FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第624回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( △ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC TBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」オープニング タイトル曲 [阿南亮子]
    ♪僅か30秒で表現しているが粒立つ様なストリングス佳曲。NHKオンデマンドで視聴。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]


 先週は、ドラマ「深夜食堂」について書きましたが、もう1本 取り上げたいと思います。NHKBSのプレミアムよるドラマ「徒歩7分」です。以前 少し紹介した「植物男子ベランダー」と、同じ深夜時間帯の放送枠なのですが、実に個性的な面白いドラマでした。

 主役の黒崎依子(田中麗奈)は、コミュニケーションが苦手で友人もない 32歳 無職の女性です。生まれて初めて実家を離れ、アパートで一人暮らしを始めます。しかし、将来に展望がある訳ではなく、日々をダラダラ過ごしてしまいます。

 依子は 時間を持て余し、隣室の女・咲江(菜葉菜)の会話や生活音を盗み聞き(笑)。ダラダラが究極の形になり、室内を立ち上がって歩く事もせず匍匐前進(笑)。外出したかと思えば 元カレ(福士誠治)の家に押し掛け、半ばストーカー行為と どうしょうもない女性なのです。

 なんじゃこりゃ(笑)と視ていた その第1話で、私が個人的に強烈な印象を受けたのは、部屋の時計が 夜11時過ぎを差す頃、隣室の盗み聞きと睡魔が渾然と混じり合い依子の口から出てきた鼻歌なのです(笑)。

 「わたしは~なにをしてるんでしょう~」と唄い出したこの鼻歌は、撮影中に田中麗奈が即興で唄ってしまったとしか思えない様にみえますが、歌詞と旋律が妙に計算されている曲で(笑)今までにない異質な放送音楽として、頭の中に こびりついてしまったのです(笑)。

 私は この様なブログをやっていますから、放送から流れる音楽を大切に、楽器の和音を ひとつひとつ聞き取る様に努力してきました。その長年培ってきた音楽和声感と調性感から、この田中麗奈の鼻歌は、まるでエイリアンに襲撃されたかの様な感じを受けました(笑)。

 もちろん週間選曲リストには リストインさせませんでしたが(笑)第1話を視てから数日間は、この鼻歌が頭の中から離れず駆け巡っていました(笑)。

 実は このブログで、2003 ~ 2004年のドラマ「白い巨塔」のCMで流れた広末涼子の鼻歌を褒めた事がありました。もう11年前の話ですが、巡りめぐって今度は、女優・田中麗奈の鼻歌にやられるとは思ってもいませんでした(笑)。

 その後 依子を以前の彼女と勘違いした、田中圭 演ずる誤想ストーカーの田中靖夫 くんに、依子は すっかり気に入れられ、なんと下の階に引っ越して来られたり、その誤想ストーカー騒動がきっかけで、盗み聞きしていた隣室の咲枝(菜葉菜)と、仲良くなったりとストーリーは展開していきます。

 そして鼻唄以上の見せ場(笑)が、第5話にやってきます。依子が 軽い気持ちで、トイレ前に立て掛けていた卓上テーブルがロック状態になってしまい、依子はトイレに閉じ込められてしまうのです。

 第5話は、日本のドラマ史上初とも断言できる(笑)閉じ込められたトイレからの生中継的エピソードです。寒さしのぎに便座シートを首に巻いた依子は(笑)約1昼夜近く閉じ込められた末、ようやく田中靖夫 くんに事態が伝わります。

 田中靖夫 くんがトイレの窓から差し入れた唐揚げ弁当を、依子が便器の上で むさぼり食うシーンは これまた強烈で、久々にドラマを視ながら大笑いしてしまいました。

 結局 大家さんから鍵を借りてきた、田中靖夫 くんと咲江に救出されるのですが、恥ずかしさからか「お許しください~」と またトイレに閉じこもってしまいます(笑)。

 誤想ストーカーの田中圭は、昨年の大河ドラマ「軍師官兵衛」で石田三成 役を演じており、その役とは どんなに回転させても180度違う(笑)内気でシャイだけど、妙なところで行動力を発揮してしまうストーカーのセンスある(笑)会社員を演じています。

 とにかく主役は 田中麗奈で、田中圭が演じる誤想ストーカーの役名は 田中靖夫(笑)。ドラマでは、ふたりの会話から田中さんとの呼称が飛び交い、劇なのか現実なのか判り難くさせているシナリオの意図も感じます(笑)。

