FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第608回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・ザ プレミアム「おそろし ~ 三島屋変調百物語」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村由利子]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「すべてがFになる」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「タイムスパイラル」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪1位 1週、登場10週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    柴田淳「車窓」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」劇中効果音楽 [横山克]


 西アフリカから端を発した「エボラ出血熱」は、世界的大流行の懸念が止みません。このワクチン無きウイルス感染症は、犠牲者の予測が全世界で 140万人から 500万人と言われています。

 仮の話ですが いわゆる「幾何級数的」に感染者が増えれば、全世界に爆発的な流行(パンデミック)し、犠牲者は 億の単位まで達するとの恐るべき予測もあります。

 しかし、それは人類がエボラ出血熱に対して 無知のまま無策であった場合の想定です。西アフリカ諸国の中で全体の半数近い感染者を抱えるリベリアでは、懸命の治療で患者増加のペースに減速傾向が見え始めています。油断がなければ幾何級数的な患者・犠牲者の増加は 食い止められる可能性も出てきました。

 エボラ出血熱は、重篤になる確率が圧倒的に高い危険な感染症ですが、新型インフルエンザの様に空気感染はせず、患者に対して医療機関が二次感染予防に最大限の対策を怠らなければ、全世界へのパンデミックは ある程度防げると理解しています。

 ただ世界各国の動きで気になったのは、米国・オバマ 大統領の対応です。オバマ 米大統領は、10月28日に「医療従事者が感染流行国の最前線に行くことを妨げたくない」との理由で、医療従事者が帰国した後の強制隔離など、厳しい防疫対策を導入した 一部州の対応を批判したのです。

 西アフリカでエボラ出血熱治療にあたる医療従事者の環境整備という観点からの批判だそうですが、現に西アフリカでエボラ出血熱の治療に携わって帰国した米メーン州の女性看護師が、人権を盾に潜伏期間内の自宅での隔離を拒否する騒ぎが起き、この女性看護師はサイクリングを強行し(笑)警察が追尾する事態も発生しています。

 はっきり言って慎重の上にも慎重なエボラ出血熱に対する対策が求められている今、別に監禁されている訳でもないのに潜伏期間21日程度の我慢が出来ず、人権や自由の名の元に行楽外出を強行する この女性看護師は、医療従事者としての資質が優れているとは とても思えません。

 また医療従事者帰国後の強制隔離など厳しい防疫対策の導入を批判するオバマ 大統領にも、危機管理の面から甘さが目立ちます。

 感染流行国から帰国した医療従事者には、念には念をいれ社会的ポジションや生活を完全保障した上で、潜伏期間中は ゆっくり休んでもらうのが筋だと思うのです。医療従事者としての責務からも簡単に、その結論は導きだせるはずです。

 5日に投開票された米国・中間選挙は、上院・下院共に共和党が勝利し、オバマ 大統領には任期残り2年間 逆風が吹き荒れます。リビア情勢への躊躇でイスラム国の台頭を招いたオバマ 大統領は、また妙な自由主義の実践で、エボラ出血熱への根本的対策が後手になってしまうのではないのかと心配しています。

第609回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「すべてがFになる」劇中効果音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・ザ プレミアム「おそろし ~ 三島屋変調百物語」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村由利子]

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲
    ♪原曲は アイルランド民謡。日本語詞とシンプルな編曲を一体化した調性感抜群な秀逸曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    柴田淳「車窓」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌


 6年間使っていたPCを交換しました。先日 PCが突然起動しなくなり、BIOS設定を初期化したり、再セットアップをしたりとダマシダマシ(笑)使っていましたが、20回に1回程度起動しなくなり、遂にPCの交換を決断しました。

 このブログのHTML・CSSファイルや仕事で使っているWORDファイルなどは、外部にバックアップしていますので問題なかったのですが、とにかく自宅でPCが使えなくては、にっちもさっちも行きません(笑)。

 緊急と言う事で、地元業者から新古品のノートパソコンを購入。届くまで5日間は、従来のPCを そのまま起動しっぱなしにする(笑)という事で対処しました。

 従前のPCは よくある空冷式で、寝室につけっぱなしにしておくとファンの音が うるさくて仕方がありません。そこで最後の起動する前に長い電源延長コードをつなぎ、就寝時は台所に置いておきました(笑)。間違いなく不調になっているPCを、留守中も起動させておくのは とても心配でしたが どうにか乗り越えました。

