FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第599回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    竹内まりや「深秋」
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( △ )
    JUJU「ラストシーン」
    NHK総合・ドラマ10「聖女」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「タイムスパイラル」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪タイトルバックで使用されるトラックなど和声が洗練された劇伴がある。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]


 3日に、第2次 安倍内閣の改造が ありました。

 前日までに麻生 副総理大臣(内閣法 第9条の第1順位指定大臣)岸田 外務大臣など主要閣僚の留任が明らかとなり、当日は午後1時52分、留任した菅義偉 内閣官房長官から閣僚名簿の発表がありました。

 ところが この閣僚名簿の発表時刻が微妙で、民放では報道特別番組やワイドショーが間に合わず、結局NHK総合のみが生中継しています。

 ここ10年近くの内閣は、必ずと言っていいほどスキャンダルが発生して大臣の交替がありました。しかし、約1年9ヶ月続いた第2次 安倍内閣は、途中1人も大臣の交代が ありませんでした。戦後の内閣では初だそうです。

 これには入閣候補者にスキャンダルの種がないかどうか徹底した調査があり、それに合格(笑)した者のみ大臣に指名したという訳があります。

 この徹底した調査を「身体検査」と称しています。この検査の存在が明らかになった2007年 8月の第1次 安倍内閣改造の時、このブログでは国家情報機関である「内閣情報調査室」が その身体検査を主導している事に驚いたと書きましたが、なんと前回の身体検査では 公安調査庁まで動員されていたと伝わっています。

 その身体検査に合格した(笑)第2次 安倍改造内閣の新大臣には女性が5名起用され、高市早苗 総務大臣、小渕優子 経済産業大臣が重要閣僚として入閣しました。また石破茂 地方創生担当大臣(国家戦略)は、新大臣記者会見で道州制の推進を担当すると言明しています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・甘利明 経済再生担当国務大臣、4位・石破茂 地方創生担当国務大臣、5位・岸田文雄 外務大臣 となっています。

 順風と言える安倍 首相ですが最近不可解な点がありました。広島で多くの犠牲者を出した集中豪雨による土砂災害が起きた、先月20日から21日にかけての「首相動静」です。

 その日の安倍 首相は夏休みで山梨県 鳴沢村の別荘に滞在していました。午前7時26分から富士河口湖町のゴルフ場に行きラウンドを回り始めました。

 広島で大きな災害が表面化しつつあるのに、ゴルフを始めた事に多くのマスコミの批判が集まっています。しかし、そのゴルフは1時間ほどで切り上げ、9時41分には急遽 首相官邸へ向かっており重大な問題点ではないと思われます。

 私が驚いたのは その日の夜の首相動静なのです。完全に広島の惨状が伝わり、午後には天皇皇后両陛下のご静養も一部行事の取り止めが発表になったのにも拘わらず、なんと安倍 首相は首相官邸から午後7時42分に、また別荘へ戻ってしまったのです。

 そして別荘で一晩過ごしました。翌21日 午前10時34分に前述の国家情報機関である「内閣情報調査室」を統括する内閣情報官が別荘へ訪ねてきており、安倍 首相は午後1時40分まで別荘に残り、その後首相官邸に戻ったのは午後3時17分だったのです。これはどうみても不可解な行動です。

 その首相動静を読んだ時、当初 私は安倍 首相の被災した広島市民に対する冷たさを感じてしまいました。

 しかし、安倍 首相やその周辺が、こんな冷たいイメージの残る行動を起こすとは考えにくいのです。官邸サイドは別荘に戻った理由を、首相自身の荷物整理(笑)と発表していますが、荷物整理なら ご家族や側近が出来るはずです。

 あの日の夜、安倍 首相が別荘に どうしても戻らなければならない理由があったとすれば、それは何なのか? 健康上の問題あるいは外交上の問題で、極秘に会わなければならない人物が別荘に待機していたのか? 調査報道を主とするメディアも少しずつ注目しつつある様です。

 中日新聞にも掲載されている「首相の一日」すなわち首相動静は政治の動きを知る最高の1次情報源だと思っています。

 617日間続いた第2次 安倍 内閣で最も不可解だった、先月20日から21日にかけての首相動静。これからの改造内閣の流れに、大きなターニングポイントだったのか否か 密かに注目しています。


(追記) 週間放送視聴日記(2014年11月21日)に、アベノミクス解散を掲載しました。

第600回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    竹内まりや「深秋」
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「タイムスパイラル」劇中効果音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    JUJU「ラストシーン」
    NHK総合・ドラマ10「聖女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]
    ♪リスト対象となる劇伴が なかなかオンエアーされない。


 このブログで毎週発表している『週間選曲リスト』が、600回目を迎えました。

 ブログ開始から 600回 の間に、約 12年の歳月が経過し、カウンターのページビューも 26万 を超えました。本当に ありがとう ございます。

 つい先日「第500回記念 全期間ランキング」( All-Time Rankings )を公開したと思ったら、あっと言う間に 600回です。月日の経つのが早く感じられます。

