FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第302回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌
    ♪タイトルバックも美しさが際立っている。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    GIRL NEXT DOOR「情熱の代償」
    abn ABC・ドラマ「ギラギラ」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    福原美穂「優しい赤」

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「痛快!河内山宗俊」テーマ音楽 [青山八郎]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    青山テルマ“You’re My Only Shinin’ Star”
    テレビ東京・Lドラ「Cafe吉祥寺で」主題歌


 このブログでは、前々から人口動態の変化に伴い、テレビ視聴率・ラジオ聴取率調査のサンプリングが、徐々に少子高齢化へシフトしていくと書いてきました。最近 NHK総合テレビの視聴率が、民放を抜き去りトップになる週も出てきています。

 特に今年度の大河ドラマ「篤姫」の視聴率は好調です。その好調さは 制作スタッフの意気込みに結びついている様で、吉俣良の制作している劇伴音楽は、毎回「新曲」が登場するほどの野心的なものです。

 その「篤姫」に引っ掛かるシーンがありました。

 10月19日 本放送の第42回「息子の死」で、原田泰造 演じる大久保一蔵(後の利通)が「長州征伐」を「朝廷征伐」と何度も聞き違える場面です。強い違和感を覚えました。

 「朝廷征伐」などという言葉は、生涯を尊王思想と国家近代化の実践で貫いた、元勲・大久保利通の口から絶対出ない台詞です。なおかつ朝廷とは、現在の皇室に直結する語彙なのです。

 田渕久美子がライティングした脚本に、歴史知識の軽さが垣間見えてしまいました。大河ドラマは、時代考証を深く大切にしてきた伝統もあったはずです。

 時代劇専門チャンネルでは、現在 1990年の大河ドラマ「翔ぶが如く」や「大奥」ドラマシリーズが一挙放送されています。

 1983年 関西テレビで全51話 制作された「大奥」では、第1回冒頭に岸田今日子 演ずる大奥御右筆が 明治維新の到来で、数百年にも及ぶ大奥の日誌を焼き捨てながら回顧していく有名なシーンがあります。

 私は、日本の歴史において徳川幕府の大奥ほど退廃的な国家機関(笑)はないと思っています。この退廃と権力闘争のオーバーラップが、ストーリー的な興味を持たせるのでしょうか?

 NHK大河ドラマの46年に及ぶ歴史には、鮮明な放送文化が存在します。

 1965年の大河ドラマ「太閤記」主役抜擢以来、長年 大河ドラマを支えてきた国民俳優・緒形拳 氏が先月急逝されました。「篤姫」は放送文化として、どの様なポジションになるのでしょうか?

 NHK大河ドラマ「篤姫」9日 放送・第45回「母からの文」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 宮崎あおい → 瑛太 → 小澤征悦 → 原田泰造 → △ 堀北真希 / △ 樋口可南子 → 岡田義徳 / △ ともさかりえ → 中嶋朋子 → 高橋由美子 → 佐藤藍子 → 勝地涼 → 平岳大 → △ 岩井友見 / △ 稲森いずみ → △ 高畑淳子 → △ 山口祐一郎 → △ 片岡鶴太郎 → ◎ 北大路欣也 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年11月14日 の週間選曲リストと『 篤姫 シナリオの問題点 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。