FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第710回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]
    ♪1位 5週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代劇「忠臣蔵の恋 ~ 四十八人目の忠臣」劇中効果音楽 [吉俣良]


 先日ビデオリサーチ社から「総合視聴率」という新しい指標が公開になりました。従来の世帯視聴率は 低迷が続いており、また録画視聴の習慣が定着した事もあって、新指標の開発が求められていました。総合視聴率とは、放送時間に実際視ているリアルタイム視聴率と、放送の録画を 7日以内に再生して視たタイムシフト視聴率の合計値です。重複視聴は差し引かれています。

 その総合視聴率によると、先月16日放送の大河ドラマ「真田丸」第41回「入城」のリアルタイム視聴率は 15・4%でしたが、タイムシフト視聴率が 5・9%もあり、重複を除く総合視聴率は 20・5%と高い数字をマークしています。また先行放送している、衛星放送独自の視聴率も 5・8%をマークしており、大河ドラマ「真田丸」の人気は、相当高いと思われます。

 総合視聴率という新しいコンセプトは 悪くありません。どんどん先細っていくテレビ離れの現状を懸念し、従来のリアルタイム視聴率だけではなく、録画やスマートフォンなど多様化する視聴のスタイルに合わせて、ビデオリサーチ社が開発した指標が、タイムシフト視聴率 そして 総合視聴率なのです。但し考え方が水増し理論なのは、否定できません(笑)。

 特に私が注目しているのは、この総合視聴率が システム上から放送翌日に速報が出ず、1週間経過しないと数字が発表されない点です。過剰な視聴率競争の緩和に役立つかも知れません。またタイムシフト視聴率は、全番組を見ると 1%に満たないのが殆どだそうです。低質なバラエティを わざわざ録画する視聴者など、稀有な存在に違いありません(笑)。

 大河ドラマや朝ドラの様に、長年の視聴習慣とコンテンツの優秀性が維持されなければ、タイムシフト視聴率の安定した獲得は望むべくもありません。NHKが、この総合視聴率に飛び付き(笑)率先して発表を続けているのも解る気もします。ただ受信料で経営が成り立っているNHKには、視聴率よりも大切な世論動向という指標がある事を忘れてはならないのです。

 やたら会議シーンが多く、関ヶ原の戦いは 僅か 50秒の描写だった(笑)いかにも三谷幸喜の作らしい大河ドラマ「真田丸」。さすがに主役の見せ場がある大阪冬の陣・夏の陣の描写が、数分間という事はないと思いますが(笑)地元信州の英雄・真田幸村が主役で、総合視聴率が 20%を超える人気大河ドラマのラストの展開に期待しています。

 NHK大河ドラマ「真田丸」10月30日 放送・第43回「軍議」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 堺雅人 → 大泉洋 → 木村佳乃 → △ 中原丈雄 / △ 中川大志 → 井上順 → 小林隆 → 今井朋彦 → 阿南健治 → 星野源 → △ 岡本健一 / ○ 竹内結子 → △ 哀川翔 → △ 近藤正臣 → ◎ 内野聖陽 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。