FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第73回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌
    ♪編曲は 林有三。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲
    ♪音を探る様な転調が美しい旋律と一体化した佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    白鳥マイカ「こわれ者」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌


 小泉 首相再訪朝による第2回「日朝首脳会談」が、22日 行われました。小泉 首相は、再訪朝にあたり決意を明らかにし、拉致された 3家族 計 8名の帰国と、安否不明者 10名の消息確認に期待が高まりました。しかし、蓮池薫・地村保志 さんの家族 5名は、即日帰国が実現。曽我ひとみ さんの家族の帰国は、今後協議を続けるという結果になりました。

 2002年 9月の第1回 日朝首脳会談では、日朝共同宣言に署名し、拉致被害者の内、地村保志 さん、浜本富貴恵 さん、蓮池薫 さん、奥土祐木子 さん、曾我ひとみ さん 計 5名が解放。そして今回さらに 5名の家族が帰国出来ました。解放された拉致被害者の残る家族や、まだ行方不明である拉致被害者全員の家族を含めた帰国は、日本の主権にも係わる重大な懸案です。

 東京からピョンヤンへ直行便は、約 3時間で到着します。当日は首相専用機が早朝ピョンヤンへ向う離陸前から、テレビ各局で特設ニュース・報道特別番組が断続的に続きました。会談の内容に関する詳しい情報は 殆ど伝わらず、小泉 首相と金正日 総書記が握手をするスチール写真や ビデオのみ公開になるだけで、公式発表といえば 会談の開始・終了の時間だけでした。

 また北朝鮮の国営放送である朝鮮中央放送や、対外同胞向けの平壌放送などでも、日朝首脳会談の途中の様子などは、一切報道されません。全体主義国家のメディアは、この様な場合 途中経過の速報はせず、終了後自国の宣伝価値が確認出来た上で報道を始めるものです。娯楽番組や スポーツ中継に至るまで、その方針が貫かれています。

 そして午後4時前に、日朝首脳会談の結果が判明。テレビ全局やAMラジオ局に加えて、TOKYO FMも報道・情報センターから全国ネット番組で、FM長野を始めJFN各局へ速報が流れました。国民の安全と平和を「維持」していく政策的判断の積み重ねも重要ですが、ぜひとも小泉 首相には、一日も早い拉致被害者全員の帰国を実現してもらいたいものです。

 夜9時過ぎ、蓮池・地村 さんの ご子息がピョンヤンから羽田空港に到着し、テレビ各局は 再び通常番組を変更、特設ニュースや報道特別番組で その模様を伝えています。小泉 首相も帰国直後に、拉致家族との報告会に出席。厳しい意見交換の様子が報道されています。前回に引き続き異例の「日帰り」外交日程でしたので、会談のニュースが集中的に報道がされた一日でした。


(追記) 紹介したJFN速報の録音はデジタル化し、MP3ファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年05月28日 の週間選曲リスト と『 第2回 日朝首脳会談 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。