FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第143回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”
    ♪ヴォーカルに複数の楽器和音を兼ねる様な効果がある。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」テーマ音楽 [近藤等則]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Frederico Mompou“POUR ENDORMIR LA SOUFFRAMCE”
    NHKラジオ第2放送・教養番組「朗読の時間」時間調整音楽

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    高橋真梨子「淡き恋人」
    SBC TBS・愛の劇場「正しい恋愛のススメ」主題歌


 FM長野が、開局以来 最大規模となる番組改編を実施。自社制作番組の約 90%を組み替えました。

 月曜から木曜の午後に 新設の生ワイドを編成しています。今回の改編によって、1988年10月の開局以来続いていた(1996年4月を除く)大岩堅一 アナの生ワイド パーソナリティ担当記録が途切れてしまいました。

 今までのFM長野と違ったカラーを出そうという編成意図は解ります。しかし、健全な経営を続けるためには、おのずと自社制作率の限界点もあります。

 例えばFM石川(ハローファイブ)は、午後から夕方まで約8時間に渡り生ワイドなどの自社制作番組を編成。ここが限界点となり、朝ワイドは JFN受けが主体で自社制作しません。

 他に堅実に経営をしている県域JFN加盟局は、無理をせず平日3時間程度の安定した生ワイドを中心に編成している様です。

 今回のFM長野の番組改編は、平日 約7時間近くの自社制作番組を、ほとんど生ワイドで編成しています。

 開局以来 お昼前の個性的な自社制作番組枠として放送されてきた“ALPICO Chao×Chao Cafe”も番組終了となってしまいました。

 今までのFM長野は、まず「ジェット ストリーム」を始めとするJFNネットが基本。そこへ信州色が全面に出た自社制作の帯ワイドを無理なく編成。明確に自社制作の帯ワイドと、JFN全国ネット番組の差別化を図る方針を採用してきました。

 そして「冠スポンサー」がついている自社制作番組を積極的に開発して、平日昼や土・日にもバランス良く配置する努力を続けてきたのです。今回のFM長野の大改編は、従来の方針から やや突出しており、その継続性に注目しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2005年10月 現在(大改編)

  1. 【1】Radication Style
       月 → 木 1700 ~ 1900(木 1855)
       田中利彦・湯本久美・小林新・ちのみえこ

  2. 【2】Oasis 79・7
       月 → 金 0730 ~ 1000(金 0955)
       伊織智佳子・高寺直美

  3. 【3】Studi  Siesta
       月 → 木 1330 ~ 1555
       清水まなぶ・ちはる

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】よくばり☆マガジン RADIO Comfy
       金 1130 ~ 1255
       坂口千夏

 開局時(1988年10月)から 17年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第144回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  2. 第 2 位 ( △ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ☆ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]
    ♪新シーズンのタイトルバックが抜群の出来。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥 ~ 華の乱」劇中効果音楽 [石田勝範]
    ♪アクの強い劇伴音楽に新トラックが加わる。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」テーマ音楽 [近藤等則]
    ♪1位 1週、登場 4週。


 ハスキーボイスが魅力のDJ・野村恵美 さんは、開局当初の頃からFM長野に登場しています。1990年から1993年まで、AUTOBACS AB CRUISIN’という番組を担当されていました。

 1988年の FM長野開局以来、月 ~ 金曜 平日 午前11時30分からのALPICOグループ提供の帯番組は、完パケでしたがFM長野の象徴的な自社制作プログラムでした。

 曜日ごと日替わりメニューの方式は、かつて山崎詠子 アナが“ALPICO Good Day Cruisin’”において最初に取り入れたフォーマットです。

 “ALPICO Chao×Chao Cafe”(アルピコ・チャオ チャオ・カフェ)は、オール洋楽ながら、FM長野 自社制作番組の中で最も優れた選曲センスがありました。ブログ開始以来 2005年 9月まで、私が参加し応援していたラジオ番組です。

 私のリクエストも数多く採用して頂きました。ただリニューアルの度に「大人の女性のためのプログラム」へと聴取層ターゲットを限定してしまった点と、曲締めが早過ぎるのが少し気になっていました。

 リスナーと密接な関係を保つ手法は、既に“ALPICO Good Day Cruisin’”で成功していました。フリーなコンセプトで放送曲数を絞る方法論はあったし、番組が変わる度に一(いち)からコンセプトを組み直すのではなく「引き継いでいく」コンセプトも必要だったと思います。

 “ALPICO Chao×Chao Cafe”は、非常に誠実な番組制作の姿勢を取り続けていました。放送終了と午前11時30分からのALPICO枠が なくなってしまったのは 大変残念です。

 平日の自社制作の生ワイド番組は、JFN加盟局に関して言えば、朝が 7時30分から 9時までの 通勤・通学タイム。そして夕方が 17時から 19時までの 帰宅タイム。計 3時間30分が基本となります。

 その上でALPICO枠の様な冠スホンサーがついた自社制作番組が、例え5分間ずつでも増えていけば、FM長野は 穏やかに活性化していくのでは? とリスナーなりに考えています。

第145回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥 ~ 華の乱」劇中効果音楽 [石田勝範]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]
    ♪ピアノとストリングスでアンサンブルとして構成された劇伴1トラックが佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング
    ♪1位 1週、登場12週。


 17日に、小泉 首相が靖国神社に参拝しました。

 ニュース番組の中で改めてニュース速報を流すのは、相当重大かつ切迫性のあるニュースが発生した時です。普通は 担当キャスターが「ただ今 入ったニュースです」とジャストインすれば済みます。

 しかし、午前8時前に小泉 首相は今日 靖国神社を参拝すると、朝の「NHKニュース おはよう日本」の最中「NHKニュース速報」を流しています。

 さらに午前10時過ぎからは、NHK総合・民放テレビ全局(SBC・NBS・TSB・ABN)が特設ニュースと報道特別番組で、首相参拝を秋季例大祭が行なわれている靖国神社から生中継しました。

 小泉 首相がポケットからお賽銭を出したのには少々驚きましたし、前回の参拝より各局共にセンセーショナルなニュースの扱いとしているのが、若干理解に苦しみました。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」が、まもなく冬眠にはいります。

 例年の冬眠前と比べて、かめクン は いたって元気で、冬眠直前の「たっぷり日光浴」も余りしたがらず、毎日ガチャをして遊んでいます。エサの量は減りましたが迷う事なくパクついています(笑)。

 先日 水質安定剤を購入しました。水棲ガメ飼育水専用のものです。薬が強い可能性もあり普段は使用せず、念のため皮膚病防止として常備しておく目的で購入しました。

 毎年 恒例となった冬眠前の かめクン の身長測定。かめクン は、0・5センチ伸びて 14・0センチになりました。


 このブログは、年内にいよいよ正式なブログサービスへ移行します。

 ライブドアのブログサービスを利用する事に決めました。今週 アカウントを取得しています。最初から有料サービスに入り、出来る限り「広告」を廃除したブログを運営したいとも考えています。

 来週から過去の記事を、ひとつずつコピーペーストして(笑)移記する作業がスタートします。本当に大変な作業です(笑)。

 またライブドアのブログサービスは先進的ですが、ライブドア グループの荒っぽい拡大型経営手法に少し懸念も持っています。その点に関しては独自ドメインも取得し、ブログ運営の自主性を高める事で対策したいと考えています。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。

第146回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥 ~ 華の乱」劇中効果音楽 [石田勝範]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]
    ♪第2シリーズも変わらず心に染みるテーマ音楽を使っている。


 秋は芸術の季節ですが、娯楽番組が殆どの民放テレビにも美術・芸術番組は存在します。

 長野県 諏訪市に本社があるセイコーエプソン(EPSON)1社提供「EPSON MUSEUM 美の巨人たち」(テレビ東京・2000年 4月 ~ 現在放送中)は、民放テレビに珍しい稀有な美術紹介番組です。地元SBC信越放送でも番販購入によりネット放送しています。

 私が録画保存している 2001年12月 8日 本放送「谷内六郎 ~ 上総の町は貨車の列 物見の高さに海がある」は、空想の詩人・谷内六郎 画伯の原点というべき、週刊新潮・創刊号表紙絵を深く考察しています。

 1303枚もの週刊新潮・表紙絵を書き続けた谷内六郎 画伯。その表紙絵を毎週描く仕事の依頼が来た時、病弱だった谷内六郎 画伯は、この仕事を受けるか否か大変苦悩しました。

 そして意を決して「毎週が展覧会」という厳しい創作生活へ身を投じていきます。59才という若さで急逝するまで 1週も休まず、全国の読者の手元で その展覧会は開催されたのです。

 番組では最初に書き上げた創刊号 表紙絵の あまりにも美しい出来に、受け取った編集者が その時の感動を思い起こして涙する姿も、俳優・小林薫の素晴らしいナレーションと共に紹介。その絵こそ「上総の町は貨車の列 物見の高さに海がある」だったのです。

 私は、谷内六郎 画伯の画風もさることながら、1週1枚ずつ新作の絵を発表し続けていく、オーガナイズされた芸術活動に大変魅力を感じています。

 自由奔放な画家が多い中、人間として最も大切な誠実さや ひたむきさ が、谷内六郎 画伯の人生に感じられるからです。

 谷内六郎 画伯の絵が心へ染みてくるのは、ちょうど私の子供の頃が、その絵に色褪せず切り取られているからでしょうか?

 谷内六郎 画伯の生涯を丁寧に紹介した「美の巨人たち」は 素晴らしい放送でした。当時使われた、イタリアのポップグループ“ナディア・バザール”の番組エンディング曲は「BLOG プレリュード」 ~ 2001年からの選曲 でも紹介しているほど秀逸な作品です。

 谷内六郎 画伯には遠く及びませんが、私も 1週1ページずつ、このブログを書き続けていきたいと思っています。


(追記) この番組録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。 2007年 1月から、スポンサーがセイコーエプソンからKIRINに変わりました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2005年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。