FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第564回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメンタリー同期生」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [東谷尚]

  3. 第 3 位 ( ☆ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌
    ♪第64回 NHK紅白歌合戦による視聴。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング


 明けまして おめでとう ございます。2014年(平成26年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月30日 発表の FM長野 JFN“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」 (推定得点:234) 。「コスモ ポップス ベスト10」年間第1位は、Daft Punk“Get Lucky” (推定得点:112) が それぞれ獲得しました。

 同じく30日の「第55回 日本レコード大賞」は、EXILEが「EXILE PRIDE ~ こんな世界を愛するため」で 3年ぶり4回目の受賞となりました。

 服部克久 前制定委員長がプレゼンターとして、前回の授賞式の際に皮肉めいた発言をしたせいなのか、今回のレコード大賞は安住紳一郎 TBSアナウンサーから発表がありました。ちなみに現在の日本レコード大賞制定委員長は、日本作曲家協会会長の叶弦大 氏に代わっています。

 大晦日 放送「第64回 NHK紅白歌合戦」は、やはり(笑)白組が優勝しました。視聴率は 前半 36・9%、後半 44・5%(関東地区)をマークしています。

 紅白の優勝判定では、昨年までの視聴者・会場審査ストレート主義から 11年ぶりに麻布大学 野鳥研究部による会場審査の手動カウント。そして8年ぶりにボール投げが復活しました。

 ゲスト審査員10名がひとり1個。視聴者審査員の中間投票と最終投票さらに会場審査が それぞれ1個。計13個のボール投げでした。

 【最終審査結果:紅組 4 白組 9】

 視聴者審査員の中間審査は 紅組 20万9239(43・9%)白組 26万6887(56・1%)。最終審査は 紅組 23万5669(35・3%)白組 43万1783(64・7%)。会場審査は 紅組 864(32・0%)白組 1836(68・0%)という結果でした。

 3個のボールが総て白組へ行き、ゲスト審査員は 紅組 4:白組 6だったと推算されます。やはりサブちゃんの勇退大トリに持っていかれた感じです(笑)。

 しかし、今回の紅白で圧巻だったのは、連続テレビ小説「あまちゃん」のミニドラマ パートでした。私も数多くのテレビドラマを視てきましたが、これほど完成度の高い生放送ドラマを視たのは初めてでした。

 私が視た限りでは、第1部での北三陸駅からの中継と、本編で黒川正宗(尾美としのり)の運転するタクシーに乗った足立ユイ(橋本愛)が会場に駆けつけるシーンは、収録だと推測していますが生放送の部分と見事に整合しています。

 あまちゃんレギュラー出演陣の全く生放送を感じさせない見事な演技と、天野春子(小泉今日子)から鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)への「潮騒のメモリー」リレーは素晴らしく、二人が登場した時の場内の大歓声は まさしく本物でした。

 特に足立ユイが駆けつけるシーンで映った「第157回」のタイトルバックは最終回プラスワンを意味しており、ちょうど朝ドラの放送時間となる約15分が経過したラストの瞬間に、ゲスト審査員の宮藤官九郎と宮本信子の間に映っていたヒビキ一郎(村杉蝉之介)まで実に練り上げられた完璧な構成と演出でした。

 私が思い続けていたテレビドラマの理想とは、虚構のドラマ設定が人気とハイレベルな演技で、現実の世界と溶け合ってしまう事だと前々から考えていました。しかし、その域に達するのは ほとんど不可能です

 まさか その理想が我が国最高の音楽放送番組である「紅白歌合戦」の生放送で実現するとは思っても見ませんでした。この「あまちゃん 第157回」こそ、紅白史上最高のパフォーマンスだったと思っています。

 11時45分ジャストのNHKホールのバズーカ クラッカーから奈良県 唐招提寺への「映像落差」は、見事なスイッチングでした。ちなみに「ゆく年くる年」の放送法上の番組分類は報道番組になります。

 正月2・3日の「第90回 箱根駅伝」は、東洋大が往路・復路・総合と「完全優勝」しました。総合は2年ぶり4回目の優勝。さらに復路は新記録での優勝でした。

 90回の記念大会のため、従来より3校多い23校が参加しましたが、往路2区では山梨学院大が早くも途中棄権。さらに繰り上げスタートも2校発生するなど冒頭から波乱の展開でした。

 また復路10区では、7校もの繰り上げスタートがあり、特に東海大と国学院大はランナーが鶴見中継所へ入ってきたのにも係らず、トップの東洋大のリレーから20分が経過してしまい無念の繰り上げとなりました。

 大晦日には茨城県北部で震度5弱の地震がありましたが、ここ松本市は 2日に青空が広がり比較的暖かい穏やかな三が日でした。

 さて年頭日記恒例の経済「星取表」。昨年大納会の日経平均株価終値は、1万6291円31銭と、1年間で5896円13銭「大きく上昇」しました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ ○ 』(2013年 大納会)】

 2年連続の白星で、経済の先行指標である株価にも明るい兆しが見えてきました。この流れが実態経済へ どう反映されるのか期待しています。

 ソチ冬季五輪とワールドカップサッカー ブラジル大会がある 2014年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) レコード大賞の視聴率は 17・6%。箱根駅伝の視聴率は 往路 26・8%、復路 27・0%でした。

第565回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメンタリー同期生」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [東谷尚]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]
    ♪和声は難解な現代音楽の趣があるが旋律は穏やかで美しい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪1位 4週、登場18週。


 昨年はブログ整備に費やした1年だったと、年末の週間放送視聴日記で振り返りました。既存のブログサービスを一切利用しない、独立で運営しているブログなのