FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第483回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( △ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ
    ♪放送では旧テーマ曲がまだ混在している。

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌


 このブログのカウンター(ページビュー)が、5月26日に 20万 を突破しました。ご愛読 頂き ありがとう ございます。

 ブログ開始の2003年 1月からスタートしたカウンターが、最初の 1万をマークするのには 、1年4ヵ月かかりました。そして 10万 は、6年10ヵ月の段階で通過しています。そして次の 10万 から 20万 は、一気に2年7ヵ月で突破しました。

 このブログでは、開始以来全ページにカウンターを設置しており、リアルタイムで全体のページビュー総数を表示しています。設置してあるカウンターは、検索エンジンからのロボットの来訪程度で回ることはなく、ページビューを厳しく測定しています。

 インターネット草創期のホームページでは、キリ番をお祝い事として扱う素朴な時代がありました(笑)。このブログは、現在 1万毎の突破の際に、週間放送視聴日記で日付を記録しています。

 ブログのカウンターが初めて激しく動いたのは、開始初年度で Yahoo!モバイルにカテゴリ登録された時です。

 芸能人でもない限り個人サイトが登録されるのが不可能とされているほど競争率が高く、カテゴリ登録は難関だった頃でした。登録された時は、東大合格と司法試験合格を両方達成できたほどの嬉しさがありました(笑)。

 無料携帯サイトのブログ機能(後のMSNスペース)から正式なブログサービスに入った2006年には、Yahoo!JAPAN(PC)カテゴリと、世界最大のウェブディレクトリ“Open Directory Project”(dmoz)日本語階層へも登録されました。

 さらに厳しかった2つの有名ディレクトリの登録審査に一発通過し、この時も大変嬉しかったです。その頃から毎日コンスタントにカウンターが回る様になり現在に至っています。

 このブログには、アクセス解析として グーグルさんのアナリティックスを使用し、各ページのアクセス数もカウントしています。どのページをお読みになったのか? これはアーカイブが多いブログのブロガーとして大変把握したい情報です。どうか この点に関してアクセス解析の利用を ご理解頂きたく思います。

 8分音符は、カウンターと同じく週間選曲リストの選曲理由マークとして、ブログ開始以来使用してきました。このブログのファビコンは、グリーンのバックにこの「8分音符」を白抜きで表現しています。

 このブログのアイコンは、同じく8分音符を使っており、モバイル ブログには、公式バナーの代わりに、8分音符のアイコンを全ページに付けてあります。またスマートフォン用の apple touch icon も、白地に黒の8分音符を描いたデザインです。

 このブログの「8分音符」アイコンと ファビコンを、カウンター同様に ご愛顧頂ければ幸いです。

第484回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ
    ♪まだ数回しかオンエアーされていないが際立つ和声の美しさ。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌


 4日には野田内閣の第2次改造がありました。1月に第1次改造があり政権発足からまだ9ヶ月の段階で2回目の内閣改造です。5閣僚が交代し14閣僚が留任となりました。

 午後1時26分 野田佳彦 内閣総理大臣 自ら閣僚名簿を発表しました。NHK総合・ラジオ第1が生中継しています。但し名簿の発表は新任された閣僚5名のみでした。

 今回の改造は、政権与党である国民新党から郵政改革・金融担当大臣が交代した以外は、4月に参議院で問責決議が可決されてしまった田中直紀 防衛大臣 と、前田武志 国土交通大臣を始め、直前までに問題が表面化した閣僚を更迭する目的の改造だった様です。

 ここ信州からは、羽田孜 元総理大臣の長男 羽田雄一郎 民主党参議院国会対策委員長が、国土交通大臣に就任しました。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・岡田克也 副総理大臣、2位・藤村修 内閣官房長官、3位・川端達夫 総務大臣、4位・玄葉光一郎 外務大臣、5位・枝野幸男 経済産業大臣 となっています。

 今回の組閣で驚いたのは防衛大臣に、森本敏 拓殖大学院教授を民間から起用した点です。森本 新防衛大臣は、テレビの政治討論番組において有名な防衛・外交通の論客で、経歴が極めてユニークです。

 森本 新防衛大臣は、防衛大学校 第9期卒業で幹部候補として航空自衛隊に入隊しています。3等空佐の時に外務省アメリカ局 安全保障課へ出向した後、航空自衛隊を除隊し そのまま外務省に入省してキャリアを重ねました。防衛・外交の複合した課題には まさに最適任者です。

 しかし問題がひとつあります。それは日本国憲法 第66条「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」という条規です。

 「文民」とは職業軍人でない者ですが実に解釈が曖昧です。日本国憲法が公布された時点では既に旧陸海軍は解体され、職業軍人が存在していませんでした。しかし、この条規はGHQの強い意向で加えられています。

