FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第143回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”
    ♪ヴォーカルに複数の楽器和音を兼ねる様な効果を感じる。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」テーマ音楽 [近藤等則]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Frederico Mompou“POUR ENDORMIR LA SOUFFRAMCE”
    NHKラジオ第2放送・教養番組「朗読の時間」時間調整音楽

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    高橋真梨子「淡き恋人」
    SBC TBS・愛の劇場「正しい恋愛のススメ」主題歌


 FM長野が、開局以来 最大規模となる番組改編を実施しました。自社制作番組の約 90%を組み替え、月曜から木曜の午後に 新設の生ワイドを編成しています。今回の大改編によって、1988年10月の開局以来続いていた(1996年 4月を除く)大岩堅一 アナの生ワイド パーソナリティ担当記録が途切れてしまいました。

 今までのFM長野と違ったカラーを出そうという編成意図は解ります。しかし、健全な経営を続けるためには、おのずと自社制作率の限界点もあります。例えば FM石川(ハローファイブ)は、午後から夕方まで約 8時間に渡り生ワイドなどの自社制作番組を編成していますが、ここが限界点となり、朝ワイドは JFN受けが主体で自社制作しません。

 他に堅実に経営をしている県域JFN加盟局は、無理をせず平日 3時間程度の安定した生ワイドを中心に編成している様です。今回のFM長野の番組改編は、平日 約 7時間近くの生ワイドで編成しています。開局以来 お昼前の個性的な自社制作番組枠として放送されてきた“ALPICO Chao×Chao Cafe”も番組終了となってしまいました。

 今までのFM長野は、まず「ジェット ストリーム」を始めとするJFNネットが基本。そこへ信州色が出た自社制作の帯ワイドを無理なく編成し、差別化を図る方針を採用してきました。そして「冠スポンサー」がついている自社制作番組を積極的に開発してきたのです。今回のFM長野の大改編は、従来の基本方針から逸脱しており、その継続性に注目しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2005年10月 現在(大改編)

  1. 【1】Radication Style
       月 → 木 1700 ~ 1900(木 1855)
       田中利彦・湯本久美・小林新・ちのみえこ

  2. 【2】Oasis 79・7
       月 → 金 0730 ~ 1000(金 0955)
       伊織智佳子・高寺直美

  3. 【3】Studi  Siesta
       月 → 木 1330 ~ 1555
       清水まなぶ・ちはる

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】よくばり☆マガジン RADIO Comfy
       金 1130 ~ 1255
       坂口千夏

 開局時(1988年10月)から 17年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第144回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  2. 第 2 位 ( △ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ☆ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]
    ♪新シーズンのタイトルバックが抜群の出来。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥 ~ 華の乱」劇中効果音楽 [石田勝範]
    ♪アクの強い劇伴音楽に新トラックが加わる。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」テーマ音楽 [近藤等則]
    ♪1位 1週、登場 4週。


 ハスキーボイスが魅力のDJ・野村恵美 さんは、開局当初の頃からFM長野に登場しています。1990年から1993年まで、AUTOBACS AB CRUISIN’という番組を担当されていました。

 1988年の FM長野開局以来、月 ~ 金曜 平日 午前11時30分からのALPICOグループ提供の帯番組は、完パケでしたがFM長野の象徴的な自社制作プログラムでした。

 曜日ごと日替わりメニューの方式は、かつて山崎詠子 アナが“ALPICO Good Day Cruisin’”において最初に取り入れたフォーマットです。

 “ALPICO Chao×Chao Cafe”(アルピコ・チャオ チャオ・カフェ)は、オール洋楽ながら、FM長野 自社制作番組の中で最も優れた選曲センスがありました。ブログ開始以来 2005年 9月まで、私が参加し応援していたラジオ番組です。

 私のリクエストも数多く採用して頂きました。ただリニューアルの度に聴取層ターゲットを狭めていき、最終的には「大人の女性のためのプログラム」までコンセプトで限定してしまった点と、曲締めが早過ぎるのが気になっていました。

 FM長野では、開局以来 大岩堅一アナが、リクエストによるリスナー参加番組の究極形を開発していきました。原点は、ABC朝日放送時代のABCヤングリクエストにあるのですが、局アナ パーソナリティーが、リスナーに対して胸襟を開いて飛び込んでいった手法は、大岩堅一アナが 信州のラジオの世界で、全く一から造り上げていきました。

 その高い域から考察すると、“ALPICO Chao×Chao Cafe”は、従来からあるラジオ番組のレベルに収まってしまってました。大岩アナの様な徹底したリスナー参加のコンセプトを採ることに、恐怖と必要性を感じなかったのかも知れません。

 リスナーである私も この様なブログを始めましたし、リクエストなど従来のリスナー参加の形態から、採用・没などの中間判断がない、インターネットによる真の双方向によるリスナー参加を模索し始めています。旧態のリスナー参加は、この“ALPICO Chao×Chao Cafe”が最後になると思われます。

 リスナーと密接な関係を保つ番組制作は、大岩アナの手法を踏襲した“ALPICO Good Day Cruisin”で既に成功していました。コンセプトをフリーにして放送曲数を絞る純粋な方法論はあったし、番組が変わる度に一(いち)からコンセプトを組み直すのではなく「引き継いでいく」コンセプトも必要だったと思います。

 ただ“ALPICO Chao×Chao Cafe”は、生真面目なほど誠実な番組制作の姿勢を取り続けていました。放送終了と午前11時30分からのALPICO枠が なくなってしまったのは大変残念です。

 平日の自社制作の生ワイド番組は、JFN加盟局に関して言えば、朝が 7時30分から 9時までの 通勤・通学タイム。そして夕方が 17時から19時までの 帰宅タイム。計 3時間30分が基本となります。

