FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第855回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    安藤裕子「鑑」
    BSテレ東・土曜ドラマ9「W県警の悲劇」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング
    ♪ヴォーカルでビートを可変させているかの様な技巧佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング
    ♪1位 2週、登場12週。


 総務省の有識者会議(放送を巡る諸課題に関する検討会・分科会)は、8月30日の会合で「民放AMラジオ放送廃止」を容認する事で一致しました。今後は FM補完中継が民放のラジオ放送を担う事になります。3月に民放連が要請してから、あっという間にAMラジオ放送廃止の流れが定まってしまい、遂に 日本のラジオ放送の根幹を変える Xデーがやってきました。

 スケジュールは、まず来年秋にAMラジオ放送を長期停波する実証実験の要項が発表されます。法令整備の作業を経て、2023年から実証実験としてのAM波の停波がスタート。民放AMラジオ局が一斉に放送免許更新となる 2028年までに、北海道の一部地域などAM波がラジオ放送に どうしても必要な地域を除き、民放AMラジオ放送が、日本から無くなります。

 ですが NHKは、ラジオ第1放送を中心に従来通りAMラジオを継続するそうです。韓国KBSの韓民族放送(972KHz)について、ブログで書いた際に懸念を述べていますが、外国からのAM電波による侵略の恐れは、NHKの全国放送網が維持されれば ある程度免れそうです。そしてNHK―FMがラジオ第1放送に吸収されてしまう事態も避けられそうです。

 放送法 15条には「協会は、公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、かつ、良い放送番組による国内基幹放送(国内放送である基幹放送をいう)を行うとともに、放送及びその受信の進歩発達に必要な業務を行い・・・」と定められており「あまねく日本全国において受信できるように」の文言がAMラジオ放送維持の根拠とされています。

 しかし放送法で、AMの維持が明記されている訳ではありません。いわんやNHKがぶっ壊れて(笑)しまえば、法的根拠の前提が無くなります。私の様にNHKラジオだけの受信料を支払ってもいいと考えている国民は、圧倒的に少数なはずです。ラジオ第1のFM補完中継も始まっており、2028年以降もNHKのAMラジオ放送網が維持されるとは断言出来ないのです。

 まず 2023年から始まるAM長期停波の実証実験で最大の注目点は、TBS・LF・QRの在京AM 3局の動向です。中継局が複数ある他の県域AMラジオ局は、まず中継局を長期停波させて様子を見る事が可能ですが、FM補完しか中継局がないTBS・LF・QRの在京AM 3局は、いきなり本局を長期停波させるしか実証実験を行う道がありません。

 TBS・LF・QRの在京AM 3局にとって実証実験から、それは ぶっつけ本番のAM長期停波を意味します。来年秋に発表される実証実験の要項には、中継局の長期停波の他にも、時間帯による停波が明記されると考えられますが、TBS・LF・QRの在京AM 3局にとって間違いなく実証実験開始の段階から、事実上のAM放送廃止が始まるはずです。

 既にIBC岩手放送ラジオの前沢中継局が昨年 9月末に、CBC中部日本放送ラジオの岐阜中継局も昨年10月末に停波・閉局してます。特にCBCラジオの岐阜局は、送信出力も 0・5KWとハイパワーでしたが、やはりFM補完中継をクリアに聴ける事が理由で廃止しました。両局ともに放送免許更新直前の停波・閉局で、今後もこの様な先行例が出てくると思われます。

 既存FM放送のキー局であるFM東京(TOKYO FM)が、粉飾決算で大騒動の真っ只中に、民放AM放送廃止が決定的になりました。トーク主体の放送を既存FMでも続けると、著しく没個性化してしまうのは避けられず、音楽主体の放送に回帰してシステムの合理化を図るしか方策はないようです。FMラジオ放送にとって峻烈な時代は、間違いなく到来しました。


(追記) 週間放送視聴日記(2019年10月11日)に、V-LOW マルチメディア放送(i-dio)終了 を掲載しました。

第856回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    安藤裕子「鑑」
    BSテレ東・土曜ドラマ9「W県警の悲劇」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    OKAMOTO’S「新世界」
    ♪ストリングスに和声を感じさせるアニメ映画主題歌。


 もう何度このブログに、安倍 内閣改造について書いたのでしょうか? いつも優先する出来事が起きて(笑)すぐ書けなかったのですが、今回は珍しく(笑)断行週に書いています。11日に、第4次 安倍内閣の第2次改造がありました。麻生 副総理(内閣法 第9条の第1順位指定大臣)と、菅 官房長官の 2人だけ留任。内閣の屋体骨には、全く変動がありませんでした。

 組閣前日の午後から入閣内定者のニュース速報が打たれ始め、夜遅くには 閣僚の顔ぶれが決まっています。当日は 午後 1時25分に、菅義偉 内閣官房長官から閣僚名簿が発表されました。NHK総合・信越放送・長野放送・長野朝日放送が生中継しています。河野太郎 外務大臣が防衛大臣に、茂木敏充 経済再生担当大臣が外務大臣へスライドしたのが、今回の改造の焦点です。

