FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第163回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平原綾香「誓い」
    NHK総合・特別番組「トリノ冬季オリンピック放送」テーマソング
    ♪アレンジはフラットだが やはり中低音部の厚みが魅力。


 『第20回 オリンピック冬季競技大会』が、2月26日 閉幕しました。

 17日間に渡る競技で、日本選手は結局 荒川 選手の金メダルだけ という結果でした。

 【獲得総メダル数:金 1 銀 0 銅 0】

 荒川 選手の表彰式「君が代」吹奏時は 午前7時11分。瞬間最高視聴率が なんと 43・1%を記録。フィギュア女子フリーの中継視聴率も、午前6時台 31・8%、午前7時台 30・2%と早朝にも かかわらず高い数字をマークしました。

 しかし、今回の五輪中継全体の平均では、8・3%とワースト2位の記録になっています。やはり深夜から早朝の生中継になってしまった時差が大きな原因です。また日本選手の期待が高かっただけに、全体の成績結果は視聴率上昇の要素とならなかった様です。

 長野県からも出身地・在籍企業として、数多くの選手をトリノに送り出しています。新聞各紙でも連日 選手の健闘を讃える記事が掲載されており、それぞれの選手の努力も深く掘り下げていました。

 一方では大会期間中、新潮社で発行している週刊誌「週刊新潮」が創刊50周年を迎えました。私は以前このブログにも書きました通り、創刊以来長年担当された故・谷内六郎 画伯の表紙絵が大好きです。今回 創刊50年を記念して谷内 画伯の表紙絵が復活しました。

 2月23日付 創刊50周年記念号と「上総の町は貨車の列 火の見の高さに海がある」の表紙絵が本当に素晴らしい昭和31年 創刊号完全復刻版を1冊ずつ購入してみました。

 ひさびさに週刊新潮を読みましたが、谷内六郎 氏の穏やかで美しい表紙絵と反比例して(笑)相変わらず本文内容は辛辣な文章表現が並んでいます(笑)。

 トリノ冬季五輪に関しても新聞各紙と これまた反比例して、日本選手の不振を個人名を出して譴責するかの如き内容です。

 かつて谷内 画伯の新作が毎週表紙を飾っていた当時、表紙を綺麗に切り抜いて大切にスクラップする方が多かったと聞いています。ですが記事のほうを保存する方は あまり聞きませんでした(笑)。

 「週刊新潮」に二項背反する視聴者・国民の心理が象徴しているかの様です。4年後のバンクーバー冬季五輪に期待したいと思います。昼夜逆転のオリンピック放送視聴、本当にお疲れさまでした。

第164回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( △ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  5. 第 5 位 ( ★ )
    絢香“I BELIEVE”
    SBC TBS・日曜劇場「輪舞曲 ~ ロンド」主題歌
    ♪フラットな旋律だが音程の正確な歌唱が解る佳曲。


 小泉 首相が、NHK(日本放送協会)改革について発言することが多くなりました。所轄の竹中 総務大臣にも具体的な指示を与えています。

 放送行政の根幹である公共放送・NHKと民間放送の「二元体制」は、これからも堅持していく方針だそうです。しかし小泉 首相は、遂にNHKが有する放送チャンネル数削減の考えも示しました。

 現在 NHKは、地上波テレビ 2(総合・教育) 衛星テレビ 3(BS1・BS2・BShi) ラジオ 3(R1・R2・FM)の国内放送チャンネルを有しています。

 加えて国際短波放送の「NHKワールド・ラジオ日本」や国際衛星放送「NHKワールドTV」などもあり、移行期間に入ったアナログ・デジタルでチャンネルを分けると さらに細分化します。

 小泉 首相は「日本が どういう国なのか発信することは重要」と国際放送強化の必要性を指摘しています。すると削減対象は、やはり国内チャンネルになります。いったい どのチャンネルが削減されるのでしょうか?

