事件」劇中効果音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・木曜時代劇「ぼんくら2」エンディング テーマ曲 [沢田完]
    ♪タイトルバック映像と深くマッチした、ストリングスの和声が実に美しい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上野優華「星たちのモーメント」
    BSジャパン・ドラマ「ワカコ酒」エンディング テーマ


 先日 民放BSの平日帯で放送している、BSフジLIVE プライムニュースを 視ていて気付いた事がありました。番組冒頭に紹介される提供スポンサーが大変多いのです。日中韓首脳会談の帰国直後に安倍 首相が生出演した 8日の放送では、数えてみましたら なんと 15社も提供してました。反町理 キャスターは、全権を掌握(笑)する編集長まで兼任しています。

 BSフジLIVE プライムニュースは、CNNかつての人気番組“Larry King Live”を模しており、番組中に 何回かストレートニュースは入りますが、毎日テーマを決めゲストを招くディベート番組です。民放BS独自の報道番組としては、初とも言える成功例となり、大きく刺激を受けた他の民放BS局でも、帯の報道番組を相次いでスタートさせています。

 また民放BSの後発局である Dlifeは、数年前に放送された米国テレビドラマを、二カ国語吹き替え と 字幕での放送に分けて番組を編成しています。そのDlifeのドラマ放送にも、提供スポンサーが多くの時間帯で しっかりと付いているのです。あくまで外国テレビドラマ中心の編成ですが、全国で 1地域でも気象警報が発令されると、すぐ画面にスーパーで速報します。

 開局 15年を迎えた民放BS放送は、伸び悩む地上波のテレビ・ラジオとは正反対に活況を呈しています。番組提供やCMなどによる広告収益は、2010年度からの比較で約 2倍以上伸びました。民放BS放送が、特番に左右されない全国統一の番組編成であることから、地上波に満足できない消費性向の高い 40 ~ 50代から多くの安定した視聴者を獲得しています。

 それと重要なのは、地上波の様な視聴率調査の呪縛から、ある程度 解放されている点です。ビデオリサーチ社は、今年から機械式によるBS視聴率調査(BSパワー調査)を実施していますが、現在のところ地上波の様に翌日に結果が判明する速報性はなく、月 2週間のみを全国調査しています。スポンサーや制作サイドは、番組の出来や視聴者からの反響を重視しているのです。

 視聴率調査とは、広義的に世論調査の一種であり、統計学的な誤差があります。視聴率調査の標本誤差は、± 3%程度に設計されています。ラジオ聴取率調査に至っては、殆どの調査番組の聴取率が、0%もあり得る(笑)誤差の範囲に含まれてしまうのです。視聴率や聴取率競争とは、選挙の世論調査の様に実際の投開票で最終的な決着がつかない、実に不毛な争いなのです。

 今のところ不毛な視聴率競争が起き得ない民放BS局は、ステーション毎に視聴者のニーズを、数字でなく肌で感じ反映させています。民放BS局は、この 15年間に編成の工夫を凝らして人気番組を開発し活況を呈しています。その活況の理由とは、地上波が陥った視聴率の呪縛から解放され、視聴者の嗜好のみを純粋に追っている、質の高い番組編成にあったのです。

第660回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドラマ10「デザイナーベイビー ~ 速水刑事、産休前の難事件」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪最終回は卓越した劇伴音楽効果。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・木曜時代劇「ぼんくら2」エンディング テーマ曲 [沢田完]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上野優華「星たちのモーメント」
    BSジャパン・ドラマ「ワカコ酒」エンディング テーマ


 マンションのベランダにあるFM屋外アンテナが、満 1年になりました。この 1年間に問題点が生じた事はなく、垂直偏波用に設置されたFM長野・NHK-FM松本中継局 受信専用の屋外アンテナによって、雑音なき最高の音質で両FM放送を、チボリ オーディオ モデルワンを通じて 1年間楽しむ事が出来ました。

 しかし、問題点が生じなかった最大の理由は、この 1年大きな台風の直撃が無かったからかも知れません。アンテナの向きは、松本中継局のある方向に、数度単位で絶妙に調整してあります。簡単に向きが変わってしまうと困ります(笑)。また 松本は、冬季に風の強い街です。そこで屋外FMアンテナ設置 1周年を期に、アンテナの防風対策をしてみました。