 500回記念の頃にモバイル ブログなどの整備を行いました。その時は出来上がったと考えていたのですが、その後のスマートフォンやタブレットの急激な普及など さらに事情が変わり、刷新を重ねた結果 先月に やっとモバイル ブログが完成しました(笑)。

 またPCのブログについてもリスト タイトル表記を変更しました。この変更は、ご愛読者を始め Googleのロボットさんに大変好評でして(笑)各個別リストへ沢山のご訪問を受ける様になりました。

 そこで今までのデザインを変える事なく、このリスト タイトル表記変更に付随して、さらにPCブログの追加修正と刷新を行いました。

 リスト タイトル表記が横表示になりましたので、従来サイドバーの筆頭にありました Basic List のリンクを、ブログ ヘッダーの下へ横に並べました。そしてサイドバーには、カウンターと全リスト保存のアーカイブリンクを筆頭に置いて操作をし易くしました。

 またブログ 各ページの最後尾には、これも従来サイドバー末尾にあった著作権表示を横長のフッターとして設置し、モバイル ブログとのデザイン統一を図りました。

 以上が全ページを対象とした修正ですが、最新リストを 5週連記で掲載しているトップページは、サイドバーに新たな工夫をしました。

 この600週間コンスタントにメールなとで寄せられたのが、FM長野に関する質問でした。一番多かったのは周波数と受信可能エリアに関する質問。次はFM長野の現状について私がどう考えているのか? という質問です。

 FM長野リスナーを標榜しているブログですから当然と言えば当然ですが、だいたい同じ質問が多いので(笑)同じ感じのお答えも多くなります。

 そこでトップページに関してのみカウンターの下に「FM長野 周波数」の詳細な表示をしました。送信所・中継所毎に紹介したリストへリンクしており、相当高度な受信エリアに関する情報が得られるはずです。

 さらに その下には「FM長野について」と題したFM長野に関する考察を掲載してあります。これを熟読されると私が ちょっと変わった(笑)FM長野リスナーだと、ご理解頂けるかも知れません。

 おまけと言っては なんですが(笑)同じ様にNHK-FMに関する周波数と考察も掲載しました。両方読まれるとFMラジオリスナーとしての私のディープさが お解り頂けると思います(笑)。

 FMラジオ放送は報道機関としての根幹を維持しながら、音楽放送波に特化していると長年理解している点に、私のリスナーとしての基本スタンスがあります。

 「週間選曲リスト」は、その基本スタンスに即してラジオ放送だけでなく、テレビドラマの劇伴など放送音楽も対象としています。さらに音楽以外のあらゆる事象について選曲者の思考過程を公開する「週間放送視聴日記」を一体化し毎週 公開しています。

 これからも「チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG」を、引き続き ご愛読頂ければ幸いです。

第601回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    竹内まりや「深秋」
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「タイムスパイラル」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    JUJU「ラストシーン」
    NHK総合・ドラマ10「聖女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]
    ♪1位 1週、登場16週。


 最近欠かさず視ている30分ドラマと言えば「植物男子ベランダー」です。入会しているNHKオンデマンドでは なぜか配信されず、NHK BSプレミアムで直接視聴しています。

 私もベランダーといえばベランダーで(笑)マンション3階のベランダに、白梅と山紅葉の盆栽を置き10年以上育てており、ブログでも時々紹介しています。

 夏場の水やりは毎日欠かさす行っていて、今年も元気に夏を越しました。盆栽といっても両方ともに1メートル近くもあり、植物男子ベランダーの田口トモロヲの様に沢山の草花の鉢を置かず、ベランダには この2つの鉢だけを置いています。

 夏は緑色が鮮やかな山紅葉ですが、1匹の黒いアシナガバチが やってくる様になりました。山紅葉の葉でひと休みし飛び去ってしまいます。数時間置きの間隔で山紅葉を巡回するのです(笑)。

 昨年も ひと夏 似たような行動がありました。もちろん寿命の関係から同じアシナガバチでは ないでしょうし、いくら気に入ってくれたといっても、友人知人のハチ達を わんさか連れてくると困ってしまいます(笑)。しかし、ベランダーを困らせる事はなく、ハチくんの巡回休憩所に ひと夏ベランダの山紅葉を使ってくれました。

 そして先日の3連休、ハチくんは現れませんでした。また来年もやってくるのか? ちょっと気になりながら、真っ赤に色づく季節を待っている山紅葉に今日も水やりをしました。


 我が家で長年飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン は、24回目の夏を元気に過ごしました。

 お年のため4年前から冬眠を止めて、真冬は加温飼育に切り替えましたが、冬季のエサやりで ますますパワーアップした感じです。

 かめクン の飼育ケースに木製のすだれを使っていましたが、先日そのすだれを開けた瞬間に、かめクン はいきなりジャンプ(笑)。なんと飼い主の膝に乗ってしまったのです(笑)。

