FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第72回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]

  2. 第 2 位 ( △ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    白鳥マイカ「こわれ者」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・NHKスペシャル「地球大進化」テーマ音楽 [土井宏紀・鋒山亘]
    ♪優れたドキュメンタリーの演出に合致したテーマ音楽。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」が大脱走を謀りました(笑)。2時間ほどの留守の間に、かめクン は飼育ケースを抜け出し、どこを探しても見つからない完全な行方不明。帰宅後 1時間近くに渡り懸命な捜索の結果、なんと 2部屋先の家具と壁の僅かな隙間に、タテになって潜んでいた かめクン を やっと発見しました(笑)。

 タイーホの後 かめクン は、お腹が減ったのか戻された飼育ケースの中で ちゃっかり「エサくれガチャ」をしていました(笑)。かめクン は、この家に10年以上住んでいますので、過去 何度もの脱走から部屋の間取りなどを完全にマスターしている様です(笑)。

 ひと仕事 終えた感じの元気な かめクン を横目に、飼い主は捜索の最中「ギックリ腰」になってしまい、だいぶ進行してしまいました。毎日 何回かインドメタシン配合の湿布薬を貼り替えていますが、物を持って歩く時など相当痛いです。かめクン 大脱走の際、捜索で長時間慣れない中腰の状態を続けていましたので、それが原因だと思います。

 直後は腰に違和感を感じる程度でしたが、数時間したら立ち座りで痛みが走る様になり、それから先は もうあきません(笑)。湿布薬を貼ると不思議なもので、痛みの個所が湿布薬から逃げ回る感じ(笑)になり、足の腿のほうまで痛くなる事もあります。

 私は、過去何回もギックリ腰をやっています。高校生の頃が1回目という早熟(笑)で、その時 既に数日の寝たきり療養生活を経験しています。それから 4 ~ 5年周期でギックリ腰がやってきます。まるでオリンピックイヤーみたいです(笑)。

 病院に行くべきなのかも知れませんが、毎回 市販薬と休養で治してきました。我が家では、相当量のシップ薬を常備しています。正直に言って無理に通院するより、急激期 数日間の完全休養が大切です。とにかく今までの経験から、やはりギックリ腰は季節の変わり目が多く要注意です。

 かめクン の脱出劇のせいで、飼い主はギックリ腰になってしまいましたが、飼い主がイタイタと声を上げても、かめクン は、じっと凝視しているぐらいが関の山です(笑)。かめクン は、甲羅がありますが、腰はないので羨ましいです(笑)。ギックリ腰がひどい時は、まるで かめクン の様になり這って移動します(笑)。

 ギックリ腰は、体をひねったりした時に起こるものです。結局は、腰周囲の筋肉の一部が切れている事も多いそうです。ギックリ腰に罹患すると、歩くたびに振動で腰から激痛が走ります。そのため ゆっくり静かにしか歩けなくなります。

 私の様な「ギックリ持ち」で苦労している方は 大変多いと聞きます。やはり長時間のデスクワークなどはギックリ腰に大敵で、軽く体を動かして運動したり、背筋を伸ばしてウォーキングするのも大切だそうです。ご愛読者の皆様も、季節の変わり目の「ギックリ腰」には どうぞお気を付け下さい。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年05月21日 の週間選曲リスト と『 ギックリ腰 進行中 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。