FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第100回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]
    ♪旋律の美しさと重厚さの調和は見事。

  2. 第 2 位 ( △ )
    唐沢美帆「君のかけら」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Fayray「口づけ」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛のソレア」主題歌
    ♪1位 3週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲


 このブログで毎週発表している『週間選曲リスト』が、100回目を迎えました。

 ブログ開始から 100回 の間に、約 2年 の歳月が経過し、カウンターのページビューも 1万 を超えました。本当に ありがとう ございます。

 選曲のベースとなるテレビ・ラジオ放送の視聴は毎日続けており、このブログのメインコンテンツである「週間選曲リスト」の選曲・順位決定も、システム的に安定してきました。

 28日に abn長野朝日放送(テレ朝系)日曜洋画劇場・特別企画で放送された、北野武 監督の映画「座頭市」でラストシーンのタップダンスを初めて視ました。

 勝新太郎の「座頭市」と比べて、ストーリーが やはり跳んでいる感じがありましたし、ダンスシーンの際、ニコニコしながらフレームインしてきた、ガダルカナル・タカ 氏には笑ってしまいました。ですが あのタップダンス自体に、不思議と違和感は ありませんでした。

 「座頭市」の音楽は、ムーンライダースの鈴木慶一 氏が担当しています。あのタップダンスの劇伴音楽にはヒップ ホップというより、ユーロビートの様な裏リズムと旋律が正確に流れている印象を受けました。久々に素晴らしい映画音楽を聴く事が出来ました。

 また同じく abnで現在 放送されている「忠臣蔵」の劇伴音楽も素晴らしいです。

 中村幸代 さんは、とても優秀な女流音楽家で「はみだし刑事情熱系」のテーマ音楽、NHK教育テレビ「国宝探訪」のテーマ音楽、そして今回の「忠臣蔵」と、刑事ドラマからドキュメンタリーさらに時代劇まで、あらゆる劇伴音楽を見事に制作します。

 和音構成から旋律まで、テーマに沿って変化させていく そのセンスは驚くべきものがあります。『週間選曲リスト』では、音楽チャートの対象とならなかったドラマの劇伴音楽なども、積極的に選曲していきます。

 100回を機に、現在利用しているPC閲覧可能な無料携帯日記サイトから、来年末をめどに正式なブログサービスへ移転しようと決心しました。充分な調査と準備をして引っ越したいと考えています。

 これからも「チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG」を、引き続き ご愛読頂ければ幸いです。

第101回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    唐沢美帆「君のかけら」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平原綾香“BLESSING 祝福”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪ゴスペルなイメージを感じさせる楽曲だが サビの立ち上がりに高い歌唱力。


 テレビ番組録画テープの整理。いよいよ処分するテープの選別に入りました。

 しかし、余程カビだらけ(笑)とか重複録画しているテープでないと、なかなか処分が出来ません。アナログ録画したテープを所有していても、やはり市販されているテレビドラマのDVDは、それを購入して保存しておくべきなのでしょうか? これもまた難しい判断になります。

 この作品はアナログテープで録画保存してありますが、DVDボックスも既に発売されています。保存しておくかどうか判断に迷いながら、また再生に見入ってしまいました(笑)。

 NHK総合の傑作時代劇「腕におぼえあり」(1992年 4月 ~ 6月・本放送)は、当初「金曜ドラマ」の一(いち)シリーズ扱いで放送されました。

 当時暫く休止状態であった、NHK娯楽時代劇の復活作品としての意味合いもあったのです。原作は、藤沢周平「用心棒月日抄」「よろずや平四郎活人剣」。さらに短編のエピソードも加えています。

 東北の小藩で、藩主暗殺の陰謀を知った藩士・青江又八郎(村上弘明)が加担していた許婚者(清水美砂)の父を斬り脱藩。浪人となり藩からの刺客と戦いながら、江戸で孤高を凌ぐため始めたのが用心棒稼業でした。

 シュールな本筋ですが、その用心棒稼業で知り合った親友・細谷源太夫(渡辺徹)や、青江に用心棒の仕事を世話する口入屋の相模屋吉蔵(坂上二郎)との心暖まる交流と やり取りが非常に面白いのです。そこへ大石内蔵助(江守徹)柳沢吉保(石坂浩二)を巡る赤穂浪士討ち入りなどの元禄絵巻が絡んできます。

 この江守徹・石坂浩二の配役が、1975年の大河ドラマ「元禄太平記」と全く同じで、討ち入りシーンなどは その「元禄太平記」から映像を使用しています。

 さらにイッセー尾形・荻野目慶子・ベンガル・森口瑤子・夏木マリなど個性派俳優が、毎回ゲスト出演する用心棒の依頼人達の人生模様は、なかなか深く意外性もあります。

 また後半から第2シリーズまで登場する、大富静馬 役の片岡鶴太郎と村上弘明の対決は、その後 2000年から放送開始したテレビ朝日の時代劇「八丁堀の七人」の仏田八兵衛・青山久蔵の配役へと、役柄が逆転しながら見事に連動していきます。

 「腕におぼえあり」は、用心棒稼業と藩のお家騒動から差し向けられた刺客との闘いが「同時進行」する非常に良く出来た娯楽時代劇です。本放送当時の評判も良く、すぐ続編を制作。1年間に3シリーズが本放送される破格の編成となりました。

 近藤等則のテーマ音楽は、不協和音寸前の(笑)強烈なトランペットが使われており、聴き込むにつれて癖になるほど(笑)の存在感をもたらします。

 好評だった「腕におぼえあり」は、その後のNHK木曜時代劇 → 金曜時代劇の流れの中で、藤沢周平が原作として多用されるエポック的作品になりました。この時代劇の録画テープは、DVDを購入するまでは保存しておこうと決めた次第です。


(追記) と、書いてありますが(笑)CS 時代劇専門チャンネルで放送されたのを機に、第1シリーズ全話をデジタル録画しました。結局DVDは買わず、MPEGファイルで保存しています。録画は、2011年 6月から 8月にかけて行いました。

第102回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NBS フジ・アンコール特別企画「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]
    ♪週間選曲リスト・ルール 注意事項[09]により、ニューアレンジも加えたコンプリート作品群として新たに選曲。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲
    ♪畳み掛けるようなヴォーカルとシンプルなパーカッションの合致。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    平原綾香“BLESSING 祝福”
    トヨタ自動車 テレビCMソング


 師走も深まり年の瀬を迎えています。小学生の頃から年末になると気になるのは、大晦日と元旦が何曜日になるか? です(笑)。

 大晦日や元旦が土曜日・日曜日に重なると、とても不思議な気持ちになります。今年は大晦日が金曜日。新年の元旦は土曜日です。

 日曜の夕方には、いつもフジテレビの定番アニメ「ちびまる子ちゃん」そして「サザエさん」が放送されています。日曜日に重なった大晦日は「ちびまる子ちゃん」も「サザエさん」も、大晦日のエピソードが放送されるのです。

 直近では 2000年が そうでした。この大晦日エピソードは大変味があります。ちびまる子ちゃん一家やサザエさん一家の大晦日風景が、現実の大晦日と見事にシンクロするからです。

 その昔 FM東京時代の「コーセー歌謡ベストテン」「ダイヤトーン ポップスベストテン」は、きちんと12月最終週のレギュラー時間帯に「年間ベストテン」を放送していました。

 土曜日に重なった大晦日は、やはり大変味があります。年間ベストテンの発表からレコード大賞や紅白へ、綺麗に時間が流れていくからです。

 またニッポン放送で、毎週 日曜日 朝にオンエアーしていた「不二家歌謡ベストテン」では、12月最終週「下半期ベストテン」1月第1週「年間ベストテン」を放送していました。

 元旦が日曜日となると、元旦の朝に昨年の「年間ベストテン」が 放送されていました。これはもはやオーバーラップ的な(笑)味があります。

 大晦日や元旦というのは、1年で最も曜日を意識しないものですから、土曜日・日曜日と重なり いつものレギュラー放送があると、実に不思議な感じを受けるのです。

第103回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS フジ・アンコール特別企画「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  2. 第 2 位 ( △ )
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]
    ♪1位 6週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    信近エリ“Lights”
    ♪大沢伸一の難しいメロディ・ラインを歌いこなしたヴォーカル素材。


 長野県は「北信」「中信」「東信」「南信」と、4地域に分ける事が出来ます。その南信地域に位置する木曽郡 山口村が、隣接する岐阜県 中津川市と「越県合併」する議案を、22日に長野県議会は可決しました。この県議会本会議を、NHK長野・TSBテレビ信州が生中継しています。

 同じく南アルプスを望む南信の山間地帯に在し、全国でも珍しい民間伝承の歌舞伎「大鹿歌舞伎」がある人口約1400人・約600世帯の下伊那郡 大鹿村。この村に、最小出力ながら独立したサテライトである『FM長野・大鹿 中継局』が置局されています。

 この大鹿村は、高い山々に囲まれ元来AMラジオ電波の受信が困難な地域です。またFMラジオ受信も厳しい状態でした。しかも中央構造線断層は村内を通り、1993年に豪雨で激甚災害の指定を受けるなど、防災の観点からラジオ放送の環境整備が急務でした。

 そこで1997年12月12日、以前からあったNHK大鹿 テレビ中継局に併設する形で、FM長野・大鹿 中継局が開局しました。送信周波数は 81・8 MHz です。

 これにより大鹿村では、FMラジオ放送が良好に受信可能となり、防災ラジオ放送のシステムも事実上構築されたのです。なお大鹿村には村営の有線テレビがあり、美ヶ原 本局からの県内テレビを受信するアンテナは、村内の別の場所に設置されています。

 大鹿 テレビ中継所は、NHK地上波2波のみのサテライトなので、村内世帯のほとんどが有線テレビを視聴してるそうです。ですからFM長野とNHK-FM、ふたつのラジオサテライトが防災の観点からも重要な意味を有しています。

 大鹿村北部に在する大字鹿塩 字南山の標高1443m地点から、送信出力 1W ながら、南部に位置する大河原集落へピンポイントで指向性送信。村内全域で、FM長野の良好なステレオ受信が可能になっています。

 この様に広域ラジオ局の小規模サテライトの置局を着実に進める事が、やはりラジオ放送の将来のために重要だと 私は思っています。


(追記) 週間放送視聴日記(2013年 2月15日)で、大鹿村騒動記を紹介しました。


 来週は「2004 年間ランキング」を公開致しますが、12月最終金曜日は「大晦日」にあたります。そのため公開時間を繰り上げ、午前0時頃アップする予定です。

Year‐End Ranking

公開 : 
  1. 第 1 位 (10)
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]
    ♪独創的なハーモニー構成と調性でドラマ劇伴音楽の枠を遥かに超えたスケールは、もはや交響詩の域へさえ達する、21世紀最初に出会う事が出来た秀逸な音楽作品。

  2. 第 2 位 ( 6)
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( 2)
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  4. 第 4 位 ( 3)
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  5. 第 5 位 ( 3)
    茉樹代「桜咲くまで」
    SBC MBS・ドラマ30「桜咲くまで」主題歌


 2004年も大晦日を迎え、このブログの更新は今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2004 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2004年 1月 2日 第52回ランキングから、2004年12月24日 第103回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。

 期間内のリストイン総曲数は 54曲。年間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲数が 18曲と記録されています。

 今年の年間ランキングの選曲理由は、次の通りです。

 年間 1 位は、加古隆が制作した ドラマ「白い巨塔」劇伴音楽。

 【1位10週 登場14週】

 年間 2 位は、中村幸代が制作した 時代劇「忠臣蔵」劇伴音楽。

 【1位 6週 登場 9週】

 年間 3 位は、day after tomorrow“lost angel”。

 【1位 2週 登場13週】

 年間 4 位は、L e s.R「赤い糸」。

 【1位 3週 登場10週】

 年間 5 位は、茉樹代「桜咲くまで」。

 【1位 3週 登場 9週】

 以上の通り、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。

 年間1位は、1位週数の最も長い楽曲が自動確定。年間2位から5位は、まず期間内の1位楽曲のみとする「選曲条件」をクリアした楽曲の中から1位週数のデータを軸として改めて慎重に選曲し、次に累積資料である「1位週数」及び「登場週数」を参考データとしながら、独自性の高い順位決定を可能にする並立した 2方式で 年間ランキングを作成しました。

 今年の年間ランキングに関しては、年間3位から5位まで「1位週数」「登場週数」のデータを参考にしつつも、独自性の高い順位決定を行いました。

 この年間ランキング確定・決定の2方式は「週間選曲リスト・ルール」年間ランキング要項で詳しく紹介しています。

 今年の最も美しい5曲の内訳は、ドラマ主題歌 3曲、インストゥルメンタルのドラマ テーマ音楽(劇伴音楽)2曲 となっています。

 年間ランキングに、昼ドラ枠から 2曲入りました。「週間選曲リスト」では 、インストゥルメンタルの劇伴音楽と、昼ドラを含めた全てのテレビドラマ主題歌を平等に扱ってきました。その1年間の推移が反映された、今年の年間選曲リストとなりました。

 新潟県中越地震を始め甚大な災害は多かったものの、アテネ夏季オリンピックでの日本選手の大活躍も忘れる事が出来ない 2004年。『年間ランキング』公開をもって今年の更新が終了し、このブログは年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2004年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。