 「徒歩7分」の作者である前田司朗は、劇団の主宰者で 手掛けたシナリオが第52回 岸田國士戯曲賞を獲得。小説は 第22回 三島由紀夫賞を受賞し、本人も俳優として第3話に登場しています。私も田中麗奈の鼻唄に代表される(笑)過去のドラマにないストーリー構成と、際立つ台詞回しに非凡な才能を感じました。

 この「徒歩7分」は、プレミアムよるドラマとして、1月6日から全8回 毎週本放送していましたが、好評を反映してか 2月3日に既放送5回分を一挙放送したり、最終回を 3月2日に再放送するなど 異例の編成で応じています。

 NHKオンデマンドでも配信されていますので、田中麗奈の鼻歌には ご注意の上で(笑)この「徒歩7分」を、機会がありましたら ご覧頂ければと思います。特に長年 数多くのテレビドラマを視てきて、最近食痛気味の(笑)通な視聴者の皆さんには ぜひお薦めの作品です。


(追記) 作・脚本の前田司朗 氏は、この「徒歩7分」で、第33回 向田邦子賞を受賞しました。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、2月28日に 28万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。

第625回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」テーマ音楽 [阿南亮子]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    Bryan Adams“Run To You”
    スズキ テレビCMソング
    ♪長野地区では再び頻繁にCMが流れている。


 最近久しぶりに経済書を読んでみました。そのタイトルは、静かなブームとなっている「21世紀の資本」(Capital in the Twenty-First Century)。フランス人の経済学者 トマ・ピケティ(Thomas Piketty)が著しています。

 日本を始め現在38の国で翻訳・刊行され、総部数は160万部と世界的なベストセラーとなっています。著者が収集した300年に渡る世界の税務データを基に、富と所得の変動を 歴史的な観点から分析したものです。

 「21世紀の資本」では、特にアメリカ・ヨーロッパ・日本において高所得を稼いでいる上位10%の人達が占める、国民全体の所得に対する割合の分析の記載が注目されています。

 日本の場合、全所得の上位10%の人々の国民全体の所得に対する占有率は、1990年の段階で 30 ~ 35%でしたが、近年では 40%近くにまで達し、不平等を被っている人々が増加していると、まず著書の中で提示しています。

 日本は低成長経済が続いており、全所得の上位10%の人々による この様な所得の寡占状態が続けば 格差社会は拡大し、残りの90%の社会的立場は ますます弱者のグループに類してしまうと示唆を続けます。

 さらに著者は、世界的に見て所得格差が富裕国で大幅に増大しており、上位10%グループの資本の蓄積増加率が、国民の所得の伸びよりも速く、資本市場が完全になればなるほど、資本収益率さえも経済成長率を上回り、逃げ場のない格差拡大のパワーになってしまうと論じています。

 「21世紀の資本」は、現代社会の格差の基因を、経済分析の核心に戻して考え始める時期に来ていると解き、これらの数字との取り組みを拒絶したところで、それが最も恵まれない人の利益にかなう事など、まず有り得ないと結んでいます。

 但し この「21世紀の資本」に対して、米国の有名経済新聞であるフィナンシャル・タイムズ紙は、著者の推計方法やデータが不明瞭で、著者の推計値が高過ぎ格差を誇張していると、独自のデータを紹介しながら紙面で批判しています。

 私も この本を読んで、データの取り方が片面的で推計に誇張を含んでいる点を散見しましたが、著者の主張を完全否定するほどではなく、やはり世界の所得そして富は、上位10%のグループに集中しつつあるという推論に合理性がある印象を受けました。

 しかし、その10%のグループは、全員同じメンバーが永遠に維持される訳ではなく(笑)人間の寿命より圧倒的に短いスパンで、峻烈な利潤至上主義による「入れ替え戦」(笑)があるはずで、そこには富を謳歌する余裕さえ高度な情報化社会では許されないのかも知れません。

 また著者は、格差解消を目的として 世界的な規模での所得徴税の必要性を唱っていますが、著者の指摘よりも 既に18世紀の段階で唱えられたルソーの「社会契約論」あたりでも、その解決法は模索されていて、富の寡占こそ地域紛争より広大な武力闘争の原因となる懸念を訴えるべきだと思いました。

 身近な視点から考察すると、例えばラジオ・テレビの広告費が頭打ちから低迷になっている今、その広告媒体のターゲットは 年齢層の輪切りではなく「21世紀の資本」的に言えば、この90%のグループに間違いないはずです。