 まず確実なのは 衛星テレビ1波です。BS1・2がデジタルハイビジョン化されれば、現在のデジタルハイビジョン チャンネル(BShi)は重複しますので、間違いなく削減対象だと思います。

 問題は ラジオです。もし ラジオが削減対象となっても、基幹であるラジオ第1放送は当然残るでしょう。

 となるとラジオ第2放送か FM放送か? この点に関して気になる発表がNHKから ありました。この4月からの番組改編により、あのラジオ第1放送の定番とも言える「昼のいこい」と「昼の散歩道」を、FMでも同時放送する事になったのです。

 長年続いたNHK-FM「ひるの歌謡曲」は放送終了となりました。また先月放送された深夜のトリノ冬季五輪ラジオ中継も ラジオ第1放送だけとなり、FM放送では いつもの「ラジオ深夜便」を放送。逆転した送出をしていたのも気になります。

 英国の公共放送BBCは、中波・FMでの全時間同時放送が原則になっており、AMがスポーツ特番の際は、FMでレギュラー番組を放送する多元編成も随時実施しています。

 別個の放送チャンネルで同じ番組を同時送出していく事は、最終的にチャンネルの統一へ繋がります。小泉 首相のNHK放送チャンネル削減発言もあり、今後のNHK-FMの番組編成は要注意です。

第165回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS KTV・ドラマ「アンフェア」テーマ音楽 [住友紀人]
    ♪テーマ音楽で すぐ提供クレジットが出てしまうのは残念。


 昨年10月 1日に実施した「第18回 国勢調査」の結果速報が、総務省統計局から発表されました。我が国の人口は、間違いなく減少局面に入ったと推定されます。 生産年齢人口の減少など問題が顕在化し、人口減少社会が多くの基本統計へ反映された結果となり、日本は 大きな転換点に差し掛かっています。

 【全国総人口:1億2775万6815人 】

 また長野県内も少子高齢化社会が確実に進行しています。今回の国勢調査で 人口の多い市町村は、1位・長野市 37万8495人、2位・松本市 22万7579人、3位・上田市 12万3678人、4位・飯田市 10万8628人、5位・佐久市 10万0457人 となっています。逆に人口の最も少ない市町村は、下伊那郡 平谷村の 688人でした。

 【長野県人口:219万6012人 】

 国勢調査は、5年ごとに西暦が 5の倍数の年に行われ、今年が 18回目になります。今回からプライバシー意識に配慮し、調査票提出用封筒を始めて導入し、記入済調査票を封入して、調査員に渡せる様になりました。国勢調査も、インターネットによる調査を併用しないと、正常な調査が行えない恐れまで出てきています。

 第1回 国勢調査は、1920年(大正9年)に実施されました。当時としては珍しい記念切手が発行され、図柄は 大化の改新の際に国司に命じて戸籍を閲覧したという故事から、国司が戸籍を閲覧している場面が創作で描かれています。日本の国勢調査の原点は、そこまで遡るのだそうです。

 第1回 国勢調査のポスターでは、9月30日から10月 1日にかけて旅行する人に対して、調査漏れは国民の恥(笑)だと呼びかけたり、国勢調査の時刻は、全国一斉午前0時だから、その時間を期して調査用紙に書け。午前8時から集めにくる(笑)とか書かれており、非常に厳しくかつ国勢調査の本質が判る啓蒙活動をしていました。

 戦前の国勢調査の調査員には、記念章や授与品まで与えられ、名誉を持って調査に当たる様指導されました。戦後は、国勢調査の啓蒙活動の一貫として、自治体が人口当てクイズ(笑)を実施する事もあります。殆どの場合ピタリ賞は出ず、ニアピン賞で勝敗が決します(笑)。

 第18回 国勢調査の結果に対して、衆議院議員選挙区画定審議会は、選挙区の改定案勧告を行う必要なしと判断しています。国勢調査は、世論調査の様な標本調査でなく、ひとりひとりを調べる全数調査として、日本に居住している全ての人及び世帯を対象に実施される、国の最も重要な統計調査です。


(追記) この国勢調査の全国男女別人口は、男性 6234万0864人、女性 6541万5951人。長野県の男女別人口が、男性 106万8046人、女性 112万7966人 。「合計特殊出生率」は 1・32(5年前比マイナス0・01)と発表されました。ちなみに 2・08以上は、人口再生産に必要と言われています。

第166回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  3. 第 3 位 ( ★ )
    SBC TBS・ナショナル劇場50周年記念特別企画「大岡越前2時間スペシャル」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪テレビ番組史上最高水準のテーマ音楽 最期のニューアレンジ。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽


 2006 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝が 21日行なわれ、10-6でキューバを破り「王ジャパン」が、初代世界王者に輝きました。だいぶシステムや審判の質に問題がある世界大会でしたが、野球世界選手権史の「第1ページ」に、日本の名が記されました。

