FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第577回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ
    ♪1位 5週、登場12週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌
    ♪旋律構成に類例を感じるがラストから終奏部は実に美しいバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE“AGAIN”
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”テーマソング


 新年度がスタートした1日から、商品を購入したりサービスの費用を支払う時にかかる消費税の税率が、5%から8%まで引き上げられました。

 消費税は、昭和から平成になって僅か3ヵ月目の1989年 4月に、3%の税率からスタートしました。0%から 3%となる消費税導入時は、ありとあらゆる製品やサービスの価格・料金に徴税するシステムを構築しなければならず、大変な騒ぎだったのを覚えています。

 世界的に見てみると、最も消費税が高い国は ハンガリーの 27%で、次いでノルウェーやスウェーデンが 25%と高福祉国家が並んでいます。日本は 消費税最も安い国に挙げられていました。

 1997年 4月に 3%から 5%引き上げられて以来 17年ぶりの増税です。さらに今回だけでなく、来年10月には 8%から 10%へのアップも計画されています。

 その際には消費者の負担増を減らすため、日常品や食料品などの税率を抑える、日本にはない軽減税率制度の導入も予定されており、それを適用する品物の選定を巡って 現在議論が進んでいます。

 消費税率が高い国では、食料品を始めとした生活必需品に対して大幅な軽減税率が設定されていることも多く、適用される品目は その国によって異なります。

 イギリスは、消費税 20%と高額ですが、食料品・水道水・医薬品などの税率は 0%と思いきった非課税政策が取られています。消費税が付加されずに食料品を購入できるという訳です。

 消費税 22%のイタリアでは、軽減税率が細かく定められており「食肉・小麦粉・鮮魚・卵・酢・砂糖」などは 10%が適用。「生鮮野菜・牛乳・紅茶・書籍・新聞・パン・パスタ」に至っては 4%の軽減税率となっています。

 日本では、新聞購読料などに まず軽減税率の適用を求める声も聞かれますが、まずは「口に入る」生活必需な食料品から軽減税率を導入する事が急務です。また新聞購読料を軽減税率の対象とするなら、アナログラジオの購入にも軽減税率を適用すべきだと私は思います。

 アナログラジオこそ、非常災害には最も役に立つツールであり、各家庭に少なくとも1台、アナログラジオを常備させるためにも、生活必需品としてアナログラジオ購入の際に軽減税率を適用すべきです。

 先月末まで 消費税アップ前の駆け込み需要が喚起されていましたが、これからは 新たな消費喚起を目的に既存商品の価格競争が起こると予測する人もいます。しかし、価格競争が過熱すると またデフレを誘発しかねないとも限りません。

 増税後の景気への影響も気になるところですが、あくまでも消費税は 福祉を主たる目的とした租税であり、年金制度などの安定と充実が、消費税アップの絶対条件である事は間違いありません。

第578回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( △ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「眠狂四郎無頼控」テーマ音楽 [渡辺岳夫]
    ♪ラストに流れるテーマ音楽の和声と調性は抜群なものがある。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Foster The People“Coming of Age”
    ♪オルタナティブ・ロックに類するが G.のカッティングは実に解りやすい。


 FM長野は、この春は目立った自社制作番組の異動がありませんでした。開局25年半を経過したFM長野は、午後のワイドが3年目、朝のワイドが8年目に入っています。

 隣県の県域民放FM局「岐阜エフエム」(大垣市)では、経営改善に血が滲む様な努力をしてきましたが、どうしても約3億円の債務超過を消化することが出来ず、開局(2000年)以来続いてきた「岐阜エフエム放送株式会社」を解散し、新たに「株式会社エフエム岐阜」を設立して放送事業を継承しました。

 岐阜エフエムは、マスメディア集中排除原則のラジオ4波特例として、岐阜新聞社の支配を受けていました。ところが、筆頭株主は 中日新聞社(23・2%)と妙なタスキ掛け状態になっていたのです。

 あくまでも私見ですが、岐阜エフエムが中日新聞社の傘下に入っていれば、この様な破綻処理は なかったと思われます。新会社のエフエム岐阜は、中日新聞社・岐阜新聞社が一気に抜け、JFNとFM愛知・FM東京主体の株主構成となりました。

 また中京エリアでは、2010年 9月に閉局した外国語FMラジオ放送局“RADIO-i”に代わって、今月からInterFM名古屋が開局しました。その番組編成は、東京のInterFMと全く同じであり、開局当初は 名古屋制作の番組が皆無で、まさに放送番組の同一化を先取りした形態となっています。

 総務省が提示した、放送ネットワークの強靭化に係る周波数の割り当て・制度整備に関する基本的方針や、同省諮問機関である「放送政策に関する調査研究会」がまとめた放送番組の同一化の考え方は、今後のラジオ放送の重大なガイドラインです。FM長野には、リスナー本位の穏やかな自社制作を期待しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2014年 4月 現在

  1. 【1】echoes
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・渡辺麻衣子・田中利彦・なるみ・小出真保・唐木さやか・湯澤かよこ

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】Vitamin Marche
       月 → 木 1500 ~ 1549
       佐々木香代・高寺直美

  5. 【5】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

 開局時(1988年10月)から 26年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第579回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「眠狂四郎無頼控」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪「福家警部補の挨拶」と和音構成は類似しているが際立つ劇伴トラック群。