 値段も新品の5分の1程度で、まあ予備機として1年程度持てばいいやと軽い気持ちで購入したノートPCですが、windows7とOfficeのプロダクトキーやライセンスキーを指示通り入力し使用してみると、まったく快適なのです。

 従前のPCは、windows Vistaで、CPUも Sempron3400+でしたが、今度のノートPCは、windows7とCPUが Celeron900になり、全く性能に雲泥の差がでました。

 メモリーもHDDの容量も ほぼ従前のPCのままですが、動画スムーズに視られるし、ネットの閲覧やWORDを多重に使っていても同時に行う録画の音飛びが全くなく、こんなに快適に使用出来るとは思ってもいませんでした。

 動画編集などはデスクトップでなければ難しいと思っていましたが、CMカット程度の簡単な編集ならフリーソフトでも難なくこなされる様です。

 それに最も驚いたのは、空冷ファンの音が殆んどしないと言う点です。ゴーという空冷式のファンの音に聞き慣れてしまった約6年間でしたが、耳を澄ますと やっと稼働音が聞こえる程度、殆んど無音に近い状態に すっかり驚いてしまいました。

 もちろんノートPCですので、真夏などの高温時の対策を しなければなりませんし、一番恐れているお茶・コーヒーなどによる水難事故(笑)も気を付けなければなりません。

 PCに関しては、性能至上主義での流行を追う事なく 1台を6年間大切に使ってきました。しかし、intelのビジネス用ノートパソコンが、こんなに快適だとは正直思ってもいませんでした。

 このノートPCを数ヵ月使ってみて問題なく快適な状態が続きましたら、もう一台 同様なノートPCを購入し、自宅は、主・予備の2台体制で使っていきたいと考えています。

第610回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「すべてがFになる」劇中効果音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( △ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・ザ プレミアム「おそろし ~ 三島屋変調百物語」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村由利子]
    ♪1位 5週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    家入レオ“Silly”
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」主題歌
    ♪サビへの導入部のアレンジが抜群の和声と調性。


 年末の衆議院解散の可能性に言及していた新聞は、読売新聞だけだったと思います。中日新聞も 今月初旬の段階では、解散の可能性に ほとんど触れていませんでした。

 ところが安倍 首相が初の日中首脳会談を行った 10日あたりから急激に解散風が吹き始め、11日から12日にかけての24時間で、一斉に衆議院解散確実とマスコミが報道しました。

 安倍 首相は、外遊先で一貫して解散の報道を否定していました。ところが その否定発言の内容が思惑を呼んだのです。「解散のタイミングは私は何ら決めていない。臆測に基づく報道に答えることはしないが、私自身 解散について言及したことは一度もない」これは解散自体を否定している発言ではないのでゴーサインなんだそうです(笑)。

 今までハプニング解散は何回かありましたが、直前まで首相の真意が解らず、突然 解散権を行使されたケースは極めて稀だと思います。

 17日に発表された今年 7 ~ 9月のGDP速報値が、-1・6%と予想外のマイナスだった事が原因のひとつだそうですが、政府が発表する統計を行政のトップである内閣総理大臣が事前に知らない訳はないのです。

 今回の解散を、安倍 首相の思惑で行ったことは間違いありません。第2次 安倍内閣改造の時のブログで、不可解な首相動静について書きましたが、その夏休みの辺りから衆議院解散のプランを練っていたと中日新聞は伝えています。

 17日に 外遊から帰国した安倍 首相は、翌18日に 自民党の役員会で初めて解散の意向を表明。午後6時03分に「安倍首相 自民党臨時役員会で、衆院解散の意向を表明」と、NHKニュース速報が流れました。

 7時10分からは、NHK総合で安倍 首相の臨時記者会見を生中継。消費税10%への引き上げ見送りという判断の信を問う衆議院解散を行う言明しました。

 この首相臨時記者会見は、NHK総合そしてNHK-FMでもラジオ第1との同時放送で中継しました。この日のベストオブクラシックは放送休止となり別番組が編成されています。

