FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第632回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控2」テーマ音楽 [安川午朗]

  2. 第 2 位 ( △ )
    華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ★ )
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌
    ♪イントロから斬新な構成だが楽器和音が粒立つ美しい佳曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    川井憲次「ラビリンス」
    NHK総合・NHKスペシャル「未解決事件」メインテーマ


 4月26日夜は、第18回 統一地方選挙・後半戦の開票でした。投票率の低下が指摘されていましたが、私が気になったのは、投票率よりも「統一率」の数字でした。12年前のブログでも指摘した事がありますが、1947年の第1回 統一地方選挙で ほぼ 100%だった統一率は、2015年の第18回になると 27・52%(全選挙平均)まで低下しました。

 ひと昔は、東京都知事選も 大阪府知事選も 統一地方選挙に組み込まれていましたが、両知事選共に任期途中の辞任により 選挙の時期が ずれてしまいました。これでは「統一率」は上がらず、統一地方選挙の意義は 失われていくと思うのです。但し奇策があります(笑)。道州制が導入されると、州知事選そして州議会議員選は 一気に統一されます(笑)。

 ここ松本市でも市議会議員選挙が行われました。定員 31に対して 42人が立候補する大激戦でしたが、投票率は 5割を切ってしまいました。選挙結果の迅速な報道は、地上基幹放送を実施しているラジオ・テレビ局の責務です。同じ松本市に本社演奏所が在しFM長野ニュースを放送している長野エフエム放送株式会社さんにも、その基本を理解して欲しいと願っています。

 私は、近所にある投票所へ昼過ぎにいきましたが、投票終了後また「投票記念カード」を 1枚受け取って帰りました。全国には投票を済ませた有権者に、その投票所で投票済証(投票証明書)を発行している選挙管理委員会があります。ところが投票済証の発行に関して公職選挙法の規定がなく、経費削減の効果も狙って発行を廃止してしまう選管も出てきています。

 そんな中 地元・松本市選挙管理委員会が、昨年夏の県知事選から「投票記念カード」を発行して、投票所内で投票を終えた希望者に渡すサービスを始めたのです。この「投票記念カード」は、全国でも初めてで松本市選管の独創です。私は、松本市選管に電話をして、この投票記念カードのアイデアを絶賛しました。電話応対した選管職員は喜んでくれていました。

 自らが投票した 1票だけで、政治・社会が確実に変わるとは もちろん言い切れません。有権者ひとりひとりが、最も公職にふさわしいと思う候補者に投票する行為が累積される事によって、国政や地方行政は 正しく定まるのです。ですから公職選挙の投票に参加した行為は、国や自治体そして社会に対して 最高の貢献をした慶事なのです。

 投票を済ませた有権者に、記念として名刺大のカードをプレゼントする松本市選管は、公職選挙の投票が記念すべき慶事だと、本質から理解しています。全国の選挙管理委員会が、松本市選挙管理委員会の素晴らしいモデルケースを学ぶべきだと思いますし、不用意な棄権も減り投票率を支える大きなパワーに 必ず繋がると確信しています。

 昨年末のアベノミクス解散による抜き打ち的な衆議院総選挙でも松本市選管は、きちんと投票記念カードを発行し、今回の市議選で 4枚目となりました。私は、4枚の投票記念カードを名刺ホルダーに保存しています。全国の選管に先駆けた松本市選管の投票記念カード。この素晴らしい独創が長く続く事を心から願っています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2015年05月01日 の週間選曲リスト と『 松本市選管の投票記念カード 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。