FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第352回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・報道番組「追跡!A to Z」テーマ音楽 [菅野祐悟]
    ♪1位 3週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    GIRL NEXT DOOR“Orion”
    abn テレ朝・金曜ドラマ「アンタッチャブル」主題歌


 夏頃の段階では、日本航空(JAL)の経営危機が、これほど深刻だと思ってもみませんでした。当初は アメリカのデルタ航空との資本・業務提携を模索していたはずです。ところが経営危機は、あっと言う間に1日を争う状態になってしまいます。

 遂に前原 国土交通大臣は、10月30日に官民共同出資の「企業再生支援機構」を活用する支援方針を表明、JALは、事実上 国の管理化に置かれました。

 ここ松本市にも県営松本空港(信州まつもと空港)があります。その県営松本空港からもJALは、経営再建策として定期路線の全面撤退を表明。空港は存続の危機をむかえています。元々周航便も少なく、私も この1年近く飛行機が飛んでるのを見たのは1回しかありません(笑)。

 このJALの経営危機から、FM長野リスナーとして気になるのが“JET STREAM”のスポンサー継続問題です。

 とにかくラジオ番組を提供しているスポンサーは、経営破綻や危機が発生すると、あっという間に降りてしまいます。私はリスナーとして、この様に番組が打ち切られる例を、イヤというほど体験してきました。

 “JET STREAM”は、TOKYO FM(FM東京)の前身であるFM東海の試験放送時代から続くJFNの看板番組です。

 後藤亘 TOKYO FM代表取締役会長が、FM東海職員(実験局なので社員でなく職員)の時、自ら企画制作を手掛けています。JALに航空機事故が起きた時も、長期間 提供スポンサーなしで変わらず放送を維持しました。民放ラジオ放送では珍しい頑強な編成方針を貫いています。

 万が一“JET STREAM”が打ち切られた場合、それはJFN加盟38局の看板番組を失うだけでなく、貴重な放送文化の破壊になると断じても過言ではありません。

 JALの再建にとって、国際便の乗客数回復は重要な要素です。国際便をイメージしたラジオ番組ですので“JET STREAM”のスポンサー降板や間違っても番組の打ち切りは、あり得ないのではとの淡い希望は持っています。

 しかし、平日(火 → 土曜)午前0時のフライトが「減便」になったり「運航短縮」となってしまう不安は消えないのです。

 企業再生支援機構や国土交通省には、JALが 42年間1社提供しているラジオ番組“JET STREAM”の存在理由を、ぜひとも理解して頂きたく思います。

 “JET STREAM”の歴史は、FMラジオ放送の歴史そのものです。大切な放送文化を守って頂ける事を、開局以来ネットされているFM長野リスナーとして心から願っている次第です。


(追記) 2010年 1月19日 日本航空に対し会社更生法の適用を決定。 6月 1日から“JET STREAM”の火曜・木曜 深夜は、イオン(AEON)との2社提供になりました。2010年 7月から“また日本航空(JAL)の1社提供に戻りましたが、2012年10月から“日本航空(JAL)とセイコーの2社提供となりました。

第353回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]
    ♪劇中なかなかフルで流れないが重厚な佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    GIRL NEXT DOOR“Orion”
    abn テレ朝・金曜ドラマ「アンタッチャブル」主題歌


 土曜日まで含めた週6日、毎朝15分間 連続ドラマを放送するNHKの「朝ドラ」は、よく考えてみれば世界のテレビ放送でも珍しい形態のドラマ枠です。

 「朝ドラ」の原点は何か? やはりテレビジョン草創期の連続ドラマ「バス通り裏」(1958年 4月 ~ 1963年 3月放送)だと思います。但し放送は 夜でした(笑)。

