FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第610回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「すべてがFになる」劇中効果音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( △ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・ザ プレミアム「おそろし ~ 三島屋変調百物語」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村由利子]
    ♪1位 5週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    家入レオ“Silly”
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」主題歌
    ♪サビへの導入部のアレンジが抜群の和声と調性。


 年末の衆議院解散の可能性に言及していた新聞は、読売新聞だけだったと思います。中日新聞も 今月初旬の段階では、解散の可能性に ほとんど触れていませんでした。ところが安倍 首相が初の日中首脳会談を行った 10日あたりから急激に解散風が吹き始め、11日から 12日にかけての 24時間で、一斉に衆議院解散確実とマスコミが報道しました。

 安倍 首相は、外遊先で一貫して解散の報道を否定していました。ところが その否定発言の内容が思惑を呼んだのです。「解散のタイミングは 私は何ら決めていない。臆測に基づく報道に答えることはしないが、私自身 解散について言及したことは一度もない」これは、解散自体を否定している発言ではないので ゴーサインなんだそうです(笑)。

 今までハプニング解散は何回かありましたが、直前まで首相の真意が解らず、突然 解散権を行使されたケースは極めて稀だと思います。今回の解散を、安倍 首相の思惑で行ったことは間違いありません。第2次 安倍内閣改造の時のブログで、不可解な首相動静について書きましたが、その夏休みの辺りから衆議院解散のプランを練っていたと、中日新聞は伝えています。

 18日 午後 6時03分に「安倍首相 自民党臨時役員会で、衆院解散の意向を表明」と、NHKニュース速報が流れました。7時10分からは、NHK総合で安倍 首相の臨時記者会見を生中継。安倍 首相は、衆議院解散を行うと言明しました。この首相臨時記者会見は、NHK-FMでもラジオ第1と同時中継をし、この日のベスト オブ クラシックは、放送休止となりました。

 21日の本会議で、伊吹文明 議長が 午後1時14分に 解散詔書を朗読。衆議院が解散されました。日本国憲法公布以来 24回目。帝国議会を含む憲政史上では 42回目の解散になります。

 詔書朗読は通常「日本国憲法 第7条により 衆議院を解散する。」までで結了となりますが、伊吹文明 議長は その後の御名御璽・日付 さらに 内閣総理大臣の署名まで読み上げ、失職した議員からのバンザイが ばらついてしまいました(笑)。伊吹文明 議長の今回の詔書朗読は、議事慣習に反して、少々独善的だったと思います。

 安倍 首相は、もし自公で過半数(238議席)に達しない時は、退陣するとまで述べました。正直言って自公過半数が勝敗ラインとは、余程の事態が発生しない限り、切る事はないと思われます。また今回は 消費税 10%への引き上げを見送っていますが、延期した 1年6ヵ月後は、期限を迎えれば必ず引き上げるという首相の発言も、重要なポイントだと思われます。

 19日には みんなの党がスピード解党してしまうなど、今回はやはり野党勢力の消長が焦点だと思われます。来月14日夜の開票速報では、各候補の人間ドラマが浮き出してくる予感がします。その人間ドラマの積み重ねで、どの様な当選・当確議席数になるのか? 突然のアベノミクス解散から厳しい師走総選挙へ突入しました。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、21日に 27万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。