 前回の改造では、初入閣が 12名いましたが、今回は さらに上回る 13名の初入閣があり、閣僚の 68・4%を占めています。初入閣者には、婚姻発表をなせが首相官邸でやってのけた(笑)小泉進次郎 環境大臣。さらにメダリストで出来過ぎ(笑)の担務となった橋本聖子 東京夏季五輪担当大臣が目を引きました。また再入閣では、高市早苗 総務大臣が返り咲いています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・茂木敏充 外務大臣、4位・高市早苗 総務大臣、5位・河野太郎 防衛大臣 となっています。

 安倍 総理大臣は、8月に戦後在職期間歴代 1位になりました。そして 11月には、明治後期に長く首班を受け持ってきた 桂太郎 総理大臣の 2886日を抜いて憲政史上でも在職歴代 1位になります。そして陰に隠れていますが(笑)麻生 副総理大臣は、副総理の在職歴代 1位を既にマーク。菅 内閣官房長官も、官房長官の在職歴代 1位となっています。

 安倍 内閣は、来月に消費税を 10%に引き上げ、食料品などに初めて軽減税率制度が導入されます。どうせなら麻生副総理が総理だった頃の様に、景気対策で全国民へ幾ばくかの(笑)金員を配ればとも思いますが、ややこしいポイントサービスや対象外なプレミア商品券だけのようです。そして商業に従事する方々にとって、さらにややこしい税率計算が待ち構えています。

 ダブル選のカードを切らずに参院選を勝利した安倍 首相は、最も難しい政策とされる消費税アップを、まもなく決行します。税率計算のトラブルが頻発する恐れは多分にある中で、最も懸念される消費の冷え込みが、その軽減税率制度でカバーできるのか? そして今回の改造内閣で、憲法改正に本格着手するのか? 安倍 首相の政治日程にも注目が集まっています。

第857回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ
    ♪編曲は Tempalay。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    安藤裕子「鑑」
    BSテレ東・土曜ドラマ9「W県警の悲劇」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    OKAMOTO’S「新世界」

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング


 あの都道府県別対抗戦的な番組(笑)を視ていないからか、みのもんた 氏の姿をテレビから見掛けなくなりました。AbemaTVで担当していた配信番組は 6月で終了となり、ラジオからもレギュラーが無くなってしまいました。例の(笑)水道メーター会社があるので、食うには困らないと思いますが、みのもんた 氏が姿を消していくと、なぜか一抹の寂しさを覚えます。

 テレビに出まくっていた全盛期から去り行く存在なのに、とても今の状態が気になるのは、みのもんた 元QR文化放送アナウンサーが、私にとって 洋楽の師匠 だからなのです。小学生の頃に聴いた「オール ジャパン ポップ20」で、洋楽に興味を持ちました。当時のDJが、みのもんた アナ と 高橋小枝子 アナで、ランキングに入っていた曲が、私の洋楽の原風景なのです。

 オール ジャパン ポップ20 は、火曜会(地方民間放送共同制作協議会)制作による、日本最大のヒットチャートと自称するほどの番組でした。全国の民間放送 31社(当時)に寄せられたリクエストなどのデータを、コンピューターで集計してベスト20を発表します。全国歌謡ベストテンの洋楽版で、順位の他に 3桁から 4桁の得点も独自に放送していました。

 そして後から気づいたのですが、地方局など正味 1時間フルで放送していたバージョンは、21位から 40位までのランクも紹介していました。ですからオール ジャパン ポップ20では、全国歌謡ベストテンより 10曲多いランクを集計していたのです。ただ当時私が日曜日の午前 11時から聴いていたQR文化放送のバージョンでは、20位までの発表でした。

 テーマ音楽は、The Monkees “Star Collector” のイントロ・間奏部を使っており、20 ~ 11位を 初登場・上昇曲を中心にオンエアー。10 ~ 4位までは 全曲、そしてベスト3は「AJP~ナンバースリ~」とサウンドステッカー付きで流れていました。そして番組のジングルよりも印象深い「みのみの~もんた、みのもんた、パッ♪」は、今でも忘れられません(笑)。

 聴いていた頃は、音楽チャート番組にも係わらずラジオドラマ的な要素があり、みの アナ と 高橋 アナがシチュエーションを毎週変えて軽く演じながら、20位から発表していくという風変わりなフォーマットでした。きちんと台本が存在していたと思います。要所で演じながら、得点や各局の順位まで紹介してカウントダウンするのですから、ふたりの技能は凄いものです。

