金星の日面通過 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第75回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    TSB 日テレ・火曜サスペンス劇場「警視庁鑑識班17」テーマ音楽 [川村栄二]
    ♪サックスとストリングスの見事なアンサンブル。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]


 多くのニュース メディアでも取り上げられましたが、11日に「金星の日面通過」がありました。地球的規模では 1882年12月以来 122年ぶり。日本では実に 130年ぶりとなります。

 太陽と地球の間には水星と金星、ふたつの惑星があります。この ふたつの惑星は、地球から見掛け上 太陽を通過する時があり、これを日面通過あるいは太陽面通過と言っています。

 「水星の日面通過」は数年に1回程度あり、観測をしても大きさは それほどでありません。しかし「金星の日面通過」は水星と比較にならないほど大きく、まるで「動く巨大黒点」の様に黒色観測用眼鏡を使えば肉眼でも視られるそうです。

 そして その周期は長く、かつ ややこしく(笑)基本的に 243年をワンサイクルとして2回 日面通過が観測できます。この2回は およそ8年おきですが、100年以上の間隔が空く時もあります。

 「空く時」といっても、例えば紀元前 539年から西暦 546年までは 100年以上の間隔。また約8年間隔へ戻り、西暦 2846年以降になると再び 100年以上の間隔。但し周期は 243年と、気が遠くなる様ほど ややこしい話です(笑)。

 とにかく(笑)「前回」の金星の日面通過は 1874年12月と 1882年12月。今回は今月11日で「次回」は 2012年。その後の金星の日面通過は 2117年12月と 2125年12月。まとめると(笑)100年以上待たせて立て続けに2回やってきます。つまり生涯1度いや2度(笑)あるかどうかの稀有な天文現象が「金星の日面通過」なのです。

 また毎回 全世界で視られるという事でもありません。日本本土において、今回の周期では両方とも観測する事が出来ます。この様な複雑な予測計算が可能な天文学こそ、現代において成熟し切った科学分野とも言えます。

 次の「金星の日面通過」は 8年後の 2012年 6月 6日です。日の出 日の入りや月の出 月の入りを、変わりなく日々繰り返していますが、地球上から見上げる天体運行は、実に奥深いものがあるのです。


(追記) 2012年 6月 6日に再び「金星の日面通過」がありました。仕事をしながら好天に恵まれた広島市こども文化科学館で配信していた、黒点まで はっきり見える見事なライブ中継をネットで観ていました。

 8年前に書いた このリストを、この数週間たくさんの方にアーカイブして頂きました。本当に ありがとう ございます。日面通過が起こる実に ややこしい周期(笑)から、次回は 2117年12月11日。約105年後になります。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年06月11日 の週間選曲リストと『 金星の日面通過 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。