FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第257回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    一青窈「ただいま」
    SBC TBS・愛の劇場「愛のうた!」主題歌

  3. 第 3 位 ( ☆ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    V6“way of life”
    NBS フジ・土曜ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌
    ♪1位 4週、登場 9週。


 明けまして おめでとう ございます。2008年(平成20年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月23日の ABC(テレ朝)「M-1グランプリ2007」は、最終審査4-2-1(島田紳助・松本人志・上沼恵美子・オール巨人が支持)で、敗者復活組のサンドウィッチマンが優勝。視聴率は 関東 18・6%、関西 30・4%をマークしました。

 M-1は年末最大のコンテスト番組として成長し、中田カウス 師匠が週刊誌報道にめげず(笑)審査員としてジャッジした事には感慨を覚えました(笑)。

 30日の「第49回 日本レコード大賞」は、コブクロ「蕾 ~ つぼみ」が受賞。視聴率は 16・8%を記録しています。

 そのレコ大の後20年の時を経て、伝説のアマチュアバンド・コンテスト番組「イカ天」(三宅裕司のイカすバンド天国)が また視られるとは思ってもみませんでした。吉田建はフケちゃいました(笑)。萩原健太が意外に変わらなかったです。

 大晦日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、秋川雅史「千の風になって」 (推定得点:66) 。「コスモ ポップスベスト10」年間第1位は、Avril Lavigne“Girlfriend” (推定得点:98) が それぞれ獲得しました。

 「第58回 NHK紅白歌合戦」は、白組優勝。ゲスト・会場審査員そしてワンセグ審査員も「一票の格差」なく(笑)総合集計で勝敗を決めました。

 【最終審査結果:紅組 13万5139 白組 17万2566】

 ワンセグ審査員は 紅組 4万0404 白組 4万9642。発表の際に総合司会の住吉美紀 アナが「中間投票の結果を合わせて」と言っていました。この最終結果には中間得票が累積されています。つまり私の票は 3票も加算されているのです(笑)。

 NHK総合の元旦早朝恒例となった さだまさし 氏の生放送で同氏は「紅白の勝ち負けに どんな意味があるのかと思っているかも知れないが、出演者にしか解らない微妙なものがある」と話していました(笑)。負けたほうの出場歌手は、やはり少し考え込むのかも知れません。

 新機軸の東京タワー発表方式。ラジオ中継を聴きながらカウントダウンイベントなどで東京タワー周辺に集まっていた人々から、白にライトアップされた瞬間 大歓声が起こったそうです。

 あの時 総合司会の松本和也 アナが「第58回 NHK紅白歌合戦!優勝したのは!」と、きちんと正式番組名で仕切ったのには好感が持てました。放送研究マニアなら気付く微妙なタイトルコールの間合いです。

 私が小学生の頃の紅白は、選挙の開票速報本部の様な「視聴者審査 得点集計センター」からの中継がありました。その頃から紅白の視聴者審査員になりたいという、ささやかな願望があったのです(笑)。今回 視聴者ワンセグ審査員として小さな夢が叶いました。

 ちなみにシステム試験を含め 5回の投票全て 私は紅組に投票しています(笑)。視聴率は 前半 32・8%、後半 39・5%と下げ止まりの傾向です。

 何度もブログに書いている大晦日 午後11時45分ジャストの「映像落差」。今回は紅白ラストのクラッカーバズーカで散っていく派手なカラーテープから、岐阜 白川郷の水墨画の如く降りしきる雪景色な「ゆく年くる年」へと瞬時に画面は大転換。例年になく見事な「映像落差」でした。

 正月2・3日の「第84回 箱根駅伝」(往路 25・4% 復路 27・7%)は、駒澤大が「総合」「復路」優勝。「往路」は早稲田大が優勝しました。

 今年から運営管理車にスピーカーがついており、同乗している監督が選手へ叱咤激励していました。スピーカーを復活するならば、以前の陸上自衛隊第1師団のジープのほうが良かった気もします。

 5区山登りで途中棄権した順天堂大の小野 選手。私は複雑骨折ではないかと思ってしまいましたが、原因は低血糖による脱水症状だそうです。復路9区で大東文化大、10区は東海大も途中棄権しています。あのスピーカーの叱咤激励は、選手にとって新たなプレッシャーにならないのかと少し心配です。

 さて年頭日記恒例の経済「星取表」。昨年大納会の日経平均株価終値は、1万5307円78銭と、1年間で1918円05銭「下落」しました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● 』(2007年 大納会)】

 このブログでの日本経済星取表は、3連勝の後 遂に黒星となっています。

 北京夏季五輪や米大統領選そしてFM長野が開局20周年を迎える 2008年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。

第258回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    V6“way of life”
    NBS フジ・土曜ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]
    ♪数トラック和声豊かな美しい劇伴がある。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    一青窈「ただいま」
    SBC TBS・愛の劇場「愛のうた!」主題歌


