FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第632回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控2」テーマ音楽 [安川午朗]

  2. 第 2 位 ( △ )
    華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ★ )
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌
    ♪イントロから斬新な構成だが楽器和音が粒立つ美しい佳曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    川井憲次「ラビリンス」
    NHK総合・NHKスペシャル「未解決事件」メインテーマ


 4月26日夜は、第18回 統一地方選挙・後半戦の開票でした。

 全国で行われた市町村長選・市町村議会議員選では、押し並べて投票率の低下が指摘されていましたが、私が気になったのは投票率よりも「統一率」の数字でした。

 12年前のブログでも指摘した事がありますが、1947年の第1回 統一地方選挙で ほぼ100%だった統一率は、2015年の第18回では 27・52%(全選挙平均)まで低下しました。だんだん「統一」地方選挙と名乗り難くなりつつあります(笑)。

 ひと昔は東京都知事選も 大阪府知事選も 統一地方選挙に組み込まれていましたが、両知事選共に任期途中の辞任により選挙の時期が ずれてしまいました。

 これでは首長選の補選制度などを導入しないと「統一率」は上がらず、統一地方選挙の意義は失われていくと思うのです。但し奇策があります(笑)。道州制が導入されると、州知事選そして州議会議員選は 一気に統一されます(笑)。

 ここ松本市でも市議会議員選挙が行われました。定員 31に対して 42人が立候補する大激戦でしたが、投票率は 5割を切ってしまいました。

 FM長野やNHK-FMでは 松本市議選の開票速報はなく、地元CATVと中日新聞プラスの開票速報を視ていました。松本市開票所の仕分け作業は迅速で あっと言う間に終わりましたが、激戦を反映してか残票整理に時間がかかり、結局確定は午前0時23分でした。

 選挙結果の迅速な報道は、地上基幹放送を実施しているラジオ・テレビ局の責務です。同じ松本市に本社演奏所が在しFM長野ニュースを放送している長野エフエム放送株式会社さんにも、その基本を理解して欲しいと願っています。

 私は、近所にある投票所へ昼過ぎにいきましたが、投票終了後また「投票記念カード」を1枚受け取って帰りました。

 全国には投票を済ませた有権者に、その投票所で投票済証(投票証明書)を発行している選挙管理委員会があります。ところが投票済証の発行に関して公職選挙法の規定はなく、また投票済証を組織政党や組合が投票動員のチェックに利用する例があり、経費削減の効果も狙って発行を廃止してしまう選管も出てきています。

 そんな中 地元・松本市選挙管理委員会が、投票率対策の一環として昨年夏の県知事選から「投票記念カード」を発行して、投票所内で投票を終えた希望者に渡すサービスを始めたのです。

 この「投票記念カード」は、全国でも初めてで松本市選管の独創です。私は、県知事選で最初の投票記念カードを受け取った翌日に松本市選管に電話をして、この投票記念カードのアイデアを絶賛しました。電話応対した選管職員は喜んでくれていました。

 有権者が選挙に投票する行為は、ある意味義務と捉えている方が多いかも知れません。ですが公職選挙の投票とは、お祭りや社会的イベントに参加したのと同種な記念すべき出来事なのです。

 自らが投票した1票だけで、政治・社会が確実に変わるとは もちろん言い切れません。有権者ひとりひとりが、最も公職にふさわしいと思う候補者に投票する行為が累積される事によって、国政や地方行政は正しく定まるのです。

 ですから公職選挙の投票に参加した行為は、国や自治体そして社会に対して最高の貢献をした慶事なのです。

 投票を済ませた有権者に記念として名刺大のカードをプレゼントする松本市選管は、公職選挙の投票が記念すべき慶事だと本質から理解しています。全国の選挙管理委員会が、松本市選挙管理委員会の素晴らしいモデルケースを学ぶべきだとも思います。

