FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第56回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  2. 第 2 位 ( △ )
    DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」
    SBC TBS・日曜劇場「砂の器」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    平原綾香“Jupiter”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    TSB YTV・ドラマ「乱歩R」劇中効果音楽 [仲西匡・吉川慶]
    ♪解決パートで流れる調性が整った劇伴音楽がリスト対象。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・金曜時代劇「はんなり菊太郎2 京・公事宿事件帳」テーマ音楽 [野見祐二]
    ♪弦楽とタップが融合したユニークなインストゥルメンタル。


 NBS長野放送(フジ系)木曜劇場「白い巨塔」の CMについてです(笑)。「木曜劇場」は、1984年秋から放送を続けているフジテレビの重要なドラマ枠です。「北の国から」の米国バージョンとされる「オレゴンから愛」を始め「もう誰も愛さない」「しゃぼん玉」「白線流し」そして昨年の「Dr.コトー診療所」など数多くの名作ドラマが、この枠から生まれました。

 そのコンテンツの優秀さは、流行を追い高視聴率をマークする事が至上命題の「月9」枠の作品群を、遥かに凌いでいると思います。この「木曜劇場」を支えている提供スポンサーに、長年大きな変動がないのも特徴のひとつです。その提供スポンサーの 1社である某信販会社のCMに 目を惹かれました。高視聴率をマークしている「白い巨塔」の合間に流れているCMです。

 ♪土佐の高知のはりまや橋で ♪ぼんさんかんざし買うを見た ♪やっちゃれ、やっちゃれ、やっちゃれや ♪高知の城下へきてみんや ♪じんばもばんばもよう踊る~ ♪鳴子両手によう踊る~よう踊る。あのCMが流れる度に、高知市電の中で鼻歌のように 広末涼子が唄う「高知よさこい節」は、類例が見つからないほど本当に素晴らしいと思っています。

 高知市電の車窓を流れる あの少しレトロな高知市街と、故郷の地で自然体で唄う広末涼子の「高知よさこい節」。この週間選曲リストの対象としたいくらいCMに味があります。CMとは、特定商品の販売促進のために制作される例が殆どですが、企業イメージ向上も制作目的となる場合があります。特に今回の木曜劇場で流れるCMは、後者の場合だと思います。

 放送文化の発展維持という観点から、民間放送の番組提供やCMスポットを考えると、良質の放送番組を提供するスポンサーは、視聴されるCMで、企業イメージが向上し、経営の総合的なアシストとなる事が理想です。販売促進効果を狙ったCMを流すためだけに提供スポンサーとなるなら、それこそ視聴率至上主義になってしまい、放送文化への寄与など到底おぼつきません。

 調べてみると このCMは、ミュージック クリップの制作で有名な 岩井俊二 監督が、自らディレクターとなっていました。短篇映画の制作も得意とする岩井監督らしく、1本のCMが映像作品として完成されており、独特な映像美が存在する「岩井美学」が、このCMにも投影されています。私は、広末涼子というタレントを初めて理解しました。別に他意はありませんが(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年01月30日 の週間選曲リスト と『 白い巨塔の広末涼子CM 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。