 以前ブログで かめクン のジャンプについて書きましたが、まさかウサギの様に(笑)ジャンプして膝に乗るとは思ってもいませんでした。膝に乗った かめクン は、そのまま じっと飼い主を見ていました(笑)。よほど体調と機嫌が良かったのだと思います。

 最近ミシシッピ アカミミガメが問題になっており、特定外来生物への指定も確実視されています。ただ ご理解頂きたいのは、きちんと愛情を持って飼育すると、こんなに懐く亀はいません。

 もし特定外来生物として飼育禁止になった場合、私は行政書士資格の名に賭けて、環境省から飼育許可を堂々と取ろうと決心していますが、この問題の議論の中で ミシシッピ アカミミガメの寿命50年説を耳にした瞬間「とうとう飼い主との寿命の勝負になった」と内心喜んでしまいました(笑)。

 松本の最低気温が 12・7度を記録した 14日 早朝、かめクン がガチャガチャ何かを訴える様に動き回っている音で目が覚めました。飼育ケースの中で かめクン は不安がっていたのです。

 そこで少し早かったのですが保温ヒーターを入れました。その日の深夜こっそり覗いてみると、保温ヒーターに寄り添う様に かめクン は熟睡していました。

 24年間ほぼ毎日 かめクン の飼育水の全取替を続けており、長期の旅行にも行けませんが(笑)それを解ってくれている かめクン なのです。かめクン は、今日も機嫌よく日光浴をしエサにパクついていました。

第602回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「タイムスパイラル」劇中効果音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    竹内まりや「深秋」
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・ザ プレミアム「おそろし ~ 三島屋変調百物語」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村由利子]
    ♪ラストに流れるスキャットを用いたテーマ音楽は和声と調性が整った佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    JUJU「ラストシーン」
    NHK総合・ドラマ10「聖女」主題歌


 屋外のベランダにFMアンテナを建てる計画は少しずつ進行しています。今週は、そのFM屋外アンテナを取りつける支柱をベランダに仮設置してみました。

 最近ホームセンターでは、賃貸マンションなどのベランダに洗濯物を干す物干し受を売っています。物干し受といっても柱の一種です。まさかベランダの天井にドリルで穴を開ける訳にはいきません(笑)。

 我が家で購入した支柱は、大阪の金属メーカー製造のベランダ用物干し受で、内部に強力なスプリング(バネ)が入っており、ジャッキーの原理で支柱の上下端を突っ張り固定します。

 購入した支柱は、元々洗濯物を干すために開発されているため、左右2本分入っていました。もちろんFM屋外アンテナを支える目的ですので、必要なのは1本分だけです。

 とにかくベランダに支柱を立てるのは初めての経験です。まずは仮設置してみる事にしました。2本分ありますので実験という訳です。

 説明書通りに組み立ててベランダに設置してみましたが、どうも上手くいきません。支柱に触るとカタカタして安定しないのです。しかも支柱の下側を蹴ると少し動いてしまいます(笑)。

 この支柱の固定はネジを使っており、これをステンレスのパイプに穴を開けて固定します。試行錯誤の末に結局4回目で、ようやくしっかりと固定出来ました。

 ところが4回も取り付けのやり直しをしたため、支柱を支えるステンレスのパイプに 4つも穴を開ける結果になってしまいました(笑)。これでは支柱の強度に問題が出かねません。

 しかも松本は北アルプスや美ヶ原から吹き下ろす風が強く、また真冬の大雪時には相当雪がベランダに吹き込みます。やはり充分過ぎるほどの強度で アンテナを支えてくれないと実用に向きません。

 もちろん この支柱は 10・0キロの荷重に耐えられますので、約0・66キロある購入済みのFM屋外アンテナ(2素子の位相差給電式)を充分に支えてくれる仕様です。

 とりあえずベランダに立てた支柱には、まだFM屋外アンテナを取り付けず そのままにして、風雨などへの強度を確認する事にしました。

 台風16号から変わった温帯低気圧は、25日 朝には松本でも強い風となって影響をもたらしましたが、支柱はカタつく事はなく問題ありませんでした。

 FM屋外アンテナを立てる際に賃貸マンションでは、もうひとつの問題があります。サッシにケーブルを通す穴をドリルで開ける事も出来ないのです(笑)。

 そこでサッシケーブル(隙間ケーブル)という忍者なケーブル(笑)で、サッシの蛇腹を縫うようにベランダのアンテナから、居室のチボリ オーディオ モデルワンに引き込んでしまおうという考えを持ってます。ところが耐用性や電波の減衰など、このサッシケーブルの選択に苦労しています。

 まずはFM屋外アンテナの支柱を仮ですが立ててみました。どうにか来月の末から雪が降りだす前までには、ベランダにFM屋外アンテナを設置してみたいと考えています。


(追記) 週間放送視聴日記(2014年12月 5日)に、FM屋外アンテナを設置を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2014年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。