 この投票記念カードを集めるという行為が、有権者の間に少しずつ広がっていけば、不用意な棄権も減り投票率を支える大きなパワーに必ず繋がると確信しています。

 昨年末のアベノミクス解散による抜き打ち的な衆議院総選挙でも松本市選管は、きちんと投票記念カードを発行し今回の市議選で 4枚目となりました。私は、4枚の投票記念カードを名刺ホルダーに保存しています。

 全国の選管に先駆けた松本市選管の投票記念カード。この素晴らしい独創が長く続く事を心から願っています。

第633回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控2」テーマ音楽 [安川午朗]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ
    ♪見事なほど70年代ロックに帰結してるが、和声は現代的な工夫がある佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]


 王室に 王位継承順位 第4位となるシャーロット・エリザベス・ダイアナ 王女が誕生した英国では、祝賀ムードの中で 8日に 下院の総選挙(General Election)が行われました。

 今回の総選挙は、出口調査の段階でBBCが“CONSERVATIVES LARGEST PARTY”「保守党が第1党」と速報。そして事前の接戦予測に反し、最終結果は僅かに過半数に達する“CONSERVATIVES MAJORITY”「保守党が勝利」となりました。また地域政党・スコットランド民族党が躍進し 56議席を獲得しています。

 私はゴールデンウィーク明けでしたが、午後に歯科センターで また抜歯があり(笑)午前中はBBCの開票速報をネット経由で視聴する事が出来ました。

 以前ブログで紹介しました BBC開票速報の美しい選挙グラフィックス“Swingometer”(スウィンゴ・メーター)は、今回ビックベン時計台の内部構造を模しており(笑)健在でした。

 さらに1979年から36年近く総選挙開票速報を担当してきた、David Dimbleby(デイビット・ディンブルビー)も、御年76歳にしてメイン キャスターを 朝7時まで勤め上げました。

 英国の選挙の投票締め切り時刻は、現地時間の午後10時と定められており、万国共通の開票速報の掟通りに(笑)10時ジャスト、ビックベンの鐘の音を合図に出口調査の結果が発表されました。

 ところが英国・BBCの開票速報は、ここから世界中に類例がない独自のスタイルに入ります。完全小選挙区制の英国・下院総選挙では、開票所に全候補者を呼び出して、選挙管理委員会の代表が開票終了後に確定得票をコールし、当選者決定の宣言をするセレモニーが伝統的に続いているのです。

 BBCは 中間得票集計の速報を一切行わず、そのセレモニーを中継し読み上げた得票を打ち込んで画面表示し、そのまま当選者を発表するのです。

 もちろん このセレモニー中継は、Sunderland south(サンダーランド南)選挙区などの全国一速い結果発表を目指している開票所や注目の激戦選挙区だけです。

 650もある選挙区から結果が一斉に出る時間には、例えば“CON Hold”なら保守党が議席維持。“SNP Gain from LAB”ならスコットランド民族党が労働党から議席奪還と、テロップによる選挙区名と当選者 所属政党速報だけになります。

 つまり英国・BBCの開票速報には、当選確実(当確)という概念が存在しないのです。

 BBCには政治の専門チャンネルがあり、そこで画期的とも言える(笑)昔の開票速報特番を そのまま再放送し、私もYouTubeを通じて視聴しました。

 1959年のBBC開票速報は、タイトルが“The Election Results”。すなわち開票速報ではなく「選挙結果」(笑)という原点を示すタイトルでした。

 将来の選挙制度と考えられている「電子投票」は遅々として普及が進みませんが、日本の国政選挙が完全電子投票となった場合の開票速報は、出口調査が消え去り 運転免許試験場の合格者発表 電光掲示板(笑)の様な速報になると、ブログで予想したことがありました。やはり そのレベルまで達すると当選確実は不要となります。

 ほぼ即日開票で開票作業の迅速化が図られている現在では、出口調査による当選確実から選管による当選者確定まで数時間程度の時差(笑)しかなく、英国・BBCの開票速報の伝統的システムは、やはり選挙報道の王道を行くのかも知れません。

