FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第96回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Fayray「口づけ」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛のソレア」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( △ )
    唐沢美帆「君のかけら」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]
    ♪1位 3週、登場 8週。


 大きな被害をもたらした「新潟県中越地震」。当日、チャイム入り地震速報を担当したNHK・藤井克典 アナと小千谷市役所職員との電話でのやりとりが問題になっており、作家の曽野綾子 氏は 週刊誌上で藤井 アナらNHKの対応を批判しています。

 私は、この藤井 アナと小千谷市役所職員のやり取りをライブで視聴していますが、別の意味で不快感を覚えました。それは小千谷市役所職員の対応です。緊急災害時にNHKが生放送で取材する意味を解っていない その対応には、小千谷市役所では危機管理の訓練が全くされていないのでは? と思わざるを得ませんでした。

 曽野綾子 氏は、NHKサイドを強く批判していますが、緊急事態の報道・放送を理解していないと思えてきます。NHKを始めとする放送局は、災害対策基本法による指定公共機関です。地震直後に電話取材して、そのまま生放送で被災地の状況を伝えるのは当然の責務です。藤井 アナは、その責務を果たそうとしていました。

 被災地の状況を、初期の段階で全国に伝えるというNHKの報道は極めて重要なのです。大地震発生時、首相官邸の危機管理センターでは、NHK総合テレビをモニタリングしています。自衛隊の司令部でもモニタリングを開始しています。大災害の初期報道は大切なのです。

 その重要性を深く認識していた藤井 アナよりも「電話が鳴っているから出なくては」とか、生放送を意識しながら通常の行政事務的な感覚で応対した あの市職員こそ、危機管理能力に問題ある言動だったと、実際視聴した私は今でも思います。

 むしろ大災害の際、地方公共団体の職員は、いつ誰が電話取材されても急迫の現状を きちんと伝えられる様に普段から訓練していくのも、自治体危機管理の重要な要素だと感じました。

 曽野綾子 氏は、今回の「新潟県中越地震」の救援活動についても、とても文学者とは思えない辛辣な語彙選択で批判の筆を進めています。

 大災害の報道や救援活動を批判する行為は、よく事態を把握した上で慎重であるべきだと思います。曽野綾子 氏の様に自分は災害の被害が到達しない安全圏に身を置きながら、まるでスポーツ競技の評論をするかの様な今回の言動は、自らの品位にかかわります。

 曽野綾子 氏は、まず被災地を実際訪れて自ら取材し、もう少し緊急災害報道や被災者の救援活動を、詳しく知った上で論ずるべきです。


(追記) 2005年 5月、藤井克典 アナは アナウンス担当副部長として山口放送局へ転勤。2009年 6月に、東京 放送センター・アナウンス室へ復帰しています。このやりとりの録画は、日記内容の立証目的のためデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。

第97回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Fayray「口づけ」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛のソレア」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    唐沢美帆「君のかけら」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング
    ♪類似形のあるメロディラインだがサビのインパクト溢れる力感。


 3日 投開票の『第55回 米国大統領選挙』は、今回も激戦となりました。4年前と同様な開票の混乱も懸念されましたが、結局 民主党のケリー 候補は潔く敗北宣言。共和党候補である ブッシュ 第43代大統領の再選が決まりました。

 【獲得選挙人数:ブッシュ 候補 286 ケリー 候補 252】

 獲得得票数の全米集計である“POPULAR VOTE”も、ブッシュ 候補 50%に対しケリー 候補 48%と やはり僅差。州の勝者が選挙人を総取りする「間接選挙」制度は、今回も明確な大統領選出の仕組みとして巧く機能していませんでした。

 前回の米大統領選挙は、出口調査に依存していた開票速報システムが、史上初めて破綻しました(笑)。

 選挙人の大票田であるフロリダ州では、出口調査だけで落選候補に「勝者判定」したものの、実際の開票実数から この勝利判定を取り消し、フロリダ開票率 97%の段階で、ブッシュ大統領の当確を速報したのです。ところが残り 3%で差が小さくなってしまい、夜明け近くになってブッシュ氏当確を撤回し、そのまま各局の開票速報特番が打ち切られてしまいました(笑)。

 今回は 米・放送メディアの開票速報も大混乱をきたした4年前と打って変わって、州ごとの「勝者判定」や全米の勝者である大統領の「当確判定」に慎重でした。

 終盤にはオハイオ州(割当選挙人数 20)で接戦となると「勝者判定」が遂にストップしてしまいました(笑)。一部の外国通信社では、ブッシュ当確を配信しているのにもかかわらず、ケリー 候補の敗北宣言が出るまで当確判定は控える、妙に規制された開票速報でした(笑)。

 前回の選挙で結局 出口調査と、実際の開票結果に重大な誤差が生じていたとの検証もあり、今回は実際の開票集計をAP通信社へ委託。開票状況に基づく慎重な速報を行ったからだと思われます。

 今回も正式報道はされませんでしたが、出口調査でケリー圧勝を予測した調査会社は あったそうです。やはり調査員の訓練も不十分であったり、調査時間のバラツキや調査場所が投票所から遠く離れているなど、だんだんと「出口調査」の質は低下してきた様です。

 前回そして今回の米大統領選挙の開票速報を視聴してみて、出口調査偏重の開票速報は、大接戦の選挙になるとギャンブル的な要素が増幅され、本来の選挙報道とかけ離れていくことが如実に解りました。

 なお米国大統領選挙の通算回数(今回は 第55回)は、初代 ジョージ・ワシントン 大統領を選出した 1789年の第1回選挙から独自に算出しています。

第98回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Fayray「口づけ」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛のソレア」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥・第一章」劇中効果音楽 [石田勝範]
    ♪アクの強い劇伴音楽群だがシリーズに不可欠な存在。


 大晦日 放送される「第55回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 上戸彩・大塚愛・平原綾香・イ・ジョンヒョン・ダブルユー・ORANGE RANGE・河口恭吾・氣志團・nobodyknows+・Ryu・松平健 の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の41回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・小野文惠 アナ(初) 白組・阿部渉 アナ(3回目) 総合・堀尾正明 アナ(初)と完全NHK職員アナ純血主義(笑)となりました。

 紅白司会者の登竜門として注目されるラジオ中継は、藤崎弘士 アナ と 住吉美紀 アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、山川豊・華原朋美・長渕剛など となっています。

 昔から紅白の司会は、ひとり以上外部招聘でやってきました。かえって このような純血主義には異様さを感じます。昔 子供の頃に視た 宮田輝アナの様なNHKアナの「神様」が 3名揃えば異様さを感じないのかも知れませんが、やはり現状では難しいものがあります。

 また老若男女 国民全体は果たして どんな歌手が好きなのか調べている出場歌手選考基準の「世論調査」結果を今回初めて公表。紅白 各上位15組は出場の意志があれば「当確」として出場させるシステムとなりました。

 世論調査結果「白組」は、1位・氷川きよし(5) 2位・SMAP(出場せず) 3位・北島三郎(41) 4位・五木ひろし(34) 5位・平井堅(4) 6位・サザンオールスターズ(出場せず) 7位・森進一(37) 8位・細川たかし(30) 9位・ポルノグラフィティ(3) 10位・ゆず(2) 11位・ORANGE RANGE(初) 12位・Mr.Children(出場せず) 13位・鳥羽一郎(17) 14位・美川憲一(21) 15位・さだまさし(16) となっています。

 世論調査結果「紅組」は、1位・天童よしみ(9) 2位・宇多田ヒカル(出場せず) 3位・柴咲コウ(出場せず) 4位・坂本冬美(16) 5位・浜崎あゆみ(6) 6位・石川さゆり(27) 7位・小林幸子(26) 8位・森山良子(9) 9位・夏川りみ(3) 10位・大塚愛(初) 11位・和田アキ子(28) 12位・松田聖子(出場せず) 13位・aiko(3) 14位・島倉千代子(35) 15位・BoA(3) 。出場決定の歌手は カッコ内に出場回数を表示しています。

 NHKが今回「世論調査」の結果を公表した事は前進だと思います。

第99回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Fayray「口づけ」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛のソレア」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    唐沢美帆「君のかけら」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪この枠のタイトルバックは 一貫して東映CMが別途制作。


 26日に FM長野を始め総てのJFN加盟局で全国放送されている看板番組『ジェット・ストリーム』が、放送1万回を迎えました。

 “JET STREAM”の「初飛行」は 1967年 7月3日。TFMよりFM東京より さらに前。東海大学が運営していた超短波つまりFM放送の実用化実験局「FM東海」。そこで放送されていた文字通り実験番組のひとつが“JET STREAM”でした。

 FM放送の日本最長寿番組は“JET STREAM”なのです。ここ信州の空へは、1988年 9月20日。FM長野 開局の本免許がおりた翌日、開局前サービス放送の第1夜から飛行を開始しています。素晴らしいイージー・リスニングを中心に、毎日 世界への音の旅が楽しめます。

 その旅に ひとつだけコーナーがあります。機長が城達也 氏の頃は ゆったりとしたチャイム音で始まる「私のレコードアルバム」。そして現在の機長である伊武雅刀 氏が放送している「サウンド・グラフティ」。このミニ特集コーナーの際立つ選曲は、最も美しいラジオ音楽番組の地位を揺るがぬものとしています。

 長い歴史の中では“LOVE SOUNDS ON JET STREAM”(2000年 4月 ~ 2002年 9月)として、スタイルを変え放送された時期もあります。しかしその後、伊武雅刀 氏が機長となり“JET STREAM”は戻ってきました。

 “JET STREAM”は、FMラジオ放送の理想を具現し続けています。それは1社提供で、番組のイメージと提供スポンサー会社のイメージを一致させ、さらに放送する音楽の具体的な選曲も一致させるという点です。これこそ民放FM番組のあるべき姿です。

 私も数多くのFMラジオ番組を聴いてきましたが、やはりDJやナレーションなしで音楽だけを完奏・ノン ストップで流すゾーンは、人気音楽番組の普遍要素だと思います。

 “JET STREAM”は、TOKYO FM、FM長野、そしてJFN存立の基盤となる番組と言っても過言ではありません。

 “JET STREAM”が さらに2万回へと永遠のフライトを続けますように。『ジェット・ストリーム』放送1万回おめでとう ございます。


(追記) この放送1万回記念番組の録音はデジタル化し、MP3ファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2004年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。