FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第706回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽
    ♪1位 3週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌
    ♪ドラマに深遠な意味を与えてしまうほどの見事な詞とアレンジの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌
    ♪既成楽曲を多用する劇伴音楽群の中でも際立つオルタナティブ ロックの佳曲。


 3日に スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル医学生理学賞を、大隅良典 東京工業大栄誉教授に授与すると発表しました。

  総合テレビでは、ストックホルムの発表とほぼ同時の午後6時34分に「ノーベル医学・生理学賞に 東京工業大学 大隅良典栄誉教授」「細胞が不要なたんぱく質分解するオートファジーの仕組み解明」と 2画面に渡るNHKニュース速報。6時42分には臨時ニュース(チャイムなし)で 瀧川剛史 アナが詳報しました。

 中日新聞社からも 6時45分に一斉でニュース特別便(号外メール)が送信されています。ところが 7時のNHKニュース7は、ノーベル賞受賞のニュースでなく、中心気圧が905hPaまで発達した台風18号のニュースがトップでした。

 そして7時03分に沖縄県 本島地方に大雨暴風・洪水・高潮の「特別警報」が発令されると、チャイム入りニュース速報と共に、武田真一 アナが急迫を告げる緊急アナウンスを行っています。結局ノーベル賞のニュースは、7時12分からになりました。大隅 教授は 電話生インタビューに応じています。

 午後8時からのBSフジLIVE プライムニュースでは、大隅 教授の記者会見を生中継。ロシア問題のディベートを予定していたこの日、ゲストの飯島勲 内閣官房参与と鈴木宗男 新党大地代表が、生中継の最中にワイプで顔取りされていました(笑)。

 その記者会見で大隅 教授は、予め用意された原稿を読み上げていましたが、授賞発表直後に大隅 教授が「3年ぐらい色んな事があったので、これで ようやく終わると思う」とフリーのコメントをされており、ノーベル賞候補になった後の運動の激しさが垣間見えていました。

 8時20分には、首相官邸から安倍 首相がお祝いの電話を、記者会見中の大隅 教授にかけ、そのやりとりが生放送されていましたが、ちょっと段取りがいまいちで噛み合っていませんでした(笑)。

 自然科学系のノーベル賞を日本人学者が受ける場合、いつもなら外国研究者との共同受賞が殆どでしたが、今回は大隅 教授単独の受賞だった点は特筆に値します。日本人の単独受賞は、29年ぶり 3人目になります。

 大隅 教授の研究テーマである「オートファジー」という造語は“Autofuzzy”でなく(笑)“Autophagy”(自食作用)なのだそうです。“phagy”はラテン語に由来します。

 オートファジーとは、細胞が生物の細胞内で蓄えた たんぱく質を分解して再利用する現象です。人類を含めた地球上の生命体は、生命活動を維持するために、たんぱく質をリサイクルし、新しくたんぱく質を造るための素材とする機能を有しているのです。

 生命の最小単位である細胞に、そんな備蓄や再生エネルギーの機能がある事自体、実に深遠な話です。この1点からも エネルギーの再生という現代人類が抱えるテーマこそ、地球上の生命の根幹に立脚した合理的な考え方なのかも知れません。

 ノーベル医学生理学賞、本当に おめでとう ございます。

第707回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]

  4. 第 4 位 ( △ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・土曜時代劇「忠臣蔵の恋 ~ 四十八人目の忠臣」劇中効果音楽 [吉俣良]
    ♪現代ドラマの劇伴の様な和音構成だが整った調性感。


 夏季五輪が開催される年は 閏(うるう)年。厳密には 100年で1回の調整と 400年に1回の再調整があるのですが、私の生きてる間は(笑)夏季五輪と閏(うるう)年は一緒になります。そして閏(うるう)年には米国大統領選もあります。任期途中で大統領が欠けても補選はなく、やはりこのサイクルは守られます。

 今年の大統領選は、民主党・ヒラリークリントン 候補と共和党・トランプ 候補の実質的な戦いです。実質的と書いてあるのは、他にも正副大統領の候補者が沢山いるのですが、選挙人獲得可能な候補を有する政党は 民主・共和両党だけという意味です。

 8年前のこのブログで、ヒラリークリントン 候補について、ファーストレディから自ら大統領を目指した強い権力指向に懸念を書いた事がありました。結局2008年の予備選は 現職のオバマ大統領に案の定 敗れたのですが、そのオバマ政権で国務長官を約 4年務め、中央政界で一定の経験を積みました。

 一方のトランプ 候補は、実業家であり資産家ですが 基本はテレビタレントです。多くのバラエティ系テレビ番組に出まくって、テレビメディアを出演者の立場から熟知しています。だからこそ扇動的に大衆の人気を煽り、共和党候補の指名獲得まで のしあがってきたのですが、全く選挙の洗礼を受けた公職経験はなく、政治家としては素人以外の何者でもありません(笑)。