 モバイル ブログのシステムが 今週から刷新。PC・モバイル、どちらによるアクセスかを自動で判断するスイッチング機能を導入しました。

 17日 午後5時18分に 加入しているSNSで、モバイル ブログのシステム刷新作業を行うと「臨時のお知らせ」を発信。午後6時51分に 作業は無事完了しました。

 スマートフォンや従来の携帯は モバイル ブログ。PCやタブレットでは PCのブログが表示される様に、スイッチングの初期設定をしてあります。また新しいタイプのモバイル端末が出現した場合、どちらのブログを表示するか簡単に設定できる様になっています。スマートフォンから従来の携帯差別なく表示され、総てのテキストが簡単な操作で読めるのが特徴です。

 特にスマートフォン仕様では、従来よりボタンなども ひと工夫してあります。PCのブログ同様に、HTML5とCSS3を使用し、このスマートフォン完全対応のモバイル ブログを、シュミレーターと所持している携帯での推測により、またまたスマートフォンなしで組み上げました(笑)。

 このブログは テキストがメインですので、PC・モバイル共に、あくまでもシンプルなデザインを心掛けています。

 ブログのカラーは、タイトルの背景が青い空の深いブルー。タイトル文字は、青い空に浮かぶ白い雲のホワイト。枠線は、陽を浴びて明るめのグリーンとブルーです。このカラーは、PCとモバイル統一しています。

 2005年から私は、独学HTMLとさらにPHPの勉強をしブログシステム作り上げました。ここ作り上げる事が出来たのも、WORDPRESS自由でオープンソースのブログソフトウェアがあったからです。

 2010年からの使用開始当時は 2.9.2でしたが、現在は 3.9.0まで、WORDPRESSもバージョンアップしてきました。

 24個使用しているプラグインも独自作成したものを、ブログシステムの頭脳として使っています。さらに問題になっているログイン侵入を防止するため、セキュリティに関するプラグインも充実させました。

 このブログは、PCから従来の携帯まで総てのテキストを簡単なアクセスでお読み頂ける点と、バナー広告を一切表示しない点が大きなポリシーです。

 全ページのURLは、PC・モバイル統一しています。PC・モバイル全機種平等に表示する「チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG」を、これからも よろしく お願い致します。

第580回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「眠狂四郎無頼控」テーマ音楽 [渡辺岳夫]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]
    ♪1位 2週、登場16週。


 私は、NHKラジオ第2放送の「気象通報」を聴いて天気図を書けるという特技を持っています。特技と言っても、最後に天気図を書いたのが 20年以上前ですから、だいぶ腕は なまっているはずです(笑)。

 NHKラジオ第2放送の「気象通報」は、午前9時10分・午後4時・午後10時の1日3回 365日 生放送されていました。

 私は、気象通報のマニアックな録音を持っています。まず12月31日 大晦日 午後10時の気象通報です。ラジオ第1では、紅白歌合戦が華やかに放送されている その真裏で、ラジオ第2放送では、小さな専用スタジオから淡々と その年最後の気象通報が生放送されていました。

 もうひとつは、1月 1日 元旦 午前9時10分の気象通報です。1年最初の気象通報の前後は語学番組ではなく「雅楽」や「筝曲(そうきょく)演奏」の時間などがあり、いつもと違うラジオ第2放送でした。

 もう50年以上も 1日3回の気象通報が脈々と続いていたのですが、この4月の改編から気象通報は、午後4時からの放送だけになってしまいました。

 気象通報には、ここ数年アナウンサーによる生放送を止めて自動音声になるとの噂が流れており、現にNHK放送技術研究所は 自動音声による気象通報の開発を進めていました。

 既に同じ第2放送で 平日午後5時から放送している「株式市況」は、自動音声による終値読み上げに 2010年 3月から変わっています。

 ところが気象通報は、自動音声になるどころか、1日1回に回数が短縮となってしまったのです。大変残念でなりません。ラジオ第2放送で流れる語学講座は、同じ内容が1日何回も流れるのに、なぜ気象通報の回数を減らしてしまったのか? 理解に苦しみます。

 もし回数短縮の理由が、自動音声の開発失敗やアナウンサー勤務シフトの都合なら、ラジオ放送の存在意義にも拘わる本末転倒な話です。

 NHKラジオ第2放送は、放送法と放送番組基準により、教育・教養目的の放送が主体と定められていますが、1931年の放送開始以来、専門的で高度な報道番組も編成していました。それが気象通報であり株式市況なのです。

 特に気象通報は、社会の広範に気象データの需要が高まっている事から、従来の天気図作成目的ではなく、気象素データの読み上げによる生活者へ向けた、より高度な気象情報番組へ特化していく将来性がありました。

 それほど重要な意味のある報道番組なのに、回数を減らすとは公共ラジオ放送の使命にも反します。いつ聴取しても問題のない語学放送こそ、回数を減らしてネット配信に移行すべきなのです。

 私は、この様なブログを やっている都合上(笑)よく複雑な曲目問い合わせを電話する事があるのですが、先日 久し振りにNHKふれあいセンターへ、クレーム目的で電話してみました。

 気象通報の必要性と意味について私が一席ぶっている間、電話を受けたオペレーターの方の黙々とキーボードのキーをたたく音が聞こえていました。そして この意見について回答は不要。ただ編成セクションに きちんと意見を上げる様に伝えました。

 この意見だけで減らされた気象通報が復活するとは思っていません。ただラジオ放送には、パーソナリティやリスナーがツーウェイで満足感を得る以上に、大切な事があるのを忘れてはなりません。それが音声報道による迅速かつ高度な情報提供です。そこにラジオメディアの根本的なレゾンデートル(存在理由)があります。

 NHKラジオ第2放送の場合、我が国ラジオ放送開始から脈々と続く気象通報・株式市況という高度な報道番組が満たされた後、録音メディアでも事足りる語学放送番組に放送する意味があると思えてなりません。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2014年4月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。