 このブログが、満5周年を迎えました。

 思えば 2003年 1月 3日の第1回ランキングは、無料携帯日記サイトを通じて細々と公開。その年の夏に Yahoo!モバイルに いきなり正式掲載され、このブログは少しずつ知られる様になっていきました。

 2005年暮れにはライブドアへ移転。2006年になると、DMOZ と Yahoo!JAPANにディレクトリ登録。現在では独自の音楽チャートサイトとして数多くのポータルで紹介されています。

 前々から5周年の節目には「全期間ランキング」( All-Time Rankings )を作成・公開しなければと思っていました。ですがブログ開始は1月第1週なので、周年の節目は年間ランキングや年頭日記に重なり どうも具合が悪いのです(笑)。

 「全期間ランキング」は、第500回記念で作成・公開したいと考えています。その時は通常の「週間選曲リスト」を特別にお休みしてでも作成・公開します。約5年先のお約束です(笑)。

 ブログは そのシステム上、個別記事や全リスト保存(月間)のアーカイブを検索エンジンから飛び込みで読む事が出来ます。この5年間 ご愛読者の方から たくさんのメールを頂きましたが、カウンターの数字が示す通り圧倒的にサイレント・リーダーの多い世界です。

 昨年の週間選曲リストにおいて、山口智子さん出演のシャンプーのコマーシャルで使用されていた、元ちとせさんのCMソングを 1位に選曲した事がありました。

 毎週発表している選曲リストは、僅かな放送オンエアーでも美しい音楽なら、順位を付けて果断に公開するコンセプトを貫いています。

 曲目も解らないこの曲を、元ちとせ「h&s ~ エイチ アンド エス CMで使用されている曲目不詳楽曲」との表示で、楽曲を特定し1位にしました。たくさんの検索訪問があり、カウンターが一気に回りましたが、特段のメッセージは ありませんでした。

 ところが、昨年末 この曲が「恵みの雨」というタイトルでネット配信されるとの情報が流れると、一斉にメールを頂いたのです。「あの曲は、恵みの雨という曲です」「恵みの雨というタイトルがつきました」。

 その中でP&G社で この商品に携わっている、happyyamayanさん からも情報を頂きました。

 そのメッセージには「30秒しかお聞かせできなかったことが残念でした。」と書いてあり、私は少し驚いたのです。選曲理由の♪文に「とにかくフルで聴けないと これ以上の選曲は難しい。」と書き一度順位が下降したのを、ちゃんと お読み頂いたのかも知れません。今週も この曲は 3位をマークしています。

 SNSの日記にも通じる事ですが、個人の公開日記を何年間も続けていくためには、自らにコンテンツがあって それに特化し、誠実に書いていくスタンスしかないと思っています。

 表現するコンテンツもなく、読者を見下す様な脚色したプライベートを切り売りする日記は長続きしません。ある日突然、発作的にブログを閉鎖します。あるいはSNSの退会キーを押してしまいます。

 コンテンツがない本来の自分と、日記に描かれた虚構の自分の広がり過ぎた溝を、こんな無責任な方法でしか清算するすべがないのです。

 ブログの世界は沈黙している読者が ほとんどですが、何かあれば その指先はブロガーへ向きます。一(いち)ラジオ リスナーの個人ブログと題しても、相当の覚悟で毎週選曲リストを作成しなければなりません。常に私の音楽感性が問われています。その覚悟が 5周年を迎えた正直な現在の気持ちなのです。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、12月30日に 7万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

第259回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    V6“way of life”
    NBS フジ・土曜ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」主題歌
    ♪編曲は 和田弘樹 ~ h-wonder 。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪通算200曲目のリストイン。このドラマの主題歌らしくアップテンポながら和声と調性が整った佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング


 ここ2年「功名が辻」「風林火山」と、NHK大河ドラマのテーマ音楽が、このブログで年間1位に選曲されました。

 そして今年の大河ドラマ「篤姫」は既にスタートしています。2年連続の戦国時代から幕末・明治維新に話が転換しました。第1回・第2回の放送は まるで幕末の朝ドラを視ているかの様でした(笑)。

 薩摩・鹿児島が舞台の大河ドラマといえば、1990年 放送の「翔ぶが如く」です。西郷隆盛に 西田敏行。大久保利通は 鹿賀丈史。薩摩からの視点で明治維新を丹念に描いた なかなかの作品でした。

 この「翔ぶが如く」島津久光 役の高橋英樹が、今回の「篤姫」では島津斉彬を演じています。私なりの薩摩史観では島津斉彬が英明。久光は屈折ある藩主とのイメージがあり非常に対照的です。

