FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第892回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    上白石萌音「夜明けをくちずさめたら」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲
    ♪フラット系の調性から起伏を表現している。


 戦後初の非常事態措置である、4月26日から続いていたコロナ特措法に基づく「緊急事態宣言」が、25日に全国で解除されました。正式には、緊急事態解除宣言を官報で公示した事になります。一時は医療崩壊寸前まで切迫しましたが、第1波の流行は、どうにか沈静化の方向です。しかし これは歴史上経験した事がない社会活動の総自粛で、やっと得られた結実でした。

 季節が秋になる南半球のブラジルでは「新型肺炎」(COVID-19)感染者 と 犠牲者の伸びが衰えません。ボルソナロ 大統領は、COVID-19を 軽い風邪の一種だと公言して憚らず、3密の経済活動を 野放しにしています。ブラジル全体を 集団免疫の実験場にするが如き暴政です。強毒性変異を促進させる、新型コロナ ウイルスの培養地域となる懸念さえあります。

 私は、島国であるこの国が、外国からの入国を原則的に拒否している、いわゆる鎖国政策が維持されるか否か、ショービジネスなどの観客動員が自粛され続けるか否かで、第2波流行の時期が決まると考えています。安全なワクチン接種が可能となる数年後まで、鎖国政策が続き、大規模イベントが行われなければ、このまま収束もあり得ますが、それは 絶対不可能なはずです。

 緊急事態宣言が解除された後、間違いなく国内には楽観ムードが浸透していきます。そして今までの自粛に耐えられない人々が、必ず自分自身を納得させる様な理屈で、従来の積極的な社会活動を、なし崩しに復活させようとするはずです。早くも一部の週刊誌では、努力をしている知事を揶揄する論調さえ見られます。この自粛に対する飽きや楽観の広がりが、最も恐ろしいのです。

 プロスポーツは、いつまでも無観客試合を続けられません。ショービジネスは、密接した客席を埋めないと収益がとれず、観光業界は、外国からのツアー客を求めてきます。その回帰を戒めないと、楽観と共に第2波の流行が始まり、緊急事態宣言が再発出されても、もはや総自粛は広がりません。その時 COVID-19 の感染者・犠牲者は、指数関数的に急増してしまうのです。

 専門家会議が求める「新しい生活様式」は、社会活動の根本的な変革を要求しています。これは COVID-19 での犠牲者を減らす代わりに、スポーツ・ショービジネス・観光などから、変革に対応できない犠牲者を生む可能性が消えません。今回の緊急事態宣言解除の後に来る事態とは、アフターコロナの新社会に適応できない業態や人々を襲う峻烈な淘汰なのです。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。