 この経緯は、以前ブログでも紹介したNHK土曜ドラマ「憲法はまだか」に取り上げています。

 芦田修正と言われる憲法 9条2項の草案に、吉田茂内閣当時の内閣法制局が加えた一文「前項の目的を達するため」の巧妙な仕掛けに気づいたGHQが、慌てて憲法草案へ追加させたのが「シビリアン・コントロール」条項でした。

 英語による指示にあった語彙“civilian”を、内閣法制局がまた骨抜きとするため「文民」という翻訳造語を使ってしまった訳です。

 文民の解釈は諸説あり、最も拡大すると自衛官経験者も文民に当たらないとされています。但し自衛官は職業軍人ではないという政府見解もあります。ですから第1次小泉内閣における中谷 元防衛庁長官(防衛大学校24期卒業)以来、2人目の自衛官出身の国務大臣誕生となりました。

 私個人としては、元々憲法 9条2項と66条は立憲経緯からも背反するものであり、あまり防衛問題に精通されていなかった(笑)田中 前防衛大臣より森本 新大臣は、当然適任だと考えています。しかし適任とは言え思いきった閣僚人事でした。

 消費税増税に野田 首相は政治生命を賭けると公言して はばかりません。いよいよ来年夏には衆議院議員全員と参議院議員半数の任期満了が ほぼ同時にやってきます。衆参ダブル選挙の可能性が少しずつ高まってきました。

 短期に2度の改造を行った野田内閣が、社会保障と税の一体改革という難題の道筋をつける事はできるのか? 国民から怪訝そうな視線(笑)も含めて注目が集まっています。

第485回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪1位 4週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    柴咲コウ“ANOTHER:WORLD”
    NBS フジ・土ドラ「未来日記 ~ ANOTHER:WORLD」主題歌
    ♪少し単調なドライブ感だが、イントロからヴォーカルへのインサートは特筆。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]


 先月このブログを HTML5へ移行しました。PCでは 順調に稼動しています。ただ機能を精査してみたところモバイル ブログに関しては、携帯電話の旧機種について表示が不安定な部分があり一部修正しました。

 引き続き5プラウザ 3キャリア対応のブログである事を再確認していますが、スマートフォンなどの最新機種に関してリンクは、特にタッチした際の指の太さ(笑)を勘案してタッチしやすくしなければなりません。さらにテキストを読みやすくするためにレイアウトの修正も必要です。

 そこでモバイル ブログを「スマートフォン仕様」にするべく準備を開始。個人ブログとしては相当踏み込んだ機能の改善を続けています。その機能改善の一環として「万国著作権条約」に基づく正式な表示を、今週から全ページで行いました。

 このブログは「初めての方へ ご案内」に記載している通り、当初から著作権法(昭和45年法律 第48号)に基づく原著作物である事を宣言しています。しかし、万国著作権条約に基づく表示までは出していませんでした。

 万国著作権条約に基づく表示は、マルシーマーク“©”と、最初に著作物を発行した年、そして著作権者名、この3点が必要な記載事項です。

 著作権者名は、氏名表示権(氏名、芸名その他氏名に変わるものを表示、または表示しない事とする権利)もありますのでラジオネームを使いました。そして末尾に“All Rights Reserved.”の英文を加えています。

 万国著作権条約では、最終更新年と最後の英文を加える必要がありません。ですが最終更新年を加えるとブログの継続期間を端的に表現できますし、最終更新年は ちゃんとWORDPRESSの機能で自動的に挿入されます。また最後の英文は、慣習上広く著作権表示の際普及していますので、このブログにも加えました。

 この万国著作権条約に基づく表示を、全ページの末尾やFEEDやHTML5・CSS3など全ソースでも行っています。

 実はこの様な表示をしなくても「文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約」にも加盟している日本では、ブログの著作物は保護されます。しかし、万国著作権条約に基づく表示は、著作権所有の啓示に大きな役割を果たします。

 最近このブログの週間放送視聴日記の内容を、断りなく丸写しして引用するサイトを見つけました。内容から善意に基づくものだと理解しましたが、やはりリンクで引用するのが筋道です。これらの事もあり全ページに万国著作権条約に基づく表示を行った次第です。

第486回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    柴咲コウ“ANOTHER:WORLD”
    NBS フジ・土ドラ「未来日記 ~ ANOTHER:WORLD」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    MISIA「恋は終わらないずっと」
    NHK総合・ドラマ10「はつ恋」主題歌
    ♪和音構成に特徴がない気はするが、自然な力感を受ける佳曲。


 いつの間にか社会保障と税の一体改革について、民主党と自民党・公明党の合意が出来ていました。これに基づく法案が成立すると、現在 5%の消費税が 2014年 4月に 8%、2015年10月からは 10%になるそうです。増税は決まりましたが、最低保障年金などの年金改革に関しては、全く合意が得られないまま見切り発車の状態です。

 今 国民年金の保険料を 40年納付した場合、年 78万8900円が満額支給されます。国民年金の利点は物価スライド方式、すなわち どんなインフレーションでも、ひと月 6万5741円の金員価値が保障されます。

 しかし、衣・食・住の内どうにか満たされる可能性があるのは、はっきり言って「食」だけです。住居費までは どう考えても保障されません。この「住」の保障なき年金議論に不毛さを感じます。

 ギリシャは今 未曾有の経済危機に見舞われ、国家として重大な岐路に立たされています。5月 6日に実施した総選挙(1院制・比例代表)では、組閣が成立せず、再び解散され僅か1ヵ月後の18日に再選挙となりました。国民の審判である総選挙の結果で、国がまとまらないという事は、最初の国民の審判に誤りを含んでいた事を意味します。

 CNNでは、ギリシャ再選挙の開票速報特番を放送していましたが、投票締切時の出口調査結果を視て驚きました。緊縮支持の新民主主義党が 30・5%、緊縮撤廃の急進左派連合が 30・0% 。全く国論を二分する予測が出たのです。

 結局 定数300の最終結果は、新民主主義党が 129議席、同じく緊縮支持の全ギリシャ社会主義運動が 33議席になり、合わせて162議席(54・0%)と連立前提で緊縮支持派がギリギリ勝利する審判が下りました。

 ギリシャは、社会主義の歴史を重ねてきた国で、ユーロ圏であるEUに加盟しましたが、労働し得る国民の約2割が国家公務員(笑)という非常に湾曲した国政を続けてきました。ギリシャと日本を重ね合わせるのは、相当無理がありますが、国家機関が疲弊している点に共通の根はあります。

 私個人としては、行き詰まった社会保障を維持するためには、消費税アップも やむ無しだと考えています。しかし、生活必需である食料品と贅沢品が同一税率と言うのは、やはり問題があります。世界各国で実施されている消費間接税を見ても、食料品に特別な低税率を課している国がほとんどです。

 基礎となる年金は、衣・食・住 全てを最低保障してこそ成立します。モラルなき利潤追求優先の社会が続けば、飛ぶ鳥を落とす勢いの高額所得者が、10年後に生活に困窮しないという保障はありません。

 どんな人生の変遷があっても日本国民である限り、老後の衣・食・住 全てを満たす最低保障年金の制度構築と速やかな実施が、この国の社会不安を取り去る大きな第1歩になると思うのです。

第487回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]
    ♪BSの集中放送で理解出来る高い音楽性。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    柴咲コウ“ANOTHER:WORLD”
    NBS フジ・土ドラ「未来日記 ~ ANOTHER:WORLD」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    MISIA「恋は終わらないずっと」
    NHK総合・ドラマ10「はつ恋」主題歌


 2012年は 上半期が終了し、まもなく折り返し点を迎えます。そこで『2012 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 いよいよ「第500回記念 全期間ランキング」が近づいてきました。この上半期順位が、最後のチェックポイントとなります。ルールとなる全期間ランキング要項では、選曲条件を 年間ランキングに選曲された楽曲に限ると設定。それ以外の楽曲は、全期間ランキングの選曲対象としません。昨年までに、全期間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲は、45曲となりました。

 但し最終年に関して、まだ年間ランキングの作成・公開に至らない場合は、5週以上 1位を記録した楽曲を、最終年の年間ランキングに選曲された楽曲とみなす事が出来る規定もあります。現在まで 2曲が最終年の年間ランキングに選曲された楽曲とみなされています。選曲条件をクリアした楽曲で構成される全期間ランキングは、レギュラーと同じ 5位までの公開となります。

 音楽チャートに興味がある方なら、この様な全期間ランキングは、過去 年間 1位を獲得した楽曲が 5曲独占すると思われるでしょうが、その様に単純な結果となりません。工夫を凝らしたルールである 全期間ランキング要項によって、5曲全てが年間 1位の楽曲になってしまう硬直した全期間ランキングでなく、出来る限り柔軟な選曲・順位決定が保証されています。

 つまり 全期間ランキングの 5曲中 2曲は、出来る限り全期間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲の中から、意外性のある選曲をしなければならないと、特別規定が あるからなのです。柔軟な選曲・順位決定が、この特別規定で可能となっています。500週間の週間選曲リストを、5曲の選曲と順位で表現する「第500回記念 全期間ランキング」まで、あと12週です。

 【1位 5週 登場25週】① 平清盛 テーマ音楽。 今年の上半期順位は、対象期間内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 8曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2012 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 5)
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  2. 第 2 位 ( 5)
    NBS フジ・ドラマ「ストロベリーナイト」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( 4)
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( 3)
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( 3)
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2012年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。