FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第10回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Shania Twain“I’m Gonna Getcha Good!”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    チェンジング マイ ライフ「エトランゼ」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都迷宮案内」主題歌
    ♪定評あるテレ朝 東映系タイトルバックで流れる際立つ和声を有する佳曲。


 『週間選曲リスト』の発表は、今週で 10回目を迎えました。Yahoo!JAPAN やGoogle(グーグル)などの検索エンジンのロボットが、この新しいブログのページにクロールし始め、これらのエンジンで掲載されたページを通して、少しずつご訪問者が増えてきました。

 ブログ開始当初 1日 2 ~ 3程度だけしか動かなかった(笑)設置しているカウンターも、どうにか最近では少しずつ回り始めています。まだまだブログの草創期ですが、今後とも よろしく お願い申し上げます。この 10週の間に罹患してしまったインフルエンザのほうも、どうにか熱が下がり快方に向かってきました。

 やはり高熱が出る風邪は、医者に診てもらうべきですが、結局自力で治してしまう事になりそうです。とにかく自宅で充分休養出来たのが幸いでした。それとビタミンC(アスコルビン酸)の原末は、風邪の治療に大変効果がありました。

 ビタミンCの錠剤は たくさんありますが、粉状になっているビタミンC(アスコルビン酸)の原末は体内に吸収しやすく、回復が速まる効果を実感出来ました。風邪にはビタミンCの経口補給をお勧めします。

 しかし、やはり副作用もあり、それらの薬が強かったのか胸焼け癖がついてしまいました。今度は胃薬を飲む日々です(笑)。

 いつも私は ひどい風邪を引くと、その後 長期間 咳が残ります。案の定 今回の風邪も熱が下がったあたりから咳が始まりました。この咳は睡眠中に全く出ず、朝 目が覚めてから夜 眠りにつくまでコンコンと出る乾いた咳です。

 咳止薬を飲んでみても あまり効かず、また一部の咳止薬は やたら眠くなる成分も含んでおり、せっかく風邪から解放されたのに、また布団に戻る生活を余儀なくされてしまいます。

 ですから気管支炎になるほどの咳でもないので薬を飲まず、結局 咳が自然消滅するまで いつも放置していますが、どうもこの咳が残る傾向は気になっています。積雪の跡が目立つ信州も わずかながら春の気配を感じます。どうにか体調は やっと元に戻ってきました。

 このブログでは『週間選曲リスト』に加えて、この1週間に地元・FM長野を中心に視聴したラジオ・テレビ番組の放送レビューの他、ブロガーである私個人の季節感や、文章の定型性を大切にした徒然なるままな折節の「身辺雑記」やブログ・ブロガーからの運営情報も織り交ぜて『週間放送視聴日記』を構成していきます。お読み頂ければ幸いです。

第11回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シチュエーション コメディ「HR」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]
    ♪微に入り細に入って精密に創られた極めて高い水準の作編曲。


 私は、ミシシッピ アカミミガメ(みどりがめ)を一匹飼っています。とても丈夫で、もう飼育して足掛け 12年目になります。名前は「かめクン」(笑)と申します。

 かめクン は、ひょんな事から小さな幼亀で この家に やってきました。今でも記念切手ぐらいの大きさで、ちょこんとやって来た かめクン の事が忘れられません。

 当時の かめクン は「みどりがめ」のイメージそのものです。小型の飼育ケースでチョコチョコ泳ぐ、それは それはカワユイ かめクン でした。1年目の冬越しは訳もわからず、コタツでケースを暖めたりと悪戦苦闘。どうにか無事 春を迎えた時はホッとしました。

 その後は飼い主として、いろいろな文献や長年飼育を続けている方の話などを参考に、水棲亀の飼育法について勉強しました。日光浴の大切さや冬眠の仕方、さらに栄養価の高いエサの選択から、かめクン の日々のリズムや、冬眠明けから1年間というサイクルの移り変りまでを、ゆっくりと少しずつ理解していきました。

 かめクン は、私の自室で流れる音楽やテレビ・ラジオの音を聴きながら、ある時は のんびり日光浴。ある時は好物の川エビをパクパク。そして突然「大脱走」(笑)マイペースな日々を送る様になったのです。

 機嫌が良い時は、飼い主の顔を見てガチャガチャ遊んでくれるようになり、頭をなでようとしても、かめクン は頭を引っ込めなくなりました(笑)。今回の風邪で何日も寝込んだ時、かめクン は飼育ケースから抜け出し、寝室の前でドアを見ながら じっとしていた事もありました。

 ミシシッピ アカミミガメは外来種ですが、幼亀から愛情を注いで飼育していけば、環境を理解して優しく穏やかな水棲亀として成長していきます。そして小動物といえ 10年以上 飼い主の私と一緒に暮らしてると、お互い気心が知れてくるのです。

 縁あってやってきた この かめクン を、私は長年に渡って大切にしています。かめクン は、まもなく春の気配と共に冬眠明けとなります。

 このブログでは、折節に私がペットとして飼っているミシシッピ アカミミガメ「かめクン」の話なども、季節感を大切にした徒然なるままな身辺雑記の ひとコマとして「週間放送視聴日記」に書いていきたいと思っています。お気軽に お読み頂ければ幸いです。


(追記) かめクン は「ブログペット」(笑)としてトップページで紹介しています。2011年1月から、かめクン の飼育方法を 加温飼育に切り替えました。

第12回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シチュエーション コメディ「HR」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]
    ♪難解なテーマ音楽だが馴染んで来ると楽曲の良さに気付く。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]