 同じ高橋英樹でも、まだ「翔ぶが如く」の久光へ強い残像があり「篤姫」の斉彬 役は馴染むのに時間がかかりそうです(笑)。

 音楽は 吉俣良が担当しています。吉俣良は劇伴音楽に強い音楽家です。5年前にNHK連続テレビ小説「こころ」のテーマ音楽・劇中効果音楽。1年ほど前に「Dr.コトー診療所 2006」の劇中効果音楽が、それぞれ週間選曲リストでリストインしました。

 今回の「篤姫」にも目が覚める様な美しい劇伴音楽が数曲あり、テーマ音楽と並立でリストインしています。大河ドラマ劇中効果音楽のリストインは「義経」以来3年ぶりです。ただテーマ音楽に関して言えば、シンプルな旋律を ゆるやかに重ねている感じがしました。

 旋律を重ねる特徴がある大河のテーマ音楽は、湯浅譲二の制作による 1998年の「徳川慶喜」が代表例だと思います。現代音楽的とも言える重々しく難解な和声。その和声を連結するため、ひたすら旋律を重ねていきます。

 そしてラスト数小節(演出クレジットが出る程のラスト)に、その重々しさから解放される劇的な転調とストリングスだけの美しい終奏部があり、素晴らしい聴後感を得る事が出来ます。

 視聴率も好調な出足の「篤姫」。2年続いた戦国時代物から今作は多少甘さは残るとの評判もありますが、今後の展開に期待しています。

 2008年 NHK大河ドラマ「篤姫」13日 放送・第2回「桜島の誓い」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 宮崎あおい → 瑛太 → 小澤征悦 → 原田泰造 / △ 長塚京三 → △ 樋口可南子 / △ 岡田義徳 → △ 佐々木すみ江 / △ 沢村一樹 → 的場浩司 → △ 大和田伸也 / △ 山口祐一郎 / ○ 真野響子 → △ 涼風真世 → △ 草刈正雄 → △ 長門裕之 → △ 平幹二朗 → ◎ 高橋英樹 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第260回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    V6“way of life”
    NBS フジ・土曜ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・報道番組「NHKニュース おはよう日本」テーマ音楽 [丸山和範]
    ♪午前6時30分ジャストに起こるキャスター交代の音楽効果が実に素晴らしい。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング


 私事ですが長年住み慣れた長野県 長野市から、長野県 松本市の小さな賃貸マンションへ転居する事になりました。私が有している行政書士資格に基づく仕事の本拠が移るためです。

 3月下旬頃に予定している引っ越しなどでガタガタすると思いますが、ブログ更新だけはキチンとやっていきますので、今後ともチャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOGを、何卒よろしく お願い申し上げます。

 ブロガー プロフィールで紹介した通り、私は学生時代に全国のラジオ局を遠距離受信してきました。

 この様な遠距離受信は とても通常のラジオで こなせません。数メートル四方のAMループアンテナと、10メートルはある10素子FMアンテナで遠距離受信をします。

 AMの場合 海上保安本部にある様な(笑)通信機型受信機を使用していました。ここまで設備すると、私が住んでいた海沿いの茨城県 北茨城市では、真っ昼間 HBC北海道放送・釧路放送局の電波(5KW)が受信できます。

 札幌本局の電波(50KW)は夕方からでないと受信不可能ですが、釧路放送局の電波は真っすぐ海を通ってくるため意外に減衰せず受信できるのです。

 IBC岩手放送は、24時間 聞こえました。福岡・RKB毎日放送は、冬場 午後3時頃から聴く事が出来たのです。

 しかし、遠距離受信の宿命でクリアに聴く事が出来ません。特にチャート番組の記録では、一部が聴き取れず穴が空く事もしばしばです。そこで完璧なラジオチャートのデータを交換するため全国に同好の友人がいました。

 この様な苦労を続ければ究極には「自分の好きな放送局の近くで暮らしたい」(笑)と妙な願望が芽生えます。

 長野市転居の際は、FM長野・善光寺平 中継局の送信アンテナが双眼鏡で見える集合住宅の3階を住居として選んだのです。10メートルではなく僅か1メートル程度のFMアンテナをベランダに出せば、抜ける様な大変クリアな音でFM長野を楽しむ事が出来ました。

 しかし「自分の好きな放送局の近くで暮らしたい」という願望からはFM長野の場合ちょっと違ったのです。それはFM長野の本社が県庁所在地の長野市ではなく松本市にあるからでした。

 「自分の好きな放送局の近くで暮らしたい」。この学生時代から渇望していた事が、まさかこの2008年の今 叶うとは思いませんでした。

 長野エフエム放送 本社演奏所がある松本市民になれる事は、法外の喜びです。

 昨年秋までテレビ信州の本社も同じ松本市にありましたが、演奏所(放送センター)のある長野市へ移転。県域民放で松本市に本社演奏所があるのはFM長野だけとなりました。

 FM長野には松本本社を置く意義があります。これからも本社演奏所は、信州の音楽文化都市・松本に在する事を祈っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2008年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。