 余ったアンテナ インシュレーターを、強度の高いステンレス棒として利用しました。まず突風によるアンテナの支柱の回転を防ぐ目的で、支柱とベランダの壁の間に、このステンレス棒を 数か所 取り付けました。突風でアンテナと共に支柱が回ろうとしても、この複数のステンレス棒によって風圧を分散し、ロックしている状態を保っています。

 さらにアンテナ本体とベランダの壁の間にも、私がアマチュア板金作業(笑)で長めにした、ステンレス棒を取り付けました。先端には戸当りクッション(笑)を、ウレタン樹脂系接着剤で完全固定してあります。これでアンテナの向きは、全く動じなくなりました。最大風速 19・8メートルの強風が吹いた先月 1日も FM屋外アンテナは、微動だにしませんでした。

 そして このステンレス棒での強風対策には、もうひとつの工夫があります。万が一とんでもないスーパー台風が襲来する様な事があった時は、このステンレス棒は外れ、マンションのベランダ壁を利用して、暴風の方向にアンテナがパタンと閉じる工夫となっています。垂直偏波専用として、アンテナの面を立ててある故の工夫です。

 支柱やアンテナ本体 さらにステンレス棒も 風圧荷重や耐荷重は、最大風速40m/sクラスの猛烈な台風に、機能が耐えられる設計になっていますが、60m/sクラスの歴史的なスーパー台風が襲来した場合は、無理をしないで(笑)暴風に逆らわず、FMアンテナ本体を極力維持する様にしました。もちろん この仕組みは、耐震対策も兼ねています。

 これで この冬に暴風雪があっても、屋外FMアンテナは、充分な余力を持って機能し続けると思います。屋外FMアンテナは、地上波テレビのUHFアンテナと比較しても大型なので、やはり しっかりした強風対策は、必要だと考え実行しました。備えあれば憂いなし。この作業をした日は、風もなく実に穏やかな秋の好天でした。

第661回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・木曜時代劇「ぼんくら2」エンディング テーマ曲 [沢田完]

  2. 第 2 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドラマ10「デザイナーベイビー ~ 速水刑事、産休前の難事件」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪1位 4週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上野優華「星たちのモーメント」
    BSジャパン・ドラマ「ワカコ酒」エンディング テーマ


 14日に、社会保障と税の共通番号「マイナンバー」通知カードの簡易書留を受け取りました。

 その日は昼間から雨模様の土曜日でしたが、日本郵便の配達の方は、その雨が強くなった夕方に通知カードを届けてくれました。「マイナンバー」通知カードの配達数は全国で約5600万通にも及びます。配達 本当にご苦労様です。

 ブログにも書きましたが、私は全国に何人いるか解らない(笑)マイナンバーの番号配列を ずっと気にしていた一人です。住民票コード番号に自分の生年月日と類似した配列があり、念のため変更してもらった事がありました。今回のマイナンバーは原則変更が出来ないらしく、その番号配列が気になっていたのです。

 簡易書留の封筒を開け、まず自分のマイナンバー(個人番号)を見てみました。心配した生年月日の数字配列は含まれておらず、かつ好きな数字も散りばめられていて(笑)特に問題はない数字配列でした。

 私の好きな数字は、皆さんもお好きな「7」「8」の他に、このブログのキーナンバーである「5」。さらに皆さんのお嫌いな(笑)「13」も好きです。「13」は決して縁起の悪い数字ではありません。個人的には節目に現れるパワーを感じる数字だと思っています。嫌わないで大事にしてあげてください(笑)。

 妙な事を ずっと心配していましたが、ホッとした後 自分のマイナンバーの番号配列を、これも全国に何人いるか解らない すっかり気に入ってしまった一人になりました(笑)。

 簡易書留の封筒の中には、マイナンバー個人番号カードの交付申請書用紙も入っており、証明写真を貼って送ると、私の場合は松本市役所で個人番号カードを手渡ししてくれる段取りの様です。

 その交付申請書を送る封筒を見て、あれ? と思いました。地方公共団体情報システム機構の個人番号カード交付申請書受付センターは、宛先が川崎東郵便局の私書箱になっています。

 調べてみると全国統一の受付センターです。国は初年度1000万の申込を想定しており、それを全国1ヵ所だけの受付で、きちんとしたカード発行の事務が こなせるのでしょうか? またまた妙な点が心配になってきました(笑)。

