FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第876回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    BSテレ東・ドラマ「今夜はコの字で」テーマ音楽[石塚徹×SomaGenda×鈴木俊介]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Creepy Nuts「オトナ」
    テレビ東京・ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    福原希己江“Pretty girl milking her cow”
    Netflix・オリジナルドラマ「深夜食堂 ~ Tokyo Stories Season 2」挿入歌
    ♪1位 4 週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「グッド・ファイト」テーマ音楽[David Bucklay]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]


 2009年の新型インフルエンザの時と同じでした。FM長野ニュース と NHKーFM(ラジオ第1)ニュースのトップ項目が一致し、その一致が長く続いていったのです。まさしく重大ニュースが進行中のシグナルでした。中国 湖北省 武漢市で、コロナウイルスによる「新型肺炎」が発生したのが、12月末の頃。その時の現地当局は、まだ発生自体を否定するスタンスでした。

 年が明けると、患者数が少しずつ増加。さらに犠牲者が現れ始めた段階で、やっと中国の現地当局 そして北京の中央政府が発生を認め始め、その時には、既に初期防疫のタイミングを逸していました。さらに中国と密接な関係のあるWHO(世界保健機関)が、非常事態宣言の判断を先送りしタイミングを遅らせた事にも、パンデミックへの第1段階を超えた原因の一端があります。

 新型肺炎の中国患者数は、2月 4日から 2万4324人 → 2万8018人 → 3万1161人(6日現在)と推移しています。パンデミック進行の指標は、2日前の数字から倍になるかどうかと言われており、事態をやっと深刻に受け止めた中国政府が、どうにか指数関数的患者増加だけは くい止めている感じはあります。ただ数字の信憑性も含め、まだ予断を許しません。

 私は、仕事でJR大糸線に乗るのですが、先月末になると、乗客の 3割程度が観光目的の外国人で、その半数以上が、中国人でした。信州のローカル線 1本を取り上げただけでも、いかに中国から人の流入が、日本全国に起こっているか 明確に解ります。これはSARSや 新型インフルエンザ流行の頃の比ではありません。新型肺炎の国内蔓延阻止は、緊急の課題です。

 我が家では、マスク と 消毒用アルコール、うがい薬の備蓄は、新型インフルエンザ流行時から続けていますが、既に松本市内の店舗では 売り切れが続出しており、ネット通販を利用して、値上がり前に最新仕様のマスク、消毒用アルコールの備蓄を増やしました。とにかく外出時はマスクに加えて、消毒用アルコールスプレーは、予防のための必需と考え、必ず持参しています。

 2日夜に自民党 と 立憲民主党の国会対策委員長が急遽会談。政府に新型肺炎に対して万全の対策をとらせるべく、厚生労働大臣を始め政府委員の国会審議出席に配慮を示し、新型肺炎問題を政争の具にしないとの、異例の与野党合意を行いました。与党 と 野党の第1党同士が、この様な緊急合意をする事自体、新型肺炎が極めて重大な国家的問題になりつつある事を示しています。

 新型肺炎は、新型インフルエンザの様に、パンデミックへ向かう確率が高くなりました。そしてウイルスが強毒性に変異をする恐れも捨てきれません。春の暖かさが到来すれば、鎮静化するとの希望的観測もありますが、とにかく手指の洗浄消毒やマスクの履行、さらに人混みを避ける努力で、新型肺炎コロナウイルスの感染を防ぐしか、いまのところ方法論がない様です。


(追記) 「新型肺炎」(COVID―19)に関する週間放送視聴日記は、次の通りです。
 東京夏季五輪の分散開催論(2020年 2月21日)
 国内感染者数 1000人突破(2020年 3月 5日)
 無観客スポーツの先見性(2020年 3月 6日)
 パンデミックの中での東京夏季五輪延期(2020年 4月 3日)
 国内感染者数 5000人突破(2020年 4月 9日)
 緊急事態宣言時のテレビ・ラジオ放送(2020年 4月10日)
 国内感染者数 1万0000人突破(2020年 4月17日)
 緊急事態宣言下の日本(2020年 4月24日)
 緊急事態宣言 延長(2020年 5月 8日)
 解除の後に来る事態(2020年 5月29日)


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。