FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第355回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲
    ♪ヴォーカルに和音が感じられる。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    石川智晶“First Pain”
    NHK教育・アニメ「エレメントハンター」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 大晦日 放送される「第60回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 木村カエラ・水樹奈々・嵐・NYC boys・FUNKY MONKEY BABYS・flumpool・遊助・レミオロメン の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の46回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・仲間由紀恵(4回目) 白組・中居正広(4回目) 総合・阿部渉 アナ(初)2年連続 仲間・中居コンビです。

 アナ司会の登竜門である今年のラジオ実況アナは、山田康弘 アナ と 神田愛花 アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、藤あや子、一青窈、前川清、平井堅など となっています。

 3日に 司会者が発表。出場者は 23日に発表となりました。ところが総合司会だけは、27日と遅れて発表されています。その間 NHK職員アナでなく、大物司会者の抜擢登用の噂もあったのですが、結局は阿部 アナに落ち着いた様です。

 かつてNHK職員アナ以外では ただひとり。1983年 第34回に タモリが単独で総合司会を担当しました。オープニングのセンターマイクで、いきなり「エヘヘヘ」と笑ったのが強烈な印象として残っています(笑)。

 初登場は 昨年の14組から 8組とほぼ半減。「次の大河主役は審査員」の定説を破り(笑)福山雅治が15年ぶり2回目の出場。アリス「枠」で谷村新司・堀内孝雄、そして細川たかし・ドリカムも復活しました。

 第60回記念のメモリアル紅白は、スタートを5分早めて午後7時15分からとなります。今回のポイントは 1部・2部の呼称を止めた点です。総合で流れるニュースを午後8時55分からの5分間とし「後半」開始は 午後9時ジャストに設定しています。

 前から このブログで主張していますが、4時間以上の音楽番組編成は もはや無理があり、出場歌手を絞って午後9時から11時45分までに戻すべきだと思います。出場歌手選抜のオープン化もはかるべきです。

 NHKの紅白は、民放の取材も受ける国民的音楽番組なのですが、決め手に欠け少しずつ その人気は落ちています。ですが紅白の裏番組編成を見れば、これまた決め手に欠けています。大晦日いや地上波テレビ放送全体が、いまや決め手に欠ける状態です(笑)。

 しかし、また今年も断言しますが(笑)年に一度 大晦日 午後11時45分ジャストの「紅白」エンディングから「ゆく年くる年」への急激な映像落差が大好きな私にとって「紅白」は なくてはならない番組なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年11月27日 の週間選曲リストと『 第60回 NHK紅白歌合戦 出場歌手 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。