FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第712回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    あいみょん「生きていたんだよな」
    テレビ東京・ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪挿入歌とは別途に洗練された調性と和声の劇伴がある。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代劇「忠臣蔵の恋 ~ 四十八人目の忠臣」劇中効果音楽 [吉俣良]


 私か物心ついた頃から(笑)茨城の我が家では、東京新聞を購読していました。そしてここ長野で 中日新聞を購読しています。となると 自然に中日ドラゴンズのファンになっていくのです(笑)。昨シーズンのドラゴンズは、ご承知の通り成績不振。8月に谷繁元信 監督は 休養として解任。結局 19年ぶりのリーグ最下位になってしまいました。。

 原因は やはり2011年の落合博満 監督の事実上解任に遡れます。当時のブログにも書いていますが、リーグ優勝した監督を解任するとは、やはり尋常でありません。その落合 監督の後を引き継いだ高木守道 監督から、ドラゴンズの低迷が始まっています。2013年には、落合 前監督がGMに復活し 谷繁 選手兼任監督に代わりましたが、さらにチームの低迷は続きます。

 谷繁 前監督の解任後、森繁和 ヘッドコーチが監督代行になり、9月29日 次期監督に正式就任しました。森繁和 新監督は、オールAクラス・リーグ優勝 4回・日本一 1回と言う落合 監督の 8年間をコーチで支えた腹心で、落合 監督解任の時も連座しています。どうも谷繁 前監督は、落合 - 森ラインの濃密な人間関係に入れず、指導体制が二重構造になってしまった様です。

 私は、コワモテの森繁和 新監督が嫌いではありません(笑)。落合 黄金時代には、先発投手の決定も含めて、ピッチングに関して全てを任され、あの気難しい落合 監督を陰日向なく支えてきました。森 新監督は、コーチ時代からシーズンオフに必ずドミニカへ渡り、選手をスカウトしてきます。現在では、編成部国際渉外交渉担当として フロントのメンバーでもあるのです。

 ドミニカは治安が決して良くありません。相当危険な地区でも潜入して(笑)自分の目で選手を発掘してきました。ドミニカなど中南米の選手達は、森 新監督に絶大な信頼を置いています。ドミニカを始め中南米諸国への長年に渡る、野球スカウトを通じた貢献は 素晴らしく、ドミニカ共和国は、森 新監督に勲章を授与してもいいのではないかと思うくらいです(笑)。

 昨年開幕から 31試合無失点の日本新記録を達成した、田島慎二 投手のtwitterを覗いてみると、森 新監督を中心として選手・スタッフの集合写真が、表紙として掲載されていました。全員素晴らしい笑顔です。この写真は、引退する岩田慎司 投手の記念として撮影された様ですが、普段笑ったところを見たことがない 又吉克樹 投手や 岩瀬仁紀 投手も満面の笑顔でした。

 我が家のCATV環境では、CS放送を通じてドラゴンズの公式戦が、ほぼ全試合視られます。負けが混む試合を見続けるとシンドいので、昨年は あまり観戦しませんでしたが(笑)来期は 試合中継の中で、あの写真の様な笑顔を観たいものです。まずは、Aクラス・クライマックス シリーズ出場を目指す 森ドラゴンズの奮起に期待しています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、17日に 35万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2016年11月18日 の週間選曲リスト と『 中日ドラゴンズ 森繁和 監督 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。