 その上でALPICO枠の様な冠スホンサーがついた自社制作番組が、例え5分間ずつでも増えていけば、FM長野は 穏やかに活性化していくのでは? と一(いち)リスナーなりに考えています。

第145回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥 ~ 華の乱」劇中効果音楽 [石田勝範]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]
    ♪ピアノとストリングスでアンサンブルとして構成された劇伴1トラックが佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング
    ♪1位 1週、登場12週。


 このブログは、現在のPCでも閲覧可能な無料携帯サイトのブログ機能(MSNスペース)から、今年中に正式なブログサービスへ移転するべく準備を進めています。

 これからは (1)PCからの閲覧を中心にブログを運営していきます。(2)URLを独自ドメインとします。(3)広告を出来る限り排除します。 以上の3点を基本方針としました。

 どのブログ サービスを利用するのか? 検討してきましたが、ライブドアのブログサービスを利用する事に決めました。今週 アカウントを取得しています。

 ライブドアのブログサービスでは、最初から有料サービスに入り、出来る限り広告を廃除したブログを運営したいとも考えています。勝手に入ってくるスポンサー広告だけは、間違いなく表示されないシステムを選択します。

 このブログには、今週までに Basic List も含んで、総記事数は 152あります。どうもこの無料携帯サイトには、エクスポート機能が無いに等しく(笑)来週から総てのリスト(記事)を、ひとつずつコピーペーストして(笑)移記する作業を始めなければならない様です。これは本当に大変な作業です(笑)。

 このブログを始めた頃は、私自身まだブログの概念が掴めきれずにいました。従来のホームページから日記機能を特化したものだとは理解していましたので、週間選曲リスト と 週間放送視聴日記は、公開日付と通算回数で整序出来る様に毎週アップしてきました。

 しかし、現在ではインターネットの世界でブログの成長が著しく、明確に正式なブログ サービスと、ブログ サービスもどき(笑)の区別がついてしまいました。ブログを名乗るからには、正式なブログ サービスに乗り替えなければなりません。

 利用することに決めたライブドアのブログサービスは先進的ですが、ライブドア グループの荒っぽい拡大型経営手法に少し懸念も持っています。このままずっとライブドアを利用するかどうか 実に微妙ですが、現在のブログ サービスもどき(笑)とは、全く異なりますので、乗り替えには躊躇致しません。

 但し、基本方針にあります通り「独自ドメイン」を取得致します。インターネットに正式なアドレスを持ち、ブログ運営の自主性を高めていきます。そして次の次の引っ越しが必要になった時には、URLを変えずに、エクスポート機能とインポート機能で、簡単に引っ越せる様な対策を考えています。

 これからブログ移転までの間、ご愛読者の皆さまには ご迷惑を おかけしますが、何卒よろしく お願い致します。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。

第146回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥 ~ 華の乱」劇中効果音楽 [石田勝範]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]
    ♪第2シリーズも変わらず心に染みるテーマ音楽を使っている。


 秋は 芸術の季節ですが、娯楽番組が殆どの民放テレビにも美術・芸術番組は存在します。長野県 諏訪市に本社がある セイコーエプソン(EPSON)1社提供「EPSON MUSEUM 美の巨人たち」(テレビ東京・2000年 4月 ~ 現在放送中)は、民放テレビに珍しい稀有な美術紹介番組です。地元SBC信越放送でも、番販購入によりネット放送しています。

 私が録画保存している 2001年12月 8日 本放送「谷内六郎 ~ 上総の町は貨車の列 物見の高さに海がある」は、空想の詩人・谷内六郎 画伯の原点というべき、週刊新潮・創刊号表紙絵を深く考察しています。週刊新潮は、創刊時に自らの表紙に関して、米国の著名雑誌「ニューヨーカー」をモデルに置いていました。絵画のような全面イラストの表紙です。

 白羽の矢が飛んできた谷内六郎 画伯は、病弱だった事もあり、その表紙絵を毎週描く仕事の依頼が来た時、受けるか否か大変苦悩しました。そして意を決して「毎週が展覧会」という厳しい創作生活へ身を投じていきます。そして谷内六郎 画伯は、1303枚もの週刊新潮・表紙絵を書き続け、全国の読者から絶大なる人気を博しました。

 59才という若さで急逝するまで 1週も休まず、その全国の読者の手元で 展覧会は開催されました。番組では、最初に書き上げた創刊号 表紙絵の あまりにも美しい出来に、受け取った編集者が その時の感動を思い起こして涙する姿も、俳優・小林薫の素晴らしいナレーションと共に紹介。その絵こそ「上総の町は貨車の列 物見の高さに海がある」だったのです。

 私は、谷内六郎 画伯の画風に加えて、1週 1枚ずつ新作を発表し続けていく、オーガナイズされた芸術活動に大変魅力を感じています。自由奔放な画家が多い中で、人間として最も大切な誠実さ や ひたむきさ が、谷内六郎 画伯の人生に感じられるからです。そして谷内六郎 画伯の絵が心へ染みてくるのは、ちょうど私の子供の頃が、その絵に色褪せず残っているからでしょうか?

 谷内六郎 画伯の生涯を丁寧に紹介した「美の巨人たち」は 素晴らしい放送でした。当時使われた、イタリアのポップグループ“ナディア・バザール”の番組エンディング曲は「BLOG プレリュード」 ~ 2001年からの選曲 で紹介しているほど秀逸な作品です。谷内六郎 画伯には 遠く及びませんが、私も 1週 1ページずつ、このブログを書き続けていきたいと思っています。


(追記) この番組録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。2007年 1月から、スポンサーがセイコーエプソンからKIRINに変わりました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2005年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。