 連続ドラマ「バス通り裏」は、NHK7時のニュースの後、午後7時15分から15分間なんと生放送で1395回もオンエアーし続けたのです。

 毎日 夜7時のニュースが終わると「小さな庭を真ん中に おとなりの窓 うちの窓」とテーマ曲が流れます。刷り込まれる様に視聴習慣が形成され国民的大人気を博しました。

 ヒロインを演じた女優・十朱幸代の出世作とも言われています。また岩下志麻や田中邦衛も「バス通り裏」の出身です。

 この成功により、新進女優をヒロインとする長期間かつ短時間の連続ドラマのコンセプトが練り上げられました。そして「連続テレビ小説」が誕生しています。

 1961年の第1作が「娘と私」。1966年の第6作「おはなはん」では平均視聴率30%を超え、高視聴率の作品が続出し 1983年の第31作「おしん」へ繋がります。

 原作そして脚本は 橋田壽賀子。ヒロインを 小林綾子 → 田中裕子 → 乙羽信子 とリレーした連続テレビ小説「おしん」は、全297回の平均視聴率が なんと52・6パーセント。最高視聴率は 62・7パーセント。紅白歌合戦並みの数字を「毎朝」マークし続けたのです。

 私は、この「おしん」本放送をリアルタイムで体験しており、ひとつの思い出があります。

 その年の春先に私は、酷い風邪を引いてしまい病院へ通院していました。薬待ちのため熱で ぼーっとしていた体で待合室の長椅子に座り、何気なくテレビを視ていたのです。

 映っていたのはNHK総合テレビ。「ひるのプレゼント」が終わった午後0時45分、まさに その時でした。

 南米民族楽器の和声と邦楽の旋律を見事な調性で完成させた、音楽家・坂田晃一の最高傑作とも言える「おしん」テーマ音楽が流れ始めた その瞬間。病院内のあらゆるフロアから人が集まってきたのです。

 あっと言う間にテレビの前は大変な人だかり となりました。見ると事務の方もいる、白衣の看護婦さんもいる、さっき診察してくれた内科の先生もいます。楽々座っていた長椅子も いつのまにかギュウギュウ詰めです。

 中には 点滴棒を握りしめ猫背になりながら立見をしている入院患者までいます。皆んな黙って食い入る様に「おしん」を視ているのです。

 そして午後1時ジャスト。ニュースへ切り替わった瞬間、一斉にため息と歓声が起こって集まった人々が散っていきました。

 我が国テレビ放送史上最高の人気ドラマ「おしん」を物語る この光景は、生涯忘れられない思い出です。

 それから27年経ち現在放送中である第81作のタイトルは「ウェルかめ」(笑)。海ガメがテーマとなるカメ好きの私には、まさに画期的な(笑)朝ドラです。

 私は、昼の再放送を視る習慣が長年続いています。往年の勢いが失せてきましたが、まだまだ人気は根強い「朝ドラ」なのです。

第354回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    石川智晶“First Pain”
    NHK教育・アニメ「エレメントハンター」主題歌
    ♪不思議なビブラートはかかるがアニソンとして佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌
    ♪とにかくタイトルバックは個人的に素晴らしい。


 アメリカのオバマ 大統領が来日し、滞在23時間というハードな日程をこなしました。14日には、ご在位20年を迎えられた天皇皇后両陛下との昼食会に出席しています。

 その時 出迎えられた天皇皇后両陛下にご挨拶したオバマ 大統領を視て驚きました。最敬礼なのです。

 国際儀礼的な観点から、世界ただひとり のエンペラーに対して当然との声もあります。ですが あれだけ深いお辞儀を両陛下へしてくれたオバマ 大統領に、私は大変好感を持ちました。

 動画映像からは全く自然で問題ありません。ところが一番深くお辞儀をした「瞬間」の写真を、AP通信は全世界に配信。その写真からFOXテレビなど保守派メディアの間に波紋が広がっています。

 背景にあるのはオバマ 大統領への米国内で吹く逆風です。米国にはない国民皆保険制度を実現しようという医療保険改革問題や、アフガニスタンへの兵力増派問題などで数多くの反発が起こり、逆風渦巻く原因となっている様です。