 報道によると国家公務員が首から下げるIDカードも、総てマイナンバー個人番号カードになるのだそうです。私も20日に証明写真を撮ってきました。週明けには個人番号カードの交付申請をするつもりです。

 所得は きちんと申告しますから(笑)マイナンバーで行政手続が簡素化され、生涯に渡って年金や医療が きちんと受け取れる事を願っています。未来へと変わらない番号配列が記載されたマイナンバー通知カードの簡易書留を、無事受け取る事が出来ました。


(追記) 週間放送視聴日記(2016年 3月11日)に、マイナンバー個人番号カードを受け取るを掲載しました。

第662回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「ぼんくら 2」エンディング テーマ曲 [沢田完]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月 と 月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    上野優華「星たちのモーメント」
    BSジャパン・ドラマ「ワカコ酒」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「CSI:科学捜査班」劇中効果音楽 [Jackson Alexander]
    ♪和声が豊かな劇伴トラックがある。音楽制作者として劇伴のスーパーバイザーを指定。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]
    ♪1位 7週、登場47週。


 大晦日 放送される「第66回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。大原櫻子・Superfly・乃木坂46・μ’s・レベッカ・BUMP OF CHICKEN・ゲスの極み乙女・星野源・山内惠介・三山ひろし の初出場が発表になっています。最多出場は 森進一の48回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・綾瀬はるか(2回目) 白組・井ノ原快彦(初) 総合司会・黒柳徹子(初)有働由美子 アナ(4回目)。出場歌手は 51組、初出場が 5組増の 10組。ラジオ実況アナは 27日現在 発表されていません。なお連続・常連出場からの「落選組」は、ももいろクローバーZ、きゃりーぱみゅぱみゅ、ポルノグラフィティー、水樹奈々など となっています。

 「AAA トリプルエー」は、紅組 → 白組 → 紅組と また転籍しました(笑)。そして小林幸子が特別企画枠で出演します。4年前の第63回 紅白での落選の際に、世論調査の順位低下や不祥事などではなく、所属個人事務所の内部事情が落選の原因だった小林幸子に、若干 憐憫の情(笑)をブログで書いた事がありました。特別企画枠ですが、今回の紅白で復活となりました。

 3月21日に NHK総合では、放送90年ドラマ「紅白が生まれた日」をオンエアーしました。総ての放送内容に進駐軍の厳しい検閲が入っていた終戦の年である 1945年(昭和20年)12月31日午後 10時20分から午前 0時までラジオで生放送された、紅白歌合戦の前身「紅白音楽試合」の制作過程を克明に描いています。

 六角精児 が演じる白組司会・古川ロッパと、大空祐飛 が演じる紅組司会・水の江滝子。そして小松和重 が演じる総合司会の田辺正晴 アナウンサーが、一部の隙を許さぬGHQの徹底した検閲の中で、出来得る限りの演出を凝らし、紅白音楽試合を生放送していきます。まさしく紅白歌合戦の原点を視る様で、視聴後 実に後味の良い印象を受けました。

 紅白音楽試合の放送終了後、感動した聴取者が 東京中央放送局(JOAK)に大勢詰め掛けてくるシーンには、これから始まる紅白人気の原動力が現れていました。今年の紅白で初登場が決まった 星野源は、その「紅白が生まれた日」で、GHQの検閲官・ジョージ馬渕を演じています。まるで終戦直後からタイムスリップしてきたかの様な素晴らしい演技でした。

 「紅白が生まれた日」で描かれた紅白音楽試合は、最終的に紅白の勝敗を決めていません。粋なエンディングでした。それから 70年を経て現代の紅白歌合戦では、白組の優勝が頻発している、空気の読めない大味な結果が続いています(笑)。その結果をもたらしている原因である視聴者審査員を、今年も続けるのか発表がありません。

 今年の紅白は、司会者 と 出場歌手の発表が同時と、例年より遅れ目で準備が進んでいる様です。視聴者審査員制度がどうなるのか? 注目しています。そして毎年断言していますが(笑)大晦日 午後 11時45分ジャストに起こる 紅白 から ゆく年くる年 への急激な「ギャップ」が大好きな私にとって、NHK紅白歌合戦は、やはり大晦日に なくてはならない番組なのです。


(追記) 今年のラジオ実況アナは、高山哲哉 アナ と 中川緑 アナに決まりました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2015年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。