FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第164回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( △ )
    倖田來未“Someday”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  5. 第 5 位 ( ★ )
    絢香“I BELIEVE”
    SBC TBS・日曜劇場「輪舞曲 ~ ロンド」主題歌
    ♪平坦な旋律だが音程の正確な歌唱が解る佳曲。


 小泉 首相が、NHK(日本放送協会)改革について発言することが多くなりました。所轄の竹中 総務大臣にも具体的な指示を与えています。放送行政の根幹である公共放送・NHKと民間放送の「二元体制」は、これからも堅持していく方針だそうです。しかし小泉 首相は、遂にNHKが有する放送チャンネル数削減の考えも示しました。

 現在 NHKは、地上波テレビ 2波(総合・教育) 衛星テレビ 3波(BS1・BS2・BShi) ラジオ 3波(R1・R2・FM)の国内放送チャンネルを有しています。加えて国際短波放送の「NHKワールド・ラジオ日本」や国際衛星放送「NHKワールドTV」などもあり、移行期間に入ったアナログ・デジタルでチャンネルを分けると、さらに細分化します。

 小泉 首相は「日本が どういう国なのか発信することは重要」と国際放送強化の必要性を指摘しています。すると削減対象は、やはり国内チャンネルになります。いったい どのチャンネルが削減されるのでしょうか? まず確実なのは 衛星テレビ1波です。BS1・2がデジタルハイビジョン化されれば、現在のBShiが重複しますので、間違いなく削減対象だと思います。

 問題は ラジオです。もし ラジオが削減対象となっても、基幹であるラジオ第1放送は 当然残るでしょう。となるとラジオ第2放送か FM放送か? この点に関して気になる発表がNHKから ありました。この 4月からの番組改編により、あのラジオ第1放送の定番とも言える「昼のいこい」と「昼の散歩道」を、FMでも同時放送する事になったのです。

 長年続いたNHK-FM「ひるの歌謡曲」は、放送終了となりました。また先月放送された深夜のトリノ冬季五輪ラジオ中継も、ラジオ第1放送だけとなり、FM放送では いつもの「ラジオ深夜便」を放送。FM と ラジオ第1が 逆転した送出を始めました。この従来になかった番組編成の事象は、重大な意味合いを含んでいると考えています。

 英国の公共放送BBCは、中波・FMでの全時間同時放送が原則になっており、AMがスポーツ特番の際は、FMでレギュラー番組を放送する多元編成も随時実施しています。同じ公共放送であるNHKは、昔から先行指標として英国のBBCを意識してきました。BBCがラジオで行ってきた、中波・FMでの全時間同時放送は、NHKもモデルと考えているはずです。

 別個の放送チャンネルで、同じ番組を同時送出していく事は、最終的にチャンネルの統一へ繋がります。中波・FMでの全時間同時放送は、その道筋にあるのです。前段階である中波・FMで同じ番組を流すシェアを増やしていく工程は、既に始まっています。小泉 首相のNHK放送チャンネル削減発言もあり、今後のNHK-FMの番組編成は 要注意です。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年03月10日 の週間選曲リスト と『 NHK国内放送チャンネル削減問題 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。