FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第709回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌
    ♪リストインの段階で曲目不詳。女性ヴォーカルによる北欧民謡的旋律の美しい佳曲。→ その後 曲目追記済。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代劇「忠臣蔵の恋 ~ 四十八人目の忠臣」劇中効果音楽 [吉俣良]


 21日に 鳥取県中部で、震度 6弱の激しい地震がありました。鳥取県 倉吉市を中心に家屋倒壊などの被害が発生。2000年の鳥取県西部地震(最大震度6強)と同じく 揺れは 広く伝わり、380キロ離れた ここ長野県 松本市でも震度 1の地震を観測しています。この地震は「鳥取県中部の地震」と呼称されています。この呼称は、気象庁による正式な命名ではありません。

 【負傷者 26名】

 鳥取県は面積 3507平方メートル、人口 57万人。お隣の島根県は、面積 6708平方メートル、人口 69万人と、両県ともに全国の都道府県の中でも規模の小さな県です。ですからFM山陰(本社演奏所:島根県松江市)の放送エリアは、鳥取・島根両県を広域で受け持っており、民放テレビ局も同じく2県に跨る広域放送です。

 実際の送信事情は、BSS山陰放送の本社演奏所を、県庁所在地の鳥取市でなく、島根寄りの米子市に置いているほど、ふたつの県が入り組んでいます。ラジオ・テレビ共にローカル番組は別内容にして、県域放送を貫いているNHK鳥取放送局(JOLG)と島根放送局(JOTK)では、極めてレアな送信施設の相互乗り入れを行なっています。

 鳥取放送局 米子中継所は、島根放送局 松江本局送信所に併設されており(笑)総合テレビの電波のみ珍しい域外中継をしています。昔から米子市や境港市などの鳥取県西部地方では、元々島根放送局の電波が良好に受信でき、民放で広域放送に慣れてしまっていた事から、あまり気にせずに多くの視聴者側が、NHK総合テレビを島根放送局で視ていた実態がありました。

 そこで1998年に、民放テレビの送信所もある 島根放送局 松江本局送信所(澄水山)の隣りに、鳥取放送局 米子中継所(枕木山)を併設してしまう、全国でも極めて珍しい域外中継を実現。米子市や境港市でも、自分の県のNHK総合テレビを良好に視聴出来る事になりました。私はその置局レポートを、専門誌「放送技術」で当時読み 大変感心した記憶があります。

 今回の地震では、あるJFN加盟局の緊急地震速報と、直後の放送内容を検証できましたが、地震発生が 14時07分と、生ワイド オンエアー中に流れた緊急地震速報アナウンスは、緊急地震速報が終わった後も、今 緊急地震速報があった事と大地震直後の心得など、予め収録された音声が流れる、5分近くの非常に長いものでした。

 このブログでは、特に民放FM局に関して、緊急地震速報直後の放送内容が大事と書いてきましたが、これだけ長い緊急アナウンスを自動送出すれば、緊急地震速報直後のスタジオの混乱などは オンエアーされずに済みます。しかし、それは対応を先送りしている事に過ぎず、最も重要なアナウンスを自動送出に依存すると、生放送・生ワイドの本来の意義が薄れてしまいます。

 2011年 東日本大震災のRFCラジオ福島・深野健司 アナによる来襲時実況は、ラジオパーソナリティが教科書にすべきものです。全国どこで大地震が起きても、おかしくない状態が続いています。緊急地震速報直後 そして発災直後の放送内容には、特に留意して頂きたいものです。今回の地震で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2016年10月28日 の週間選曲リスト と『 鳥取県中部の地震 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。