第634回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲
    ♪約16年ぶりの小室サウンド。

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控2」テーマ音楽 [安川午朗]
    ♪1位 4週、登場11週。


 フィーチャーフォン(feature phone)であって、フューチャーフォン(future phone)では ないのだそうです(笑)。ガラパゴス携帯(ガラケー)とも言われるフィーチャーフォンの語彙は通話以外の多機能を有する電話、なんとも原点回帰な表現です。

 国内携帯電話メーカーは、独自OSを搭載したフィーチャーフォンの生産を 2017年で終了し、OSはAndroidに統一していく方針であると先日 報道されました。

 もう一部ではAndroid搭載のフィーチャーフォンが発売されていますが、まだスマートフォンの様な機能を完全に搭載してはいない様です。

 このブログはスマートフォンに完全対応していますが、HTML5・CSS3を開発した私自身がスマートフォンを持っておらず、未だ実機確認をしていない状態なのです(笑)。

 ここ数週間ほどスマートフォンからのブログご訪問者数が、遂にPCからの ご訪問者数を超えました。その皆さんからは特段のクレームは ありませんので、全キャリア機能していると推定しています(笑)。

 私自身スマートフォンに変えようと何度か考えましたが、それを躊躇している最大の理由が、フィーチャーフォンの搭載している「物理キー(テンキー)」の存在なのです。

 週間選曲リストは 今週で634週目になりますが、週間放送視聴日記を含めた12年間のブログ テキスト全文を、まずフィーチャーフォンで作っています。そして出来上がった草稿をメールでPCで送り、改行や誤字チェックをして毎週アップしています。

 フィーチャーフォンで作ったブログ文字数は、延べ150万にもなる勘定です。これだけの文字数の文章をフィーチャーフォンの物理キー(テンキー)で打ち続けると どうなるのでしょうか? 相当な高速でタイピングが出来る様になります。

 例えはテレビを視ながら、電車で外の景色を視ながら、別の事を考えている状態で右手の親指が文章を作っていく、そんな域まで達します(笑)。物理キー(テンキー)のないスマートフォンに変更するのは、この技能(笑)を捨てる事に なってしまうのです。

 やはりこの技能を捨て去る事は実にもったいなく、それが未だスマートフォンに変えられなかった最大の理由でした。

 フィーチャーフォンが独自OS搭載を打ち切るとの方針は、Android搭載のフィーチャーフォンに変えていくという事で、まず物理キー(テンキー)があって、かつスリムで折り畳めて、紛失防止のストラップを直接本体に着ける事が出来れば、明日でもスマートフォンに切り替えます(笑)。

 先行機種にも搭載されていますが、スマートフォンの様にタッチ液晶画面を撫でまくり指紋ベトベト(笑)になるのではなく、物理キー(テンキー)全体がタッチパネルのセンサーになっていて、物理キー(テンキー)を撫でれば、画面の拡大や縮小など同様に出来る基本機能は素晴らしいものです。

 なにやらガラパゴス携帯と言われたフィーチャーフォンが、物理キー(テンキー)付のスマートフォンになるフューチャー(未来)が視えて来ましたので、取り合えず電池交換をして(笑)もう暫く今までのフィーチャーフォンを使って行こうと考えています。

第635回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「天使と悪魔 ~ 未解決事件匿名交渉課」劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪旋律にパターンが聴き取れるようになったが和声は整っている劇伴群。


 ブロガー・プロフィールにも書いてあります通り、小学生の頃から(笑)数多くの開票速報特番を視聴してきましたが、これほど劇的な開票速報を視たのは初めての経験でした。

 17日に 大阪市民211万人を対象として投開票された「大阪都構想住民投票」は 僅かに反対が上回り 大阪都構想は廃案。推進してきた橋下徹 大阪市長は、任期末での退陣と政界引退を表明しました。