 しかし、広告媒体に所得格差を意識した働きかけというのが、どうも欠けている感じがします。特にFMラジオでは、消費性向を 10%グループへの憧憬に結び付けた、単純なイメージ戦略のみが根になっている印象も受けます。

 もはやマルクス経済理論なんぞは、ソ連そしてカンボジアで悲惨な実証結果が出ており、今となっては修正主義での延命しか道はありませんが(笑)資本主義社会に生きる人々にとって、蔓延する利潤至上主義を超えた、血の通うモラルに立脚する新しい価値観が必要な時代は、既に到来している様です。

第626回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」テーマ音楽 [阿南亮子]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    Bryan Adams“Run To You”
    スズキ テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲
    ♪1位 2週、登場18週。


 NHKがラジオ放送を開始してから 90年になりました。NHKでは、毎年 放送記念日が巡ってくると特別番組を放送しています。その中でも忘れられない放送記念日特番は何か? と問われれば、私は、海外ドラマ「エド・マロー ~ テレビを変えた男」(NHK総合・1991年 3月21日・本放送)と即答します。

 ドラマが始まる前に「これは、草創期の米国テレビ界で、ニュース・キャスターとして活躍し、真実に迫る勇気と誠実さで、今も 米国放送ジャーナリズムのヒーローと言われている男の物語である。」とクレジットが出ます。

 そのクレジットにもある通り、1950年代の米国テレビ界で活躍し、放送ジャーナリズムの創始者である エド・マロー(Edward R. Murrow)の生涯を描いた単発海外ドラマです。

 ドラマは冒頭、第2次世界大戦下の1940年にナチスドイツがロンドン大空襲した時、エド・マロー 特派員による全米に向けた有名なラジオ実況生中継のシーンから始まります。

 そして戦後に物語が移ります。テレビ時代に入った米国社会では、米ソ冷戦時代となり、スパイ摘発の名の元に下院 非米活動委員会を利用した「マッカーシー旋風」が、魔女狩りの如く吹き荒れるのです。

 政治的恐怖から米国内マスコミも沈黙していた そのマッカーシー旋風に対して、緻密な取材と冷静なレポートにより、エド・マローは どこよりも早く真実を報道します。

 そのきっかけとなった 1954年 3月 9日のCBSニュース“SEE IT NOW”が制作・放送される過程を、ドラマでは克明に描いています。このたった1回 30分のニュース番組放送から、一気に米国社会は 再び言論の自由の流れを取り戻しました。

 エド・マローは、シカゴ特捜隊ヒル・ストリート・ブルースのDaniel J. Travanti(山本圭)。エド・マローの相棒的プロデューサーであるフレッド・フレンドリーは、Edward Herrmann(津嘉山正種)が演じています。

 劇中では、当時の米国テレビ・ラジオ番組が たくさん登場します。そのテレビ・ラジオ番組のテーマ音楽・CMソングが、ドラマの劇伴音楽の役割を果たしています。

 ドラマでは、放送ジャーナリズムが どの様に形成されていくのか? 現代にも通用する示唆があります。

 エド・マローには、CBS会長のウィリアム・ペイリー(Dabney Coleman・鈴木瑞穂)の全面的なバックアップがあり、また利潤主義を貫き エド・マローと対立しながらも、一目置いていた CBS社長フランク・スタントン(John McMartin・田中信夫)のサポートもあった点です。

 ドラマには ペイリー会長が、煙草卸しを仕事にしてた頃、ラジオが好きで経営者の親や甥に内緒でラジオ番組のスポンサーになり、それがきっかけで ラジオ局を買い取り、全米ネットワークの放送事業に進出していく経緯を、エド・マローに話すシーンがありました。

 ラジオが好きで、そして放送自体が好きだという若き日々の思いがあるからこそ、放送ジャーナリズムを根底から理解でき、ペイリー会長がCBSを率いて、当時のエド・マローを支えていたと理解出来ます。

 最近私は、YouTubeで、当時の“SEE IT NOW”を視聴する事が出来ました。ドラマでも描写されていますが、この“SEE IT NOW”が放送されていたスタジオは、実に不思議な構造なのです。

 テレビスタジオの副調整室に当時の大型カメラを持ち込み、スタッフも調整卓も そのまま映して、エド・マローは、隅にあるデスクからアナウンスをしていました。

 そのスタジオには“CBS-TV CONTROL ROOM STUDIO 41”と銘が付いており、現代のワーキング・ニュース スタジオの原形を視る様な斬新さを感じました。