 国連安全保障理事会議長としてのワンスピーチで、劇的にノーベル平和賞を獲得した事にも、祝福ムードより政治的早熟さへの懸念が顕在化しています。しかし、リンカーン 元大統領も任期中は、国内に逆風が吹き荒れていたのです。

 同日 午前のアジア政策に関する演説の冒頭、幼少の頃のエピソードとして語っていましたが、ハワイ出身のオバマ 大統領は、母親と鎌倉を訪れた際その時に食べた抹茶アイス(笑)が忘れられなかったそうです。

 親日家のオバマ 大統領には頑張って欲しいと、エールを贈りたい気持ちが起こってきます。


 我が家で 秋を知らせる紅葉の盆栽が、真っ赤に色づきました。

 昨年は、引っ越し後の環境変化から少々元気がありませんでした。今年は充分手入れし、2年ぶりに素晴らしい紅葉を魅せてくれました。隣の白梅の盆栽は、すっかり葉を散らして冬支度に入っています。

 我が家の「ウェルかめ」こと(笑)ご存じ「かめクン」も、本来は冬眠に入る時期なのですが少し加温しています。まだ2 ~ 3日の間隔で餌を食べ元気にしています。かめクン も19回目の冬越しになります。例年の深い冬眠から穏やかな冬を送らせるつもりです。

第355回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲
    ♪ヴォーカルに和音が感じられる。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    石川智晶“First Pain”
    NHK教育・アニメ「エレメントハンター」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 大晦日 放送される「第60回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 木村カエラ・水樹奈々・嵐・NYC boys・FUNKY MONKEY BABYS・flumpool・遊助・レミオロメン の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の46回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・仲間由紀恵(4回目) 白組・中居正広(4回目) 総合・阿部渉 アナ(初)2年連続 仲間・中居コンビです。

 アナ司会の登竜門である今年のラジオ実況アナは、山田康弘 アナ と 神田愛花 アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、藤あや子、一青窈、前川清、平井堅など となっています。

 3日に 司会者が発表。出場者は 23日に発表となりました。ところが総合司会だけは、27日と遅れて発表されています。その間 NHK職員アナでなく、大物司会者の抜擢登用の噂もあったのですが、結局は阿部 アナに落ち着いた様です。

 かつてNHK職員アナ以外では ただひとり。1983年 第34回に タモリが単独で総合司会を担当しました。オープニングのセンターマイクで、いきなり「エヘヘヘ」と笑ったのが強烈な印象として残っています(笑)。

 初登場は 昨年の14組から 8組とほぼ半減。「次の大河主役は審査員」の定説を破り(笑)福山雅治が15年ぶり2回目の出場。アリス「枠」で谷村新司・堀内孝雄、そして細川たかし・ドリカムも復活しました。

 第60回記念のメモリアル紅白は、スタートを5分早めて午後7時15分からとなります。今回のポイントは 1部・2部の呼称を止めた点です。総合で流れるニュースを午後8時55分からの5分間とし「後半」開始は 午後9時ジャストに設定しています。

 前から このブログで主張していますが、4時間以上の音楽番組編成は もはや無理があり、出場歌手を絞って午後9時から11時45分までに戻すべきだと思います。出場歌手選抜のオープン化もはかるべきです。

 NHKの紅白は、民放の取材も受ける国民的音楽番組なのですが、決め手に欠け少しずつ その人気は落ちています。ですが紅白の裏番組編成を見れば、これまた決め手に欠けています。大晦日いや地上波テレビ放送全体が、いまや決め手に欠ける状態です(笑)。

 しかし、また今年も断言しますが(笑)年に一度 大晦日 午後11時45分ジャストの「紅白」エンディングから「ゆく年くる年」への急激な映像落差が大好きな私にとって「紅白」は なくてはならない番組なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2009年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。