FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第893回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]
    ♪リストインは 2017年 2月。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング
    ♪リストインは 2017年 1月。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上白石萌音「夜明けをくちずさめたら」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲


 新潟県の独立系県域FM局である FM PORT(新潟県民エフエム放送)が、経営不振により 30日で閉局・停波します。県域FM局の閉局・停波は、戦後の放送法施行後、全国で初めててす。また中京圏広域の外国語FMラジオ局 Radio NEO も、同日 閉局・停波します。理由は 同じ経営不振です。しかも 中京圏の外国語FM局は、2度目の閉局となります。

 FM PORT は、2000年12月に開局しましたが、累積赤字は 約 11億円と、債務超過状態が続いていました。Radio NEO は、2016年12月から既に約 6000万円の累積赤字を計上。全国には恒常的な累積赤字で苦しむ県域以上のFM局が一定数あり、相当無理をして頑張っていますが、FM PORT の閉局で堰を切る可能性があります。

 長野県は、北信・東信・中信・南信と地域割ができ、モンロー主義と言いませんが(笑)個性的な色合いが地域ごとに存在します。FM長野は、中信の松本市に本社演奏所があり、アルピコグループ(旧 松本電鉄)が、一定水準で経営を掌握。但し JFN加盟で唯一の県域FM局なのです。1988年の開局時から、中信に本拠を置く県域民間放送局として異彩を放っていました。

 新潟県も、上越・中越・下越・佐渡と地域割がされ、長野県の様な個性的色合いが鮮明です。FM PORT は、下越重点の放送局群に対抗しようと、中越有力企業の亀田製菓・中越運送などが開局しました。但し なぜか本社演奏所は、下越の県庁所在地である新潟市のまま。そして JFN未加盟で 2局目の県域FM放送局として、ポートから出港してしまったのです。

 FM PORT の開局は、東京を始め大都市圏に2局目の広域FM局がスタートした直後でした。2局目もいけるとの機運に満ちていたのです。噂では、FM PORT も開局当時に、J-WAVE から番組ネットを受けたいと打診したそうですが、J-WAVE こそ、モンロー主義のラジオ局(笑)で 断られてしまい、殆どの番組を自社制作する事になってしまいました。

 新潟県内だけでスポンサーを開拓して、24時間自社制作を続けていくのは、相当無理があります。さらに 小谷野 FM横浜元常務が独創した、FMは若者のメディアというコンセプトに最後まで固執してしまっては、限られたターゲットで得られるパイは僅かです。閉局前にオールリセットな第2の開局的編成改革が出来たはずなのに、躊躇したまま終焉を迎えてしまいました。

 FM PORT は、社員を全員解雇し、タレントの契約も打ち切る、最悪のオールリセットを選択。図らずも Radio NEO と同時閉局なのは「新型肺炎」(COVID-19)のパンデミックで、先行きに見切りをつけたとも言えます。ラジオ局の経営統合、ラジオ放送番組の同一化以前に、FM PORT が、ひとつ目のドミノになる可能性は 否めないのです。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。