 ヒラリークリントン 候補には、国務長官時代に私的メールへ国家機密を書きまくったという(笑)大失態と健康問題があり、トランプ 候補となると、人間性が露呈する様なスキャンダルや言動が 次から次へと出てきます。米大統領選の歴史の中で、共和・民主党候補両方に、これだけ有権者のアンチが多いケースは かつてありませんでした(笑)。

 共和党の一部では、スキャンダルの収拾がつかないトランプ 候補を降ろして、ペンス 副大統領候補を正大統領候補に昇格させようという動きがありますが、もしそれが実現してしまえば、ペンス 副大統領候補に 大きく支持が集まってしまうかも知れません。

 米大統領選は間接選挙で、2州を除き各州に割り当てられた選挙人つまりポイントを、その州で得票数1位になった候補が総取りしていき、その獲得選挙人(ポイント)が過半数を超えれば大統領に当選するシステムです。

 私の様な開票速報マニアになると、その一般投票よりもシステムの根幹である選挙人投票( Electoral college )に興味があり、各州の選挙人が持参した誓約書や、上院本会議場で行われた開票の模様を YouTubeで何度も視たりしましたが、あくまでも選挙人投票は儀式的なもので、やはり米大統領選は、一般投票での選挙人獲得数で当選者が決まります。

 10日の第2回候補者討論をCNNテレビで視ましたが、品位無きディベートに終始する中で、最後に招待された一般有権者が、ふたりの候補者に お互いの尊敬できる点を述べよと質問して、場内から大喝采を受けていました。

 その質問に対して、ヒラリークリントン 候補はトランプ 候補の子息を褒め、トランプ 候補はヒラリークリントン 候補の決して諦めないガッツを褒めていました(笑)。事前の世論調査では、ヒラリークリントン候補の優勢で推移していますが、投票まで1カ月あれば何が起こるのか解らないのが民主主義での選挙で、この点は日本も米国も同じです。

 米国の歴史で初めての女性大統領が誕生するのか? それとも米国の歴史はもとより世界史的にも類例のないタイプの男性大統領が誕生するのか? 11月第1月曜日の翌日の火曜日という(笑)独特な指定をされている一般投票日に向けて世界から注目が集まっています。

第708回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]
    ♪1位 1週、登場 7週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代劇「忠臣蔵の恋 ~ 四十八人目の忠臣」劇中効果音楽 [吉俣良]


 ここ信州は山々に囲まれており縁遠いラジオ放送なのですが、全国の海岸線に点在する主要灯台には、定時になると灯台で観測した最新気象データをアナウンスする海上保安庁の船舶気象通報局「灯台放送」がありました。

 50年以上続いた放送でしたが、先月30日正午を以て運用を終了し 全局停波しました。その閉局の理由とは、気象通報の役割が インターネットに移ったためだそうです。

 灯台放送は、各主要灯台にアンテナを含めた送信施設があり、周波数 1670・5KHz、出力 50Wで放送していました。普通のAMラジオは 1605・0KHzまでしか受信出来ませんが、茨城に住んでいた頃、私の所有していた通信機型受信機やソニーのICF―EX5など高性能ラジオでは、海岸線から離れていても受信可能でした。

 このブログでは一貫して、ラジオ・テレビ局とは、国から免許を受けた無線局との認識を示してきました。灯台放送は、AM中波帯に隣接する周波数ながらも、さらに その無線局のイメージに近い放送内容でした。

 電波の送信は 放送時のみしか行いません。サインオンの後「各局 各局 各局」と3回繰り返しコールします。この独特なコールは、無線局の一括呼出そのものです。そして自局の呼出名称は 灯台名から選ばれています。

 最新の風向風速・気圧・波の高さなど放送した後で、例えば高知県足摺岬灯台なら「終わり。こちらは あしずり。さようなら。」とコールし 即サインオフします。この最後の「さようなら」は業務的な船舶気象通報局とは思えないほどの哀感があり、送信する灯台と合致した情景さえ浮かんできます。

 最近の灯台放送は自動音声による送信ですが、1980年代頃までは灯台常駐職員が、生放送で行っていました。受信報告書を灯台に直接郵送すると、手作りのベリカード(受信確認証)に、聴いてくれた事への感謝の言葉を添えて、担当の灯台常駐職員から送られてくる実に粋な時代もありました。

 2年半前のこのブログで、NHKラジオ第2放送の気象通報が 1日1回の放送へ回数短縮になった事に、NHKへ抗議した顛末を書いたことがありました。その気象通報も 4月から自動音声になっています。

