FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第641回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「まれ」劇中効果音楽 [澤野弘之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    安田芙充央 feat.Akimuse「遥かなるアジアの空」
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「井浦新 アジアハイウェイを行く」エンディング・テーマ
    ♪オリエンタルな旋律に貫かれているが終奏部は見事な和声で美しい。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ


 殆どの放送事業会社と全国のJFN加盟局で、先月末まで一斉に決算発表・株主総会がありました。即発含みの厳しい結果が多い中で、私が特に心配していたのは、お隣りFM岐阜の決算報告でした。

 2001年 4月に開局した岐阜エフエム放送株式会社(Radio 80)は、どうしても開局時から累積していた債務超過を解消する目処が立たず、昨年 2月28日で会社としての放送事業を打ち切り、翌日の 3月 1日より株式会社エフエム岐阜(FM GIFU)として新たなスタートを切りました。

 旧会社には、岐阜県や大垣市などから血税に基づく出資もあり、それらも債務の清算に総て充当し、既存の放送設備などを新会社に承継させて会社経営をスリムにする、一度しか切れないカードを切ってしまったのですが、株式会社エフエム岐阜の初の通年となる昨年度決算は、749万円の黒字(純利益)と、まずは無難なスタートとなりました。

 また新会社の株主構成は、当初 FM愛知とTOKYO FM・JFNグループが独占していましたが、FM岐阜の本社演奏所が在する大垣市の有力上場企業である、大光の名誉会長の金森勤 氏が代表取締役社長に就任し、地元資本からの出資も再び集まってきつつあるようです。

 FM岐阜は、社員アナウンサーが わすが1名。管理する送信所・中継局も多く、その経費削減たるや血の滲む努力だったと思います。

 FM岐阜の最新タイムテーブルを私は読んでみましたが、なんとか新規スポンサーを開拓して、提供のついた自社制作番組を、週7日24時間の中に少しでも散りばめていこうといった懸命の努力が解ります。

 そして前会社時代の大きな問題点だった、ニュース配信に関する中日新聞・岐阜新聞の たすき掛けも、平日は「中日新聞ニュース」とJFNニュース、土日は JFNニュースに統一された様です。

 さらに開局以来 30位まで発表していたFM岐阜のオリジナルチャートは、今年 4月から10位までとなりました。私は、岐阜県の音楽シーンをラジオ局としてリードしていく責務を、客観的なチャート発表を通じてシンボリックに果たしていくのでしたら 10位まで、なんなら 5位まででも(笑)可能だと思っています。

 FM岐阜の今後の収益見通しには、まだまだ相当不透明な点がありますが、単営ラジオ局の大きなネックである設備の減価償却などの課題を正面から捕え、背水の陣で経営の舵を切ったFM岐阜の勇気は称賛に値します。

 その姿勢の先には、ラジオ局の経営基盤の強靱化に資する新たな制度やラジオ放送番組の同一化など、これから待ちうける困難な問題にも、きっと地方をリードする立場が与えられる可能性も あり得ると考えます。

 単営ラジオ局の経営は、いっそう困難な道程だと思いますが、FM岐阜の問題を先送りしない決断と、きちんと危機感を共有する努力に隣県のラジオリスナーとして、心からのエールを送りたいと思います。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年07月03日 の週間選曲リストと『 頑張れ!FM岐阜 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。