FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第74回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]
    ♪2トラックだけだが昼ドラの域を超える素晴らしい劇伴。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    RYTHEM「万華鏡キラキラ」
    TSB 日テレ・ドラマ「光とともに‥」主題歌


 断続的にテレビ番組 録画テープの整理を続けています。約300本あるテープの内まだ半分にも達していません(笑)。

 VHSのビデオテープの中にはカビが発生している物もあり、早送り・巻き戻しをしてしまうと、ビデオデッキの中にカビが撒き散ってしまいます。よくチェックしながら整理をしているので かえって時間が かかります。

 今週は その整理の傍らギャグアニメの最高傑作「天才バカボン・第1テレビシリーズ」(よみうりテレビ・1971年10月 ~ 1972年 3月・本放送)を ひさびさに視てみました。

 やはりルパン三世が故・山田康雄 氏であるのと同様、事実上の主役(笑)「バカボンのパパ」の声優は故・雨森雅司 氏しか考えられません。

 雨森雅司 氏は、海外ドラマ等でシリアスな犯人などの吹き替えも数多くこなしてきました。されど この「バカボンのパパ」こそ、第1回 放送から神がかっていた(笑)まさにハマリ役でした。

 「天才バカボン・第1TVシリーズ」は30分で2つのエピソードが放送されます。「読み切り」の内容でシリーズ後半になると「バカボンのパパ」の独壇場(笑)と言い切れるストーリーが連発しています。

 小学生の頃 平日 午後6時からの再放送で、繰り返し このシリーズを視た記憶があります。全編を貫く「心地よい不条理」は何度視返しても決して色褪せません。

 私は「スキーがなくてもヤッホーなのだ」と言う話(笑)が好きなのです。

 スキー板など持たないスキー初心者のバカボンとパパが、同宿した生意気なスキー上達者から偶然の積み重ねとはいえ、スキー板や予約した旅館のサービスなど全てを奪い去ってスキーを楽しみます。

 訳も分からず落胆して帰路へ着くスキー上達者にバカボンとパパが同情し、そのスキー板一式を与え感謝の号泣までされる その筋書きは、美しささえ漂う不条理劇です。

 また「パパは会社でコニャニャチハ」というエピソードも強烈な印象があります(笑)。

 なぜかパパが航空機を製作する会社に就職。エンジンテストの係として採用された新人社員のパパは、社員達から軽蔑と悪意を受けます。ところが それらを超越したパパの天然な破天荒さで、あっという間に会社は経営危機に陥ります(笑)。

 自暴自棄の社長は次期社長に なんとパパを指名。パパは「会社で何をやってもいいのだ!」と高らかに宣言(笑)。会社内は大混乱と鬱憤ばらしの破壊に突入してしまいます。

 そして退社時間に社内放送から蛍の光が流れ、破壊しつくした会社は倒産。パパは「楽しかったのだ」と会社を去っていく実にシュールな物語です。

 昔の3倍速で画質も悪いのですが、約30エピソードほどの録画テープが見つかりました。

第75回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    TSB 日テレ・火曜サスペンス劇場「警視庁鑑識班17」テーマ音楽 [川村栄二]
    ♪サックスとストリングスの見事なアンサンブル。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]


 11日に「金星の日面通過」がありました。

 地球的規模では 1882年12月以来 122年ぶり。日本では実に 130年ぶりとなります。

 太陽と地球の間には水星と金星、ふたつの惑星があります。この ふたつの惑星は、地球から見掛け上 太陽を通過する時があり、これを日面通過あるいは太陽面通過と言っています。

 「水星の日面通過」は数年に1回程度あり、観測をしても大きさは それほどでありません。しかし「金星の日面通過」は水星と比較にならないほど大きく、まるで「動く巨大黒点」の様に黒色観測用眼鏡を使えば肉眼でも視られます。

 そして その周期は長く、かつ ややこしく(笑)基本的に 243年をワンサイクルとして2回 日面通過が観測できます。この2回は およそ8年おきですが、100年以上の間隔が空く時もあります。

 「空く時」といっても、例えば紀元前 539年から西暦 546年までは 100年以上の間隔。また約8年間隔へ戻り、西暦 2846年以降になると再び 100年以上の間隔。但し周期は 243年と、気が遠くなる様ほど ややこしい話です(笑)。

 とにかく(笑)「前回」の金星の日面通過は 1874年12月と 1882年12月。今回は今月11日で「次回」は 2012年。その後の金星の日面通過は 2117年12月と 2125年12月。まとめると(笑)100年以上待たせて立て続けに2回やってきます。

 つまり生涯1度いや2度(笑)あるかどうかの稀有な天文現象が「金星の日面通過」なのです。

 また毎回 全世界で視られるという事でもありません。幸いにも日本本土において、今回の周期では両方とも観測する事が出来ます。ですが私の住んでいる長野市内では朝からの雨で、今回の金星の日面通過を観測する事はできませんでした。大変残念です。

 私は、日食・月食・金星や水星の日面(太陽面)通過という天体現象が大好きで、この「金星の日面通過」を楽しみにしてきたのです。しかし、夕方のテレビニュースやネット中継でしか観られませんでした。

