FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第13回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シチュエーション コメディ「HR」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]
    ♪1位 1週、登場11週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    辛島美登里「菜種時雨」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪シンプルながらゆっくりと染みていくメロディ・ライン。


 水曜深夜にNBS長野放送(フジ系)で放送されていたシチュエーション コメディ「HR」が最終回を迎えました。

 シチュエーション コメディといえば「アイ・ラブ・ルーシー」や「奥さまは魔女」など、ちょっと人工的な観客の笑い声が間髪入れず挿入される往年の外国テレビドラマを、私はイメージしてしまいます。

 これらの外国テレビドラマは、きちんとカット割りをし、あの観客の笑い声も強弱を編集した上で作品として放送していました。国内ではドラマ「やっぱり猫が好き」(1988年10月 ~ 1991年 9月 本放送)がシチュエーション コメディーの分類に入ると思っています。

 今回の「HR」の場合、総合演出も手掛けた三谷幸喜は「スタジオ演劇」を、擬似的に生中継するラインが狙いの様な感じがしました。出演していた俳優・女優達が演じている時の声の張りが演劇的だったのです。もしかすると企画の段階から、やはり三谷幸喜のホームワークである、小劇場演劇のテレビ中継的スタイルを意図していたのかも知れません。

 教室と職員室という、ふたつの舞台を接続したセットのあるスタジオに観客を入れ、カット割りなしで多少のミスも そのまま収録されオンエアー。配役姓名の「名」が俳優の「名」と だいたい同一なのも妙に親近感がありました。

 白井晃・篠原涼子・戸田恵子・酒井美紀・小野武彦・國井隼、そしてインパクトがあった歌舞伎俳優・中村獅童らの「生徒」達に香取慎吾。さらに公演の都合で あまり出演しなかったのですが、存在感のあった文学座所属の俳優・今井朋彦を始めとする「教師」達がレギュラー出演者として連なります。

 ゲスト出演者も生瀬勝久・小日向文世・古田新太・相島一之・市村正親・岸田今日子・伊東四朗と、演劇経験豊富な芸達者の俳優が続々登場し、毎回のエピソードを盛り上げていました。

 定時制高校の教室を舞台とした このシチュエーション コメディ「HR」は大変おもしろく視聴できました。やはり三谷幸喜は、演劇の世界で非凡な才能を発揮する人物です。

 そこで心配なのは来年の大河ドラマ「新選組!」。三谷幸喜は、テレビ時代劇で成功した例がありません(笑)。さらに三谷幸喜は、自ら脚本するドラマや演劇に於いて、自分と相性のいい俳優達を繰り返し登用する傾向があります。

 この「HR」レギュラー出演者の中で、はたして何人が来年の大河ドラマに出演するでしょうか? とりあえず主役は スライドします(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年03月28日 の週間選曲リストと『 HR 最終回 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。