FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第71回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    白鳥マイカ「こわれ者」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌
    ♪母譲りの感性あるヴォーカルにマッチしたアレンジ。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]
    ♪前シリーズからアレンジは変わったが優れた和声感。


 今週も週間選曲リストで 1位に選曲されたSBC信越放送(TBS系)の報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽。その楽曲を特定し得る表示が「音楽制作者 不詳」のままになっています。

 毎週ブログで公開している週間選曲リストは、計らずも養ってしまった私の音楽の和声感と調性感に基づき、FMラジオ放送のCDオンエアー曲はもちろん、例えテレビドラマで使われた劇中効果音楽(劇伴音楽)や、ニュースの冒頭に流れるテーマ音楽であっても、美しい音楽ならば 果断に選曲しています。

 この「JNN報道特集」テーマ音楽の様に、僅か10秒のインストゥルメンタルでも、美しい音楽ならば、週間選曲リストで1位になります。

 週間選曲リストでは、選曲された音楽の制作者を出来る限り公開して、素晴らしい制作の仕事は伝えていこうと考えています。ですから、リストイン当時の楽曲を特定し得る表示は「音楽制作者 不詳」でも、制作者が判明すれば、その時点で遡って修正・追記します。

  そこで「JNN報道特集」テーマ音楽を誰が作曲・編曲したのか? 調べてているのですが解りません。現在番組のHPからメールで問い合わせているのですが、全く返事はありません。

 もし この週間選曲リストへ未来からアーカイブされても、まだ「音楽制作者 不詳」表示が出ていましたら、やはりアーカイブされた時に至るまで「音楽制作者 不詳」は、続いている事となります。

 だいだい この「JNN報道特集」など報道番組への問い合わせは、放送内容に関する意見やクレームが ほとんどです(笑)。僅か10秒のテーマ音楽の作曲者は誰か? といった問い合わせ自体が、珍しい事なのかも知れません。

 しかし、NHKに同様の問い合わせをすると、視聴者センターは きちんと対応します。1週間程度の時間をかけても調べて回答します。

 最近のTBSさんは、1970年から1980年代にかけての全盛期と比較して、少し番組制作も粗く余裕がなくなっています。魅力的な看板番組も減ってきました。

  1990年 ソ連のソユーズで、TBS記者の秋山豊寛 氏が宇宙飛行士となり、日本人初の宇宙飛行を勝手に(笑)してしまう放送プロジェクトがありました。 あの辺りからTBSは、少し独善的になって来た気もします。

 そして やはりTBSは、1996年のオウムビデオ問題が、まだ尾を引いている感じを受けました。同年 4月30日の「視聴者の皆様へ」と題した謝罪放送、そして放送休止は、テレビメディアとして極限の処分を自ら下した結果でした。

 この様な音楽制作者に関する問い合わせに対して、誠実に答えるか否かで、放送局の番組制作サイドのスピリッツと実際の能力との乖離の有無も垣間見えるのです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年05月14日 の週間選曲リスト と『 音楽制作者 問い合わせへの対応 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。