天才バカボン 第1テレビシリーズ - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第74回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]
    ♪2トラックだけだが昼ドラの域を超える素晴らしい劇伴。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    RYTHEM「万華鏡キラキラ」
    TSB 日テレ・ドラマ「光とともに‥」主題歌


 断続的にテレビ番組 録画テープの整理を続けています。約300本あるテープの内まだ半分にも達していません(笑)。

 VHSのビデオテープの中にはカビが発生している物もあり、早送り・巻き戻しをしてしまうと、ビデオデッキの中にカビが撒き散ってしまいます。よくチェックしながら整理をしているので かえって時間が かかります。

 今週は その整理の傍らギャグアニメの最高傑作「天才バカボン・第1テレビシリーズ」(よみうりテレビ・1971年10月 ~ 1972年 3月・本放送)を ひさびさに視てみました。

 やはりルパン三世が故・山田康雄 氏であるのと同様、事実上の主役(笑)「バカボンのパパ」の声優は故・雨森雅司 氏しか考えられません。

 雨森雅司 氏は、海外ドラマ等でシリアスな犯人などの吹き替えも数多くこなしてきました。されど この「バカボンのパパ」こそ、第1回 放送から神がかっていた(笑)まさにハマリ役でした。

 「天才バカボン・第1TVシリーズ」は30分で2つのエピソードが放送されます。「読み切り」の内容でシリーズ後半になると「バカボンのパパ」の独壇場(笑)と言い切れるストーリーが連発しています。

 小学生の頃 平日 午後6時からの再放送で、繰り返し このシリーズを視た記憶があります。全編を貫く「心地よい不条理」は何度視返しても決して色褪せません。

 私は「スキーがなくてもヤッホーなのだ」と言う話(笑)が好きなのです。

 スキー板など持たないスキー初心者のバカボンとパパが、同宿した生意気なスキー上達者から偶然の積み重ねとはいえ、スキー板や予約した旅館のサービスなど全てを奪い去ってスキーを楽しみます。

 訳も分からず落胆して帰路へ着くスキー上達者にバカボンとパパが同情し、そのスキー板一式を与え感謝の号泣までされる その筋書きは、美しささえ漂う不条理劇です。

 また「パパは会社でコニャニャチハ」というエピソードも強烈な印象があります(笑)。

 なぜかパパが航空機を製作する会社に就職。エンジンテストの係として採用された新人社員のパパは、社員達から軽蔑と悪意を受けます。ところが それらを超越したパパの天然な破天荒さで、あっという間に会社は経営危機に陥ります(笑)。

 自暴自棄の社長は次期社長に なんとパパを指名。パパは「会社で何をやってもいいのだ!」と高らかに宣言(笑)。会社内は大混乱と鬱憤ばらしの破壊に突入してしまいます。

 そして退社時間に社内放送から蛍の光が流れ、破壊しつくした会社は倒産。パパは「楽しかったのだ」と会社を去っていく実にシュールな物語です。

 昔の3倍速で画質も悪いのですが、約30エピソードほどの録画テープが見つかりました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年06月04日 の週間選曲リストと『 天才バカボン 第1テレビシリーズ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。