 あの頃のQR文化放送の女性アナウンサーは、高い演劇センスを有する方が多く、同じくオールひらがな(笑)な、いぬいみずえ アナは、洋楽番組「カム・トゥゲザー」で、みの アナとの掛け合いが抜群でした。高橋小枝子 アナも そんな演劇センスを有するひとりです。オール ジャパン ポップ20の様なドラマテイストの構成は、とても普通の女性局アナに勤まりません。

 高橋小枝子 アナは、近年まで地元AMのニュース番組で声が聞けましたが、なんとQR文化放送女性アナで初の定年退職をされたそうです。そのパーティには、みの 氏も出席したという逸話が伝わっています。オール ジャパン ポップ20は、みの・小枝子時代の後、タレントDJが担当していきますが、やはり黄金期は、みの・小枝子の局アナコンビでした。

 私が洋楽に目覚めたのは、The Beatles が解散した後でした。Wings “Jet” そして John Lennon “Mind Games” 。好対照の 2曲が、オール ジャパン ポップ20の上位を席巻していました。そのベスト20のランキングを、なぜか小学校国語の学習帳を横書きにして、辿々しいカタカナ表記で記録していたのを、今でも覚えています(笑)。

 オール ジャパン ポップ20は、小学から中学の時期のみリスナーで、中学からは、全米トップ40や、在日米軍放送FENへ移ってしまいました。されど私の洋楽の師匠は、みのもんた アナであり、高橋小枝子 アナなのです。当時の「オール ジャパン ポップ20」は、本当に楽しい洋楽チャート番組でした。みのみの~もんた、みのもんた、パッ♪ バイバイ~バイバイ~♪

第858回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]
    ♪P.に和声を感じさせる旋律も美しい劇伴佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    OKAMOTO’S「新世界」


 大河ドラマ史上最低の視聴率を記録してしまいました。8月25日 第32回「独裁者」の視聴率が僅か 5・0%と、制作スタッフの責任問題が必至となっています。そこから少し盛り返して 22日 第36回「前畑がんばれ」は 7・0%でしたが、年間平均を論ずるまでもなく、もはや「いだてん」に、大河ドラマとしてワースト作品の烙印を押されるのは確実です。

 ただ私個人の意見ならば「いだてん」は、上質で面白いと思います。毎週欠かさず視ています(笑)。ただ何十年も大河ドラマを視続けている私としての意見となると「いだてん」は、大河ドラマとして失格です。以前 2008年の「篤姫」で、シナリオに歴史感が欠けていると酷評した事がありましたが「いだてん」には、歴史感そのものが存在しないのです(笑)。

 間違いなく言えますが、脚本の宮藤官九郎は、日本史 そして 世界史の勉強が大嫌いだったに違いありません(笑)。まるで一夜漬けでテストの赤点回避の様な(笑)知識が垣間見えてしまいます。今回の放送でも、まだ戦前の描写なのに、台詞に国会という語彙が出てきました。開設の詔で國會と呼称されても、あくまでも国会は戦後の呼称であって、戦前は 帝国議会なのです。

 そして宮藤官九郎は、落語が大好きだと言う事も、簡単に理解できます(笑)。NHKから好きな様にシナリオを組み立てていいと、御墨付きをもらったからだと思いますが、自分の偏狭な興味をオリンピックと強引に結びつけてしまっては、長年の大河ドラマ視聴者に強い違和感を覚えさせ、結局 視聴習慣を切ってしまう事は自明の理なのです。スタッフの責任は 免れ得ません。

 せめて今後の大河ドラマは、歴史の勉強が大嫌いだったシナリオライターには、脚本を担当させないで欲しいものです(笑)。今回の様な人選が続けば、大河ドラマがぶっ壊れる(笑)事に繋りかねません。宮藤官九郎が所属している大人計画には、いい役者が沢山揃っているのに、連座して今後の大河出演が難しくなってしまうなら、こんなに残念な事はありません。

 ただもう一度言いますが、通常のテレビドラマとしてならば「いだてん」は 面白いです。受信料をとらず、CMを付けて民放で放送していたらと思いますが、NHK総合の日曜夜 8時では、全く通用しませんでした。やっちまった感(笑)だけは、大河史上最高の宮藤官九郎脚本「いだてん ~ 東京オリムピック噺」が、予定の最終回まで放送が続く事だけを(笑)期待しています。

 NHK大河ドラマ「いだてん ~ 東京オリムピック噺」22日 放送・第36回「前畑がんばれ」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ ビートたけし / ○ 阿部サダヲ → ○ 中村勘九郎 → 桐谷健太 → 斎藤工 → 三浦貴大 → 大東駿介 → 上白石萌歌 / 杉咲花 → 仲野太賀 / △森山未来 → 神木隆之介 → 橋本愛 → 荒川良々 → 峯田和伸 → 川栄李奈 / △ トータス松本 → きたろう → イッセー尾形 / ○ リリー・フランキー → △ 三宅弘城 → △ 皆川猿時 → △ 塚本晋也 → △ 薬師丸ひろ子 → ◎ 役所広司 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に 1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。