 正直に言って私自身も詳細な最新気象情報については、例えば気象庁のサイトから、松本 特別地域気象観測所の最新データページを携帯にブックマークしてあり、そこから入手しています。1時間おきの気温の推移は大変役に立ちます。

 また自宅の窓から大きなアンテナが見える、国土交通省 松本砂防事務所の雨量データページもブックマークしてあり、10分おきの更新は、台風や雷雨の時の状況もつぶさに解って重宝しています。

 私自身も最新の気象情報を得る手段は、ネットに頼る様になってしまいましたが、灯台放送などの業務局も含めたラジオメディア全般に言える事は、面白い放送、興味を引く放送より、まず「役に立つ放送」こそ満たさなければならない要素なのです。

 灯台放送が静かにその役割を終えた今、ラジオメディアが本当に役に立つ情報そして速報を日々迅速に放送し続ける本旨を忘れていくと、社会にとってのラジオメディア自体の必要性が、どんどん稀薄になっていく気がするのです。灯台放送は、その最も大切な点を教えてくれていました。灯台放送。さようなら。

第709回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌
    ♪リストインの段階で曲目不詳。女性ヴォーカルによる北欧民謡的旋律の美しい佳曲。→ その後 曲目追記済。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代劇「忠臣蔵の恋 ~ 四十八人目の忠臣」劇中効果音楽 [吉俣良]


 21日に 鳥取県中部で、震度6弱の激しい地震がありました。鳥取県 倉吉市を中心に家屋倒壊・半壊などの被害が発生。地震の揺れは広く伝わり、380キロ離れた ここ松本でも震度1の地震を観測しています。この地震は「鳥取県中部の地震」と呼称されています。この呼称は、気象庁による正式な命名ではありません。

 【負傷者 26名】

 鳥取県は面積 3507平方メートル、人口 57万人。お隣の島根県は、面積 6708平方メートル、人口 69万人と、両県ともに比較的規模の小さな県です。ですからFM山陰(本社演奏所:島根県松江市)の放送エリアは、鳥取・島根両県を広域で受け持っており、民放テレビ局も同じく広域放送です。

 実際の送信事情は、BSS山陰放送の本社演奏所を、県庁所在地の鳥取市でなく、島根寄りの米子市に置いているほど、ふたつの県が入り組んでいます。

 ラジオ・テレビ共にローカル番組は別内容にして、県域放送を貫いているNHK鳥取放送局(JOLG)と島根放送局(JOTK)では 相互乗り入れを行ない、鳥取放送局 米子中継所は、島根放送局 松江本局送信所に併設されており(笑)総合テレビの電波のみ珍しい域外中継をしています。

 昔から米子市や境港市などの鳥取県西部地方では、元々島根放送局の電波が良好に受信でき、民放で広域放送に慣れてしまっていた事から、あまり気にせずに多くの視聴者側が、NHK総合テレビを島根放送局で視ていた実態がありました。

 そこで1998年に民放テレビの送信所もある島根放送局 松江本局送信所(澄水山)の隣りに、鳥取放送局 米子中継所(枕木山)を併設してしまう全国でも極めて珍しい域外中継を実現。米子市や境港市でも、自分の県のNHK総合テレビを良好に視聴出来る事になりました。私はその置局レポートを、専門誌「放送技術」で当時読み 大変感心した記憶があります。

 その境港市では、2000年に震度6強を観測する鳥取県西部地震があり、鳥取県内は 未知の活断層も存在し 大きな地震が頻発する地域です。今回の地震では、関西・中国地方と広い範囲のラジオ・テレビ局で緊急地震速報が流れました。

 あるJFN加盟局の緊急地震速報と直後の放送内容を検証できましたが、地震発生が 14時07分と生ワイド オンエアー中に流れた緊急地震速報アナウンスは、緊急地震速報が終わった後も、今 緊急地震速報があった事と大地震直後の心得など、予め収録された音声が流れる 5分近くの非常に長いものでした。

 このブログでは、特に民放FM局に関して、緊急地震速報直後の放送内容が大事と書いてきましたが、これだけ長い緊急アナウンスを自動送出すれば、緊急地震速報直後のスタジオの混乱などはオンエアーされずに済みます。

 しかし、それは対応を先送りしている事に過ぎず、最も重要なアナウンスを自動送出に依存すると、生放送・生ワイドの本来の意義が薄れ、ラジオの将来の方向性を、その一点から決めかねません。

 2011年 東日本大震災のRFCラジオ福島・深野健司 アナによる来襲時実況は、ラジオパーソナリティが教科書にすべきものです。全国どこで大地震が起きてもおかしくない状態が続いています。緊急地震速報直後そして発災直後の放送内容には、特に留意して頂きたいものです。

 今回の地震で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2016年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。