FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第598回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    竹内まりや「深秋」
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( △ )
    JUJU「ラストシーン」
    NHK総合・ドラマ10「聖女」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「ペテロの葬列」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪1位 4週、登場14週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]


 5年ほど前のブログで、我が家のメインラジオとしてオリンパスのラジオサーバを紹介しました。ラジオサーバは変わりなくラジオの録音機(MP3ファイル作成)として使用していますが、その後 メインラジオは交代しています。

 現在使用しているメインのラジオは、チボリ オーディオの「モデルワン」(Tivoli Audio Model One)。2000年に米国で発表されたモノラルのテーブルラジオです。初見した時デザインの斬新さと美しさに驚きました。

 本体は中央にスイッチがふたつだけ。そして左右には選局ダイヤルとスピーカーがシンメトリーに配置された外観。しかもキャビネットはハンドメイドによる木製の家具調仕上げ。共同通信社の音声ニュース速報を、加盟マスコミ各社が受信する際のスピーカー装置の様なシンプルさです。

 ところが このシンプルなテーブルラジオは、信じられないほどの高音質なのです。

 左に位置するスピーカーは、3インチ フルレンジのバスレフ型で強力なマグネットを使っています。高級ハイファイしか取り上げない米国オーディオ専門誌が「小型ラジオの中で最新にして最高の発明」と絶賛したほど精緻に音を再現します。

 この「モデルワン」はスピーカーから音が出るというよりラジオ全体から音が出ます。バスレフ型のスピーカー・ユニットから後方へ向かう音の位相を逆転させ、キャビネット底部のポート(穴)で放出させているからです。

 底には小さな足が付いており、キャビネット底部のほんの僅かの隙間から低音域の音を、ラジオの置場所に ぶつけてしまうのです。

 しかも木製キャビネットなので振動や音を適度に吸収します。この発想は従来のラジオに無く「モデルワン」で聴く低音域の音楽のベース音は、ラジオ全体が共鳴し実に素晴らしいものがあります。

 ですから「モデルワン」をさらに素晴らしい音質で聴くには、共鳴が途切れさせないため、木製家具など低音が素直に表現される台に置く必要があります。

 但し我が家には 2台「モデルワン」があり、1台はオーディオテクニカ製の木製オーディオ スタンドに置いていますが、もう1台のキッチン用は固くて高所である冷蔵庫の上に置いてあり(笑)その程度でも遜色なき素晴らしい音質が味わえます。

 そして この「モデルワン」の最大の特色は、モノラルラジオという点です。

 ステレオHi-Fiは確かに楽器などの空間的な配置を聴覚で認識でき、モノラルにすると その配置がミックスされてしまうと考えがちです。ところが この「モデルワン」は全く違うのです。ステレオHi-Fiにおける左右の音の分離が「モデルワン」では前後で起きるのです。

 人間の声を忠実に再現するため中音域に厚みを持たせているため、ヴォーカルが素直に定位して聞こえますし、クラシックやジャズなどを聴いた時などは、ひとつひとつの楽器の音が ちゃんと分離されるのです。

 初めての方へ ご案内にも書いていますが、私はひとつひとつの楽器の音が聴き取れます。しかし、低音と高音を上げたドンシャリなステレオHi-Fiの場合、私の聴覚では無意識に楽器の音を探り当てている感じが否めないのです。

 ところが この「モデルワン」の場合、聴取位置での音像の乱れがなく、音楽の進行に合わせて変化しながら楽器音が前後に並ぶのです。まるで演者がそこにいる様な臨場感があります。さらに楽器音を探り当てる必要がないので大変楽にリスニングができます。

 また この「モデルワン」のスピーカーは音の解像度が尋常ではなく「モデルワン」の外部入力でデジタルテレビの音声を聴いていると、サスペンスドラマなどでの爆弾の爆発音などは余りにも忠実に再現してしまうので、居室で爆発が起きたのかと びっくりしてしまうほどです(笑)。

 ラジオとしての受信機能も最高水準です。スピーカーと同じ大きさの選局ダイヤルは 5:1 にギアダウンしており、中央のライトグリーンに光っているパワーインジケーターの下で、選局状態が最良の時にはオレンジのインジケーターも光り、アナログながらも簡単で正確なチューニングをする事が可能です。

 私の様にFM長野とNHK-FMを往復する選局を繰り返しているラジオリスナーにとって、こんなに快適で楽しいチューニングが出来るラジオは他にありません。

 この「モデルワン」は特にFMラジオ放送の受信に精力を注いでおり、携帯電話の基地局で使われている特殊なトランジスタ“GaAs MESFET”をラジオに初めて搭載し受信感度を大幅に向上させました。

 さらに音声信号の不要なノイズをカットする多層セラミックIFフィルターを、FM専用の独立した受信信号処理回路として備えています。このフィルター採用は、既に生産中止になった高級FMチューナーの設計と同じ考え方で、FMラジオ放送のクリアな音質を保証しています。

 この様な「モデルワン」の優れたラジオ機能のため、FM長野の“JET STREAM”を聴くと、素晴らしいイージーリスニングの世界が楽しめますし、FM長野ニュースを聴いていると、まるで近くでニュース原稿を読んでいるかの様な音声の再現性を感じ取る事が出来ます。

 「モデルワン」設計者のヘンリー・クロスは、1950年台の学生時代にボストン交響楽団のFMラジオ生中継をしたいという夢を抱いて、仲間とラジオスピーカーの開発を始めました。

 そしてオーディオ業界のパイオニアとして、世界のHi-Fiの歴史に名を残す数多くのステレオ装置の開発をしHi-Fiを極めた末、最晩年近くに発表したのが なんとモノラルのテーブルラジオだったのです。

 この「モデルワン」でNHK-FMクラシック音楽放送の最高峰であるNHK交響楽団の定期公演生中継を聴くと、FMラジオ放送を最高の音質で聴きたいという、ヘンリー・クロスの生涯を賭けた想いが理解出来る気がします。

 ヘンリー・クロスは、最高の音質を心豊かに聴ける究極のラジオを1台具現し生涯を閉じました。そのコンセプトは放送局から送信されるFMステレオ放送を、最高の技術でモノラル音声にしてからスピーカーで届けるという発想の大転換から生まれています。

 このラジオの唯一とも言える欠点は 他のラジオに比べて大変高価である事です。しかし、お値段は張りますが 私は お薦め出来ると思っています。このブログでは広告等を一切表示しないポリシーですので、詳しくは ご自身でお調べください(笑)。

 最高のテーブルラジオである「チボリ オーディオ モデルワン」(Tivoli Audio Model One)は、我が家の揺るぎなきメインラジオなのです。


(追記) 週間放送視聴日記(2014年12月 5日)に、FM屋外アンテナを設置を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年08月29日 の週間選曲リストと『 チボリ オーディオ モデルワン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。