 次の「金星の日面通過」は 8年後の 2012年 6月 6日。私の生涯ではラストチャンスです。ちなみに皆既月食は何回か観ており、最初に視たのは小学生の時で あの「真っ赤な月」には心から感動しました。

 私はまだ「皆既日食」は視た事がありません。次回 国内の皆既日食は、2009年 7月22日に奄美で観る事ができます。

 そして ここ信州で視られる皆既日食は 2035年 9月 2日。能登半島から長野県、そして茨城県へ皆既帯が抜ける本州縦断 皆既日食です。やはり生涯でワンチャンスとなります。


(追記) 週間放送視聴日記(2012年 6月 8日)に、2回目の金星の日面通過を掲載しました。

第76回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]
    ♪1位 2週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    普天間かおり「祈り prayer」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」6 ~ 7月 オンエアー曲
    ♪歌謡曲的旋律だが若草恵の練達したアレンジ。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]


 FM長野は、開局15年目を経過し大規模な放送設備更新が必要となってきました。大規模な放送設備更新には多額の経費が必要です。

 松本本社スタジオへは特急あずさ。長野市IVYスタジオへは新幹線と、在京のラジオ タレントやスタッフが「日帰り」で通えるためか、例えば北陸圏のJFN加盟局と比較して、自社制作番組スタッフの外部招聘比率が高くなっています。

 開局当時の自社制作番組「マイ・ハーティ・タイム」は大岩堅一アナ がディレクターも兼務し、自ら調整卓を操作しながらアメリカンDJスタイルで放送。月曜から金曜まで 5日間連続 約2時間の生ワイドを、女性アシスタントとアルバイトひとりずつだけの体制でオンエアーしてきました。

 その様にFM長野の草創期を一生懸命支えてきたのです。やはり この原点を忘れず、平日 朝・夕の帯ワイドに関して もう少し局の社員アナウンサーへ、他のJFN加盟局同様レベルの放送担当時間が与えられても良いと思います。

 長野県の人口動態は全国平均と比較しても高齢化が進んでおり、当然その長野県をサービスエリアとするラジオ局は、人口動態にリスナーターゲットがスウィングしなければならないはずです。

 しかし、この様な幅広いリスナーターゲットを こなせる、生ワイドなどの長期視野に立った自社制作番組は、現在あまり新規開発されていない印象があります。

 身体がしっかりしていれば(笑)これから何十年もFM長野リスナーであり続ける事になる私としては、少しずつ本当の意味での「自社制作」番組が増える方向を望んでいます。私の様な希望を持っている県内リスナーは決して少数派でないはずです。

 FM長野がビデオリサーチ社に発注している聴取率調査の対象年令を、39才までとしている点も前述の人口動態から少し疑問があります。もう少し長期的な視野と それらが明確に表現された番組編成が、FM長野に必要な気がします。


(追記) 2005年の聴取率調査から 49才までを調査対象に拡大。2007年から長野県地区の聴取率調査は 12才から69才までの「共同調査」になりました。

第77回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    普天間かおり「祈り prayer」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」6 ~ 7月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌
    ♪1位 2週、登場10週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    一青窈「あこるでぃおん」
    NHK教育・福祉情報番組「福祉ネットワーク」オープニング テーマ曲
    ♪冒頭30秒で番組の主題を伝える素晴らしいタイトルバック。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]


 2004年は上半期が終了し、折り返し点が近づいています。そこで『2004 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。

 年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 まず年間ランキング(上半期順位)の選曲条件は、1月第1週から12月最終週(6月最終週)までの「週間選曲リスト」においての 1位楽曲に限ると設定しました。それ以外の楽曲は『年間ランキング』に選曲できません。 

 次に期間内の「週間選曲リスト」で 1位を最も長く記録した楽曲が、年間(上半期)1位と自動確定します。

 そして年間(上半期)2位から5位までは、まず1位週数のデータを軸として 年間ランキング(上半期順位)の選曲条件をクリアした楽曲の中から改めて選曲し直し、1位週数・登場週数を参考データとしながら、独自性の高い順位決定をしていきます。この場合 得点集計などの数理優先主義は採用しません。

 この並立した基準により、レギュラーの「週間選曲リスト」と同じく5曲だけ選曲し、年間(上半期)順位を確定・決定していきます。

 インストゥルメンタルの劇伴音楽群が上半期1位となるのも、この「週間選曲リスト」の大きな特徴です。

 上半期 1 位には、ドラマ「白い巨塔」劇伴音楽が選曲されました。

 【1位10週 登場14週】

 今年の上半期順位は、選曲条件をクリアした楽曲 10曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2004 上半期順位


  1. 第 1 位 (10)
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  2. 第 2 位 ( 3)
    茉樹代「桜咲くまで」
    SBC MBS・ドラマ30「桜咲くまで」主題歌

  3. 第 3 位 ( 4)
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  4. 第 4 位 ( 2)
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンス ドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( 2)
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2004年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。