 決勝戦の平均視聴率は なんと 43・4%(関東地区)。19日のWBC準決勝 日本 vs 韓国 戦の瞬間最高視聴率も、午後3時45分の試合終了時に 50・3%をマーク。まさにサッカー ワールドカップ並みの驚異的数字です。

 2006 ワールド・ベースボール・クラシックは、16ヶ国が参加しました。地域ごとに4グループに分けたリーグ戦となる「第1ラウンド」を行い、日本は A組(アジアラウンド)2位で通過。第1ラウンド各組 上位2チームを 2グループに分けたリーグ戦の「第2ラウンド」は、日本が1組(アメリカラウンド)2位で準決勝進出を決めました。

 準決勝では、韓国を相手に6-0と完勝しています。地元・SBC信越放送(TBS系)は、この準決勝戦の中継を、午後3時30分から女子ゴルフの中継画面の右上にワイプ音無しで放送。冠スポンサーが提供している女子ゴルフ大会が優先される番組編成の中で、極めてレアなダブル生中継でした。

 野球は、米国内メジャーリーグの選手権戦を「ワールドシリーズ」と呼称しているぐらい、米国中心で、世界へあまり広がりのないスポーツ競技です。今回初の野球ワールドカップとなるWBCの主催者も、米国メジャーリーグが主体で、サッカー競技のFIFAとは、中立性の上で比較にならないほどです(笑)。

 ですが、野球が国際的なスポーツとして認知されるためには、国別対抗のワールドカップが絶対に必要です。今回のWBCは、試合システムにも問題があり、リーグ戦の順位決定ルールに失点率データを使ったあたり、いまいち解りにくかったです。やはりFIFAワールドカップ1次リーグの様な、少チームによるリーグ戦をWBCも採用するには、さらなる工夫が必要です。

 まだまだ野球のワールドカップとして、WBCが世界に認知されるまで紆余曲折があると思いますが、大きな第1歩を踏み出した事には間違いありません。その第1回大会で、日本が優勝した事実は、まさしく日本のプロ野球繁栄の歴史が裏付けされたものだと思います。王ジャパン、本当に おめでとう ございます。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、18日に 3万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

第167回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽
    ♪まだ一度も完奏でオンエアーされた事はないのが残念。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・ナショナル劇場50周年記念特別企画「大岡越前2時間スペシャル」テーマ音楽 [山下毅雄]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌


 紆余曲折は ありましたが(笑)正式なブログサービスに移転して約3ヶ月経過しました。

 しかし、未だにブログ機能の中で「コメント」欄が よく理解できません。そもそも記事ひとつひとつ にまで「コメント」欄が必要なのでしょうか? ブログ記事がブロガーの著作物とするならば、コメントも含めて「共著」になってしまう解釈も成り立ちます(笑)。

 さらにトラックバック機能はスパムが多く、いまいち その有効性も理解できません。WEB2・0的機能と言っても、現実は単なる宣伝だけの原始的利用(笑)が目立ちます。それよりも普通にリンクを張るほうが解りやすく、ブログ同士を結びつける重要度は強いと思っています。

 このブログは、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で象徴的に表現しています。このブログには、コメント・トラックバック欄を設置していません。選曲対象となった音楽や放送を実際視聴した方々が このブログを知り、週間選曲リストの順位や週間放送視聴日記を ご一読して頂くだけで、ブロガーとして満足です。

 このブログの場合、開始以来ページビュー「カウンター」を、全ページに設置しています。

 アーカイブ読者数が多いのも このブログの特徴のひとつで、テキストベースのブロガーにとって、読んで頂いた総ページ数を知る事は大変励みとなります。ですから その最新数値を公開し続ける事は、コメント・トラックバック欄の設置に匹敵すると考えています。

 またカウンターと併設したアクセス解析により、リピーターつまり「ご愛読者」の存在を知る事が出来ました。毎週ご愛読頂き本当に ありがとう ございます。

 リピーターの存在がわかる「カウンター機能」「アクセス解析」こそ、ブロガーの私にとってWEB2・0的要素を満たしているのです。

 しかし、この様なコメント・トラックバック欄がないテキストブログでも、ご愛読者の皆さんとのコミュニケーションツールは必要だと考えます。ブログ専用メールアドレスを公開するかどうか現在検討中です。もう暫くお待ち頂ければと思っています。


(追記) 2006年 8月に、GMAILによるブログ専用メールアドレスを 全ページで公開。2016年 4月に、メールフォームを設置しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2006年3月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。