 20日 午前11時38分、NHK長野 総合テレビジョンがローカル番組「おいでよプラザN」で、掘六平 氏の歌とトークを生放送していた ちょうど その時でした。

 テレビ・ラジオ全ての番組が打ち切られ「バクダッド市内で空襲警報のサイレンが鳴り対空砲火の音が聞こえる」と武田真一 アナが「臨時ニュース」を伝えました。

 遂にイラクと米国を中心とした多国籍軍とイラク軍との間に戦端が開かれ、イラクに対し空爆と国境地帯からの電撃的な地上戦が展開。NHK総合テレビは、一昼夜以上 特設ニュースを連続で放送しています。

 その特設ニュースでは、1991年の湾岸戦争時に初登場し、その軍事分析力の圧倒的高さで注目を浴びた、NHK専属契約とも言える軍事評論家・江畑謙介 氏も暫くぶりにテレビへ登場し、的確な解説を続けています。

 NHKがラジオ放送を開始したのは 1925年(大正14年)。まだJOAK(東京中央放送局)が試験放送中の同年 3月 5日に、東京州崎の大火事の様子を 試験放送の予定外として放送したのが、放送史的に我が国最初の「臨時ニュース」と されています。

 その後3月22日から始まった仮放送以降、まだ新聞社から輪番でニュース原稿を受けていたJOAKは、号外販売の妨害にならない様に臨時ニュースの放送を事実上自粛。新聞社が提供するニュースのみ放送していました。

 しかし、JOAKが独自の報道体制を確立するにつれて、重大事件発生時は番組の合間にニュースを挿入するスタイルが徐々に定着。そして1931年(昭和6年)9月19日 午前6時54分 満州事変勃発の際、冒頭 聴取者の注意を喚起するため「チャイム」を鳴らす「臨時ニュース」を初めて放送したのです。

 以来 戦後はNHKと呼称し始めた 日本放送協会における最重要ニュース放送として「チャイム入り臨時ニュース」のスタイルが確立しました。

 この チャイム入り臨時ニュース は、一般ニュース放送を編成していない教育テレビやラジオ第2放送も含め、総ての通常番組を即時打ち切り、ラジオ・テレビ・地上・衛星・アナログ・デジタル全波同時同一で放送します。震度6弱以上の大地震発生時の「地震速報」や津波警報時の「緊急警報放送」などとは別種です。

 過去 吉田 内閣総辞職・大平正芳内閣不信任決議案可決・昭和天皇崩御・湾岸戦争開戦などテレビ放送が開始した後は、本当に重大なニュース発生時だけしか「チャイム入り臨時ニュース」を放送しません。今回の「臨時ニュース」全波同一放送でしたが、あのチャイムは鳴りませんでした。


(追記) この戦争は「イラク戦争」と呼称されています。

第13回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シチュエーション コメディ「HR」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]
    ♪1位 1週、登場11週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    辛島美登里「菜種時雨」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪シンプルながらゆっくりと染みていくメロディ・ライン。


 水曜深夜にNBS長野放送(フジ系)で放送されていたシチュエーション コメディ「HR」が最終回を迎えました。

 シチュエーション コメディといえば「アイ・ラブ・ルーシー」や「奥さまは魔女」など、ちょっと人工的な観客の笑い声が間髪入れず挿入される往年の外国テレビドラマを、私はイメージしてしまいます。

 これらの外国テレビドラマは、きちんとカット割りをし、あの観客の笑い声も強弱を編集した上で作品として放送していました。国内ではドラマ「やっぱり猫が好き」(1988年10月 ~ 1991年 9月 本放送)がシチュエーション コメディーの分類に入ると思っています。

 今回の「HR」の場合、総合演出も手掛けた三谷幸喜は「スタジオ演劇」を、擬似的に生中継するラインが狙いの様な感じがしました。出演していた俳優・女優達が演じている時の声の張りが演劇的だったのです。もしかすると企画の段階から、やはり三谷幸喜のホームワークである、小劇場演劇のテレビ中継的スタイルを意図していたのかも知れません。

 教室と職員室という、ふたつの舞台を接続したセットのあるスタジオに観客を入れ、カット割りなしで多少のミスも そのまま収録されオンエアー。配役姓名の「名」が俳優の「名」と だいたい同一なのも妙に親近感がありました。

 白井晃・篠原涼子・戸田恵子・酒井美紀・小野武彦・國井隼、そしてインパクトがあった歌舞伎俳優・中村獅童らの「生徒」達に香取慎吾。さらに公演の都合で あまり出演しなかったのですが、存在感のあった文学座所属の俳優・今井朋彦を始めとする「教師」達がレギュラー出演者として連なります。

 ゲスト出演者も生瀬勝久・小日向文世・古田新太・相島一之・市村正親・岸田今日子・伊東四朗と、演劇経験豊富な芸達者の俳優が続々登場し、毎回のエピソードを盛り上げていました。

 定時制高校の教室を舞台とした このシチュエーション コメディ「HR」は大変おもしろく視聴できました。やはり三谷幸喜は、演劇の世界で非凡な才能を発揮する人物です。

 そこで心配なのは来年の大河ドラマ「新選組!」。三谷幸喜は、テレビ時代劇で成功した例がありません(笑)。さらに三谷幸喜は、自ら脚本するドラマや演劇に於いて、自分と相性のいい俳優達を繰り返し登用する傾向があります。

 この「HR」レギュラー出演者の中で、はたして何人が来年の大河ドラマに出演するでしょうか? とりあえず主役は スライドします(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2003年3月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。