 【確定得票数:反対 70万5585 賛成 69万4844】

 ネットでは当日 午後あたりから事前の世論調査とは異なり、賛成派が予想外の善戦との出口調査の噂が乱れ飛んでいました。

 投票締切の午後8時ジャスト、NHK総合テレビは 大河ドラマ「花燃ゆ」がスタートしても、全国向け速報テロップは出さず沈黙を保ってました。そしてNHK大阪局(BK)が独自のラジオ開票速報で「出口調査は賛否拮抗」と放送すると、全国に その情報が駆け巡ります。

 まず公表された共同通信社の出口調査は、51・7 対 48・3で 賛成有利。8時45分の全国ニュースでは、NHKの出口調査が 52 対 48(棒グラフ解析値)で、やはり賛成有利と報道されます。

 9時49分から始まったNHK開票速報は、画面下に開票率と賛成・反対の得票状況をリアルタイムで表示し、実に解りやすい速報スタイルをとりました。

 そのリアルタイム表示は、9時59分頃の開票率4%から 10時09分に開票率7%へ進むと、物凄い勢いで開票率と得票数が加算されていきます。

 1分後の10時10分には 開票率 24%、さらに2分後の10時12分には 開票率 56%、10時13分には 開票率 63%と、僅か4分の間に約81万票が集計されていったのです。そこまでは賛成が僅かに優勢でした。

 ところが10時17分に放送された大阪市内24区の開票所別状況は、反対が多数で開票を終えている区が少しずつ増えてきている結果を伝え始めていました。

 そして10時33分に開票率81%の段階で NHKは、まだリードされている反対サイドに「多数確実」と速報しました。「多数確実」という語彙は、従来の当選確実に匹敵するもので、開票速報の歴史の中で初めて使われました。同時にNHKは、多数確実をチャイム入りニュース速報でBSなどにも放送しています。

 僅差とは言え出口調査とは異なる開票結果。しかもリードされていた側に「多数確実」を打ち、それから僅か32分後に橋下 市長が政界引退まで表明してしまう その結末は、過去に類例のない最も劇的な開票速報でした。

 住民投票の最終得票率は、賛成 50・4% 反対 49・6%と、出口調査は統計学的な誤差の範囲内で収まっていましたが、出口調査の順位が外れた事は事実であり、投票総数の25・6%にも達した 35万9000票の期日前投票を調査対象としない現行の出口調査には、やはり問題点がある様に思えてきます。

 橋下 市長率いる大阪維新の会(維新の党)が目指した大阪都構想は潰えましたが、その捨石の波紋は 最近妙に静寂さを保っている道州制に対して、大きなモーションになる予兆を含み始めています。私は、これからの日本の政治の大きなテーマは、道州制と憲法改正だと考えています。

 特にワンテーマで直接賛否を問う140万人以上が参加した住民投票は、日本の歴史上 初めての出来事であり、このブログでも指摘しましたが、NHKや各マスメディアにとって今回の大阪都構想住民投票 開票速報は、憲法改正国民投票 開票速報の重要な予行演習になったのではないのかと、今回の「多数確実」の語彙からも感じています。

第636回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌
    ♪編曲は 末廣健一郎。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「天使と悪魔 ~ 未解決事件匿名交渉課」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲


 暦年で6年に1度(丑と未の年)開かれる「善光寺 御開帳」に先週行ってきました。私は善光寺信徒会員で、我が家の菩提寺は 善光寺になります。

 と言うものの前回(平成21年)のご開帳は、どうしても仕事の都合がつかず 12年ぶりのご開帳参拝になりました。前回は どうしても週末が ものすごい混雑となり、平日参拝に拘ってしまったので参拝できませんでした。今回も残り2週の段階でしたが、どうにか平日に半日空き参拝する事が出来ました。

