FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第710回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]
    ♪1位 5週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代劇「忠臣蔵の恋 ~ 四十八人目の忠臣」劇中効果音楽 [吉俣良]


 先日ビデオリサーチ社から「総合視聴率」という新しい指標が公開になりました。総合視聴率とは、放送時間に実際視ているリアルタイム視聴率と、放送の録画を 7日以内に再生して視たタイムシフト視聴率の合計値です。重複視聴は差し引かれています。

 その総合視聴率によると、先月16日放送の大河ドラマ「真田丸」第41回「入城」のリアルタイム視聴率は 15・4%でしたが、タイムシフト視聴率が 5・9%もあり、重複を除く総合視聴率は 20・5%と高い数字をマークしています。

 また日曜6時からBSプレミアムで先行放送している、衛星放送独自の視聴率も 5・8%をマークしており、大河ドラマ「真田丸」の人気は相当なものであると思われます。

 総合視聴率という新しいコンセプトは悪くありません。どんどん先細っていくテレビ離れの現状を懸念し、従来のリアルタイム視聴率だけではなく、録画やスマートフォンなど多様化する視聴のスタイルに合わせて、ビデオリサーチ社が開発した指標が、タイムシフト視聴率そして総合視聴率なのです。

 特に私が注目しているのは、この総合視聴率が システム上から放送翌日に速報が出ず、1週間経過しないと数字が発表されない点です。過剰な視聴率競争の緩和に役立つかも知れません。またタイムシフト視聴率は、全番組を見ると 1%に満たないのが殆どだそうです。低質なバラエティを わざわざ録画する視聴者など稀有な存在に違いありません(笑)。

 大河ドラマや朝ドラの様に、長年の視聴習慣とコンテンツの優秀性が維持されなければ、タイムシフト視聴率の安定した獲得は望むべくもありません。NHKが、この総合視聴率に飛び付き(笑)率先して発表を続けているのも解る気もします。

 やたら会議シーンが多く、関ヶ原の戦いは 僅か50秒の描写だった(笑)いかにも三谷幸喜の作らしい大河ドラマ「真田丸」。さすがに大阪冬の陣・夏の陣の描写が数分間という事はないと思いますが(笑)地元信州の英雄・真田幸村が主役で、総合視聴率が20%を超える人気大河ドラマのラストの展開に期待しています。

 NHK大河ドラマ「真田丸」10月30日 放送・第43回「軍議」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 堺雅人 → 大泉洋 → 木村佳乃 → △ 中原丈雄 / △ 中川大志 → 井上順 → 小林隆 → 今井朋彦 → 阿南健治 → 星野源 → △ 岡本健一 / ○ 竹内結子 → △ 哀川翔 → △ 近藤正臣 → ◎ 内野聖陽 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年11月04日 の週間選曲リストと『 総合視聴率 と 真田丸 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。