FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第842回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    家入レオ“Prime Number”
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  4. 第 4 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」テーマ音楽 [Sean Callery]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    SIGN“TENDRE”
    ♪アンビエント的で聞き流してしまう嫌いはあるが、多楽器の調性は整っている佳曲。


 衆参ダブル選挙は、1980年 と 1986年の過去 2回ありました。いずれも学生時代に全国翌日開票になった開票速報を視聴した経験があります。本来ならば即日開票の時間帯に、NHK・民放共に通常の番組を放送し、夜の定時ニュースでは、投票が終わり 全国の投票所から厳封された投票箱が、開票所へ移送されているとだけ報道されていました。

 当時は 出口調査が全く普及していませんので、まるで まだ投票が続いているかの様な、実に静かな投票日の夜でした。そして夜が明け、NHK総合が朝ドラを終えた午前 8時半頃から、各局で一斉に開票速報特番が始まったのです。当時の衆議院総選挙は 1票制でしたので、まず午前中に衆議院総選挙の大勢が判明し、午後から参議院通常選挙の結果が出ました。

 ただ過去 2回の衆参ダブル選挙は 共に、お昼前の段階で自民党が衆議院総選挙で歴史的な大勝をした事が判明し、午後の参議院開票が、なにか消化試合(笑)の様な雰囲気だったのを覚えています。2回とも茨城県に居住していた頃ですが、茨城県でも、そして現在居住している長野県でも翌日開票を行ったのは、この衆参ダブル選挙だけでした。

 そして開票した投票箱は、3つから 4つでした。3つの場合とは、最高裁国民審査用紙を 衆議院総選挙の投票箱に入れてしまう、投票箱の共用(笑)も認められていたからです。そして 2019年、衆議院は 2個、参議院も 2個、そして最高裁と、同日ダブル選挙を行うならば、5つの投票箱が必要になります。さらに開票所では、5連続の開票作業を行わなければなりません。

 長時間を要する 5連続の開票作業を行うとなれば、当然また全国翌日開票となるはずです。ところが、最高裁国民審査には 経過速報が求められていません。また 30年の歳月を経て、開票作業は スピードアップしています。大阪市では 4月に、知事・府議・市長・市議の同日選挙となり、4連続の即日開票作業を朝までに どうにかこなしています。

 それに出口調査が普及してしまった現代では、もし午後 8時に出口調査を発表してしまって、その夜に即日開票が行われないとなると、出口調査の結果が根拠ないまま蔓延してしまう、奇怪な現象が投票日の夜に、全国のテレビ・ラジオで起きてしまいます。全国の市町村選管に大きな負担は避けられませんが、今や衆参ダブル選挙でも 全国即日開票が可能だと思われます。

 参議院の任期満了が近づき、衆参ダブル選挙を決行するならば、国会会期中の衆議院解散が必要です。19日頃には党首討論が予定されており、G20大阪サミットが 28 ~ 29日に開催されます。節目はそのあたりかと思われますが、もし全国即日開票で衆参ダブル選挙が決行されるならば、我が国放送史上かつてない究極の開票速報特番が夜通し放送されるはずです。


(追記) 安倍 首相は、結局衆議院解散を決断せず、2019年(令和元年)に衆参同日ダブル選挙は行われませんでした。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。