 21日の衆議院本会議で、伊吹文明 議長が 午後1時14分に 解散詔書を朗読。衆議院が解散されました。

 日本国憲法公布以来 24回目。帝国議会を含む憲政史上では 42回目の解散になります。

 詔書朗読は通常「日本国憲法 第7条により 衆議院を解散する。」までで結了となりますが、伊吹文明 議長は その後の御名御璽・日付さらに内閣総理大臣の署名まで読み上げ、失職した議員からのバンザイが ばらついてしまいました(笑)。

 安倍 首相は、もし自公で過半数(238議席)に達しない時は退陣するとまで述べました。正直言って自公過半数が勝敗ラインとは、相当ハードルを低くした感じは否めません(笑)。余程の事態が発生しない限り、この勝敗ラインを切る事はないと思われます。

 また今回は 消費税10%への引き上げを見送っていますが、延期した1年6ヵ月後は景気弾力条項を設けず、期限を迎えれば必ず引き上げるという首相の発言は重要なポイントだと思われます。

 19日には みんなの党がスピード解党してしまうなど、今回はやはり野党勢力の消長が焦点だと思われます。来月14日夜の開票速報では、各候補の人間ドラマが浮き出してくる予感がします。その人間ドラマの積み重ねで、どの様な当選・当確議席数になるのか? 突然のアベノミクス解散から厳しい師走総選挙へ突入しました。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、21日に 27万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。

第611回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「すべてがFになる」劇中効果音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    家入レオ“Silly”
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」劇中効果音楽 [横山克]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    柴田淳「車窓」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌
    ♪ヴォーカルが和音になっている。


 22日に 長野県北部で震度6弱の激しい地震が発生し、大きな被害がありました。

 【負傷者 44名】

 長野県は この地震を「長野県神城断層地震」と命名しました。この呼称は、気象庁による正式な命名ではありません。

 白馬村を中心に家屋倒壊なとの甚大な被害が続出し、地震の当初は多くの人が、家屋の下敷きになりましたが、住民同士が みんな顔見知りという高度なコミュニティを保っていたため、極めて迅速な救出活動を行い、なんと犠牲者が ゼロでした。

 これだけの大地震で犠牲者がゼロというのは、まさしく「白馬村の奇跡」というべきものです。

 私は、地震発生時に民放地上波テレビを視聴していましたが、急迫を告げるチャイムと「長野県に強い揺れ」と表示された緊急地震速報と同時に横揺れが襲ってきました。

 松本の震度は 4で、ずれるような強い揺れが 10数秒続きました。幸いにも私の住んでいるマンションは 一応耐震構造になっている3階で、2011年 6月30日の震度5強や今回の揺れにも落下等の室内被害は ありませんでした。

 しかし、住居するエリアが対象となる緊急地震速報と、強い揺れが同時に来襲するのを今回初めて経験しましたが、このインパクトたるや想像以上のものがありました。

 FM長野では 地震時にはネット番組を放送していましたが、地震から4分後の 10時12分に まずライン割り込みで、JFNから地震の第1報と全国震度速報が送出されました。

 次に10時22分に JFNの第2報の後、松本本社スタジオから田中利彦 アナが 県内震度速報。そして10時33分に伊織智佳子 アナが、県内震度の第2報とライフライン情報を伝えました。

 土曜の深夜に近い時間帯という、県域民放FM局では社員無人の可能性が高くなる時間帯に、FM長野は 極めて迅速な地震速報・情報をオンエアーし、報道機関としての責務は果たしたと考えます。

 NHKでは、緊急地震速報の後 10時09分に「チャイム入り地震速報」を全国に放送。長野放送局(JONK)からは田所拓也 アナが全国にリポートしました。

 県内民放テレビ各局もカットインを交えながら、独自の報道特別番組を放送していましたが、最大震度6弱の地点に各局の本社スタジオ機能がある長野市が含まれており、アナウンサーがヘルメット姿だったのは大変印象的でした。

 大地震を起こした神城断層は、ここ松本市も通っている「糸魚川-静岡構造線断層帯」の一部を構成しており、今回の大地震を きっかけとして、ここ3 ~ 4年の間に糸魚川-静岡構造線断層帯へ広く波及していく可能性は否定出来ません。

 犠牲者ゼロという奇跡を事象としてでなく減災の立場から学ぶべきであり、これから起こり得る大地震・大震災への備えを怠らない様にしたいものです。

 今回の地震で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2014年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。