FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第608回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・ザ プレミアム「おそろし ~ 三島屋変調百物語」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村由利子]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「すべてがFになる」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「タイムスパイラル」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪1位 1週、登場10週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    柴田淳「車窓」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」劇中効果音楽 [横山克]

 西アフリカから端を発した「エボラ出血熱」は、世界的大流行の懸念が止みません。このワクチン無きウイルス感染症は、犠牲者の予測が全世界で 140万人から 500万人と言われています。

 仮の話ですが いわゆる「幾何級数的」に感染者が増えれば、全世界に爆発的な流行(パンデミック)し、犠牲者は 億の単位まで達するとの恐るべき予測もあります。

 しかし、それは人類がエボラ出血熱に対して 無知のまま無策であった場合の想定です。西アフリカ諸国の中で全体の半数近い感染者を抱えるリベリアでは、懸命の治療で患者増加のペースに減速傾向が見え始めています。油断がなければ幾何級数的な患者・犠牲者の増加は 食い止められる可能性も出てきました。

 エボラ出血熱は、重篤になる確率が圧倒的に高い危険な感染症ですが、新型インフルエンザの様に空気感染はせず、患者に対して医療機関が二次感染予防に最大限の対策を怠らなければ、全世界へのパンデミックは ある程度防げると理解しています。

 ただ世界各国の動きで気になったのは、米国・オバマ 大統領の対応です。オバマ 米大統領は、10月28日に「医療従事者が感染流行国の最前線に行くことを妨げたくない」との理由で、医療従事者が帰国した後の強制隔離など、厳しい防疫対策を導入した 一部州の対応を批判したのです。

 西アフリカでエボラ出血熱治療にあたる医療従事者の環境整備という観点からの批判だそうですが、現に西アフリカでエボラ出血熱の治療に携わって帰国した米メーン州の女性看護師が、人権を盾に潜伏期間内の自宅での隔離を拒否する騒ぎが起き、この女性看護師はサイクリングを強行し(笑)警察が追尾する事態も発生しています。

 はっきり言って慎重の上にも慎重なエボラ出血熱に対する対策が求められている今、別に監禁されている訳でもないのに潜伏期間21日程度の我慢が出来ず、人権や自由の名の元に行楽外出を強行する この女性看護師は、医療従事者としての資質が優れているとは とても思えません。

 また医療従事者帰国後の強制隔離など厳しい防疫対策の導入を批判するオバマ 大統領にも、危機管理の面から甘さが目立ちます。

 感染流行国から帰国した医療従事者には、念には念をいれ社会的ポジションや生活を完全保障した上で、潜伏期間中は ゆっくり休んでもらうのが筋だと思うのです。医療従事者としての責務からも簡単に、その結論は導きだせるはずです。

 5日に投開票された米国・中間選挙は、上院・下院共に共和党が勝利し、オバマ 大統領には任期残り2年間 逆風が吹き荒れます。リビア情勢への躊躇でイスラム国の台頭を招いたオバマ 大統領は、また妙な自由主義の実践で、エボラ出血熱への根本的対策が後手になってしまうのではないのかと心配しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年11月07日 の週間選曲リストと『 エボラ出血熱 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。