 午前中の仕事を終え、安曇野インターから高速バスで長野駅へ向かい、駅から善光寺大門までシャトルバスに乗りました。大門からの参道は、平日でも沢山の参拝客で混雑しており、その参道を ゆっくり歩いていくと遠くに前立本尊の回向柱が見え、歩幅で確実に その姿が大きくなってきます。

 まずは回向柱に触ってから参拝しようと行列に加わりました。ちょうど回向柱の前面の列でした。遠くに見えていた回向柱が、だんだんと見上げる様になってきます。青空にそびえる回向柱は 実に美しいコントラストでした。右手・左手と回向柱に触れ仏縁を結んだ後 本堂に登りました。

 善光寺の本尊は、1400年以上も守られている絶対秘仏です。そのレプリカである「前立本尊」阿弥陀如来像の右手に結ばれた金糸が五色の糸となり、白い善の綱として回向柱に結ばれています。

 内陣参拝は 拝観料を払わなければなりませんが、信徒会員は 会員証を提示すると無料です。ずっと回向柱を見てきた後は、回向柱に結ばれている綱を見上げながら次の行列に並び 前立本尊に参拝しました。私には結ばれている綱が、どうしてもアンテナ線の様に思えてきます(笑)。

 内陣参拝を終え御印文頂戴を受けると、早くも2時間も経過していました。次は持参の御朱印帳に朱印を頂こうと思いましたが また長蛇の列です。なんと受付まで1時間半 朱印を受け取るまで1時間半 合計3時間もかかるとのことでした。

 腰痛持ちの私としては そろそろ限界でしたので(笑)列から離れ日赤救護所隣の休憩所テントで まず水分補給をしました。その後 信徒として大本願に参拝し、行列に並ぶ事なく御開帳記念の印も押してある大本願御朱印を頂きました。

 最後に もうひとつの回向柱である世尊院釈迦堂の回向柱に触れると 既に時間ぎりぎりです。特別に大門前始発となっている松本行き高速バスに飛び乗り 帰路につきました。まるでビジネスライクな(笑)純粋に参拝だけの御開帳でした。

 御開帳期間中は、回向柱守という回向柱のミニチュアの形をした特別な御守が頒布されています。次の御開帳まで霊験ある御守りですが、我が家の回向柱守は 前々回の御開帳から 12年間も守ってくれました。その回向柱守を古札納所に納めて、今回新しい回向柱守を受けてきました。

 新しい回向柱守は、我が家の小さなお仏壇の中にお納めしました。このお仏壇だいぶ年季が入っており、次のご開帳までにマンションに合った、厨子型のミニ仏壇に変えようと考えています。この回向柱守に引き継ぎ役をお願いするつもりです。仏壇隣の高い位置には地場の神社である伊和神社の御札もあります。善光寺には神仏習合の歴史があり、仲良くお祀りしています。

 行列に並び続けるのは大変でしたが、参拝を終えた後の爽快感は ちょっと他では味わえない格別なものです。私が初めて善光寺本堂の法要に出席した後、本堂を出た瞬間も同じ爽快感でした。

 前述の御印文頂戴では、善光寺のご本尊と同じ閻浮檀金(えんぶだごん)で作られていると伝承がある善光寺の宝印を参拝者の頭に押します。古来より この印を押された者は極楽浄土へ行くと信じられています。

 この御印文頂戴の行列に並んでいると、前では お爺さんのところに順番が回っていました。合掌しているのですが なかなか押してもらえません。おかしいと思って合掌のまま見上げた お爺さんの前で、御印文を押している堂守さんは、金印を持ち替え体勢を整えているところでした(笑)。

 あまりの人数を押し続けてきたので、金印が ずれてしまったのでしょう(笑)。堂守さんも お爺さんも笑っていました。そして体勢を整え、そのお爺さんには丁寧に丁寧に頭へ押印していました。なにかこの眼で極楽行き確定の瞬間を目撃したかのような光景でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2015年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。