FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第356回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    石川智晶“First Pain”
    NHK教育・アニメ「エレメントハンター」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ
    ♪卓越したソプラノ と 鮮明な転調が味わえる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲
    ♪1位 5週、登場 8週。


 新型インフルエンザの流行は、猛威をふるっています。NHKなど各放送局は、流行当初 行っていた全国の患者数調査を、ほとんど報道しなくなりました。これは厚生労働省が、既に患者数の全数把握を打ち切っているからです。国立感染症研究所の調査推計によれば、治癒済みを含めた全国の累計患者数は、先週段階で約 1075万人まで達しました。

 全国医療機関からの報告では、流行の遅れていた大都市周辺の患者数が大幅に増加しています。流行状況の目安となる 1医療機関あたりの患者数は、長野県でも 55・31人となり、全国平均の 38・89人を大きく上回っています。新型インフルエンザの累積患者数は、終息するまで 2000万人を大きく超えるのは確実な情勢となり、完全な「パンデミック」状態です。

 不安を増長してしまう統計ばかりですが、よく考えてみれば季節性インフルエンザも、全国で 1000万人程度の患者が毎年発生しています。弱毒性のまま推移していれば、ワクチン接種やタミフルなどで充分対応出来るはずです。しかし 強毒性へ変異すれば、この凄まじい感染速度なら、やはり「世界大戦」に匹敵する様な犠牲者数も、図上の空論とは言えない恐れがあります。

 政府の新型インフルエンザ対策本部が発表した、新型インフルエンザ予防接種の優先順位は、1位・患者診療に当たる医療従事者、2位・妊婦や基礎疾患のある人、3位・1歳から就学前までの幼児、4位・1歳未満の乳児の両親、5位・小学 中学 高校生や 65歳以上の高齢者となっています。

 我が家でも、この夏に マスクと 消毒用エタノールの備蓄をしていますが、消毒用エタノールがなかなか入手出来ず、現在の使用分と 1 ~ 2本のストックで精一杯の状態でした。最近では公共機関やスーパーなどにも、消毒用アルコールを常備してある場所が多くなりました。しかし、私が見かけた限りでは、あまり使っている人がいない様です。

 外出時に着ていた衣服の隔離(笑)や、帰宅後は速やかに風呂へ入って、頭髪などに付着したウィルスを洗い流す事も大切です。マスクだけではなくウィルスへの細かな対策は、長く実践していかなければならないと思っています。消毒用エタノールの品切れ傾向が続いていますが、圧倒的な感染力の新型インフルエンザが、強毒性に変異しないよう祈るばかりです。


(追記) 2010年 8月10日に WHOは、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)が終息したと宣言しました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。