 テレビジャーナリズムの理想を懸命に模索しながら 現実でなく真実を選択した、エド・マローの伝記というべき この素晴らしい海外ドラマは、全編を放送資料として、MPEGファイルで保存しています。

第627回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」テーマ音楽 [阿南亮子]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    川井憲次「ラビリンス」
    NHK総合・NHKスペシャル「未解決事件」メインテーマ
    ♪綺麗な転調が味わえるドキュメンタリー番組テーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Bryan Adams“Run To You”
    スズキ テレビCMソング
    ♪1位 5週、登場10週。


 19日に 文化勲章受章者で人間国宝の桂米朝 師匠が、お亡くなりになりました。。享年89歳の大往生でした。

 私が強く記憶に残っているのは、朝のワイドショー「ハイ!土曜日です」の司会だった米朝 師匠です。

 当時の民放朝のワイドショーは、月曜から金曜までが 東京キー局制作。そして土曜日は 大阪局の制作となっており、今でも その流れは続いています。昔のFNN系では、フジテレビ制作の「小川宏ショー」の後、週末は 関西テレビが「ハイ!土曜日です」を全国放送していました。

 「ハイ!土曜日です」は、薬師寺の高田好胤 住職やSF作家の小松左京 氏がレギュラー出演していたレベルの高いトークショーでしたが、その中に アシスタントの桑原征平 アナウンサーが、世界中へ飛んで体当たりリポートに挑戦する名物コーナー「征平の挑戦!」がありました。

 桑原 アナがサーカス団に入門して空中綱渡りに挑戦。見事成功するフィルムを視た米朝 師匠が「よーやりましたなー」と絶賛し、桑原 アナが本当に嬉しそうな姿だったのを、私は今でも覚えています。

 米朝 師匠は、数えきれないほどのテレビ・ラジオ出演をし続け、長年に渡り上方落語の普及に貢献しました。

 その出演歴の中でも、2002年 6月 2日放送のNHKスペシャル「桂米朝 最後の大舞台」は、米朝 師匠が最後の大舞台として選んだ、歌舞伎座独演会の模様を伝えるドキュメントでした。

 そのドキュメントで印象的だったシーンがあります。約40分にも上る大掛かりな演目「百年目」を演じている時、米朝 師匠が 途中の噺を忘れ場面を飛ばしてしまいます。その瞬間、独演会の前座を勤め米朝 師匠の噺を舞台袖で聞いていた 弟子の桂吉朝 師匠が「あーー」と、なんとも言えない顔をするのです。

 ところが米朝 師匠は、即興で場面の前後を巧みに入れ替え、噺を元に戻してしまいます。それを聞いていた吉朝 師匠は「くふっ」と 安堵の笑いを浮かべるのです。ハイレベルな師弟だからこそ解る、その深い落語の世界を 映像は捉えていました。

 その吉朝 師匠も、その歌舞伎座独演会から僅か3年後に胃癌で急逝しています。。まだ50歳という若さでした。このブログで取り上げた「なにわの源蔵事件帳」の主役を演じた天才落語家 3番弟子の桂枝雀 師匠は、1999年に53歳で自ら世を去り、米朝 師匠の晩年は 愛弟子の最期を看取る事が多かった様に思えます。

 それでも筆頭弟子となった桂ざこば 師匠は、米朝 師匠を救う様な活躍を続けています。私は、ちょっと舌足らずで味のある ざこば 師匠の落語が大好きです。小学生の頃、朝丸時代に日本テレビ「お笑いネットワーク」で視た不朽の迷作(笑)「動物いじめ」の面白さは空前絶後でした。今では 間違いなく放送禁止の演目です(笑)。

 その桂ざこば 師匠が、記者会見で「ほんまに徐々に徐々に徐々に。こないに上手に亡くなるというのは、こないに綺麗なもんかなと思いました」と号泣していました。今まで聞いたことのない臨終の形容で、品格ある米朝 師匠の芸風通りの見事な最期だったのだと思いました。

 NHKスペシャル「桂米朝 最後の大舞台」には 実は続きがあり、ETVスペシャル「桂米朝 最後の歌舞伎座独演会」(2002年 6月 8日放送)と題して、本編の落語を完全放送しています。

 非常に珍しいNHK総合・教育のリレー放送で一体化した、人間国宝・桂米朝 師匠の歌舞伎座独演会は、MPEGファイルで 放送資料として保存しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2015年3月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。