FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第101回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    唐沢美帆「君のかけら」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平原綾香“BLESSING 祝福”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪ゴスペルなイメージを感じさせる楽曲だが、サビの立ち上がりに高い歌唱力。


 テレビ番組録画テープの整理。いよいよ処分するテープの選別に入りました。アナログ録画したテープを所有していても、市販されているテレビドラマのDVDは、それを購入して保存しておくべきなのでしょうか? また難しい判断になります。この作品は、DVDボックスも既に発売されています。保存しておくかどうか判断に迷いながら、また再生に見入ってしまいました。

 NHK総合の傑作時代劇「腕におぼえあり」(1992年 4月 ~ 6月・本放送)は、当初「金曜ドラマ」の一(いち)シリーズ扱いで放送されました。当時暫く休止状態であった、NHK娯楽時代劇の復活作品としての意味合いもあったのです。原作は、藤沢周平「用心棒月日抄」「よろずや平四郎活人剣」。さらに短編のエピソードも加えています。

 藩主暗殺の陰謀を知った 青江又八郎(村上弘明)が、加担していた許婚者(清水美砂)の父を斬り脱藩。浪人となり藩からの刺客と戦いながら、江戸で始めたのが用心棒稼業でした。シュールな本筋ですが、その用心棒稼業で知り合った親友・細谷源太夫(渡辺徹)や、青江に用心棒の仕事を世話する口入屋の相模屋吉蔵(坂上二郎)との心暖まる交流が非常に面白いのです。

 その孤高を凌ぐための用心棒稼業に、大石内蔵助(江守徹)柳沢吉保(石坂浩二)を巡る赤穂浪士討ち入りなどの元禄絵巻が絡んできます。用心棒稼業として、討入りギリギリまで浅野家での警護も勤めています。この江守徹・石坂浩二の配役が、1975年の大河ドラマ「元禄太平記」と全く同じで、討ち入りシーンなどは その「元禄太平記」から映像を使用しています。

 さらにイッセー尾形・荻野目慶子・ベンガル・森口瑤子・夏木マリなど個性派俳優が、毎回ゲスト出演する用心棒の依頼人達の人生模様は、なかなか深く意外性もあります。また後半から第2シリーズまで登場する、大富静馬 役の片岡鶴太郎 と 村上弘明の対決は、テレビ朝日の時代劇「八丁堀の七人」の仏田八兵衛・青山久蔵の配役へと、役柄が逆転しながら連動していきます。

 「腕におぼえあり」は、用心棒稼業 と 刺客との闘いが「同時進行」する非常に良く出来た娯楽時代劇です。本放送当時の評判も良く、すぐ続編を制作。1年間に 3シリーズが本放送される破格の編成となりました。近藤等則のテーマ音楽は、不協和音寸前の(笑)強烈なトランペットが使われており、聴き込むにつれて癖になるほど(笑)の存在感をもたらします。

 好評だった この「腕におぼえあり」は、後のNHK木曜時代劇 → 金曜時代劇の流れの中で、藤沢周平が原作として多用されるエポック的作品になりました。NHKの娯楽時代劇としては、歴代十指に入る傑作だと思っています。当然 全話保存の目的のため、この時代劇の録画テープは、DVDを購入するまで残しておこうと決めた次第です。


(追記) と、書いてありますが(笑)CS 時代劇専門チャンネルで放送されたのを機に、第1シリーズ全話をデジタル録画しました。結局DVDは買わず、MPEGファイルで保存しています。録画は、2011年 6月から 8月にかけて行いました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。