FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第483回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( △ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ
    ♪放送では旧テーマ曲がまだ混在している。

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌


 このブログのカウンター(ページビュー)が、5月26日に 20万 を突破しました。ご愛読 頂き ありがとう ございます。

 このブログでは、開始以来全ページにカウンターを設置しており、リアルタイムで全体のページビュー総数を表示しています。設置してあるカウンターは、検索エンジンからのロボットの来訪程度で回ることはなく、ページビューを厳しく測定しています。ですから、このブログのカウンターは、全ページで最新のページビューを、出来得る限り正確に表示しています。

 インターネット草創期のホームページでは、キリ番をお祝い事として扱う素朴な時代がありました(笑)。このブログは、現在 1万毎の突破の際に、週間放送視聴日記で日付を記録しています。今回は、冒頭で 20万突破の記録をしています。そんなブログのカウンターが初めて激しく動いたのは、開始初年度で Yahoo!モバイルにカテゴリ登録された時です。

 芸能人でもない限り、個人サイトが登録されるのが不可能とされているほど競争率が高く、カテゴリ登録は難関だった頃でした。登録された時は、東大合格と司法試験合格を両方達成できたほどの嬉しさがありました(笑)。次のカウンター激動は、無料携帯サイトのブログ機能(後のMSNスペース)から、正式なブログサービスに移転した 2006年でした。

 その年に Yahoo!JAPAN(PC)カテゴリと、世界最大のウェブディレクトリ“Open Directory Project”(dmoz)日本語階層へも登録されたからです。さらに厳しかった 2つの有名ディレクトリの登録審査に一発通過し、この時も大変嬉しかったです。その頃から毎日コンスタントにカウンターが回る様になり現在に至っています。

 このブログには、簡易なアクセス解析として、グーグルさんのアナリティックスを使用し、各ページのアクセス数もカウントしています。どのページをお読みになったのか? これはアーカイブが多いブログのブロガーとして、大変把握したい情報です。どうか プライバシー ポリシーの範囲内で、この点に関するアクセス解析の利用を ご理解頂きたく思います。

 8分音符は、カウンターと同じく週間選曲リストの選曲理由マークとして、ブログ開始以来使用してきました。このブログのファビコン、アイコン、そしてスマートフォン用の apple touch icon は、総て 8分音符を描いたデザインです。このブログの「8分音符」アイコン と ファビコンを、カウンター同様に ご愛顧頂ければ幸いです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2012年06月01日 の週間選曲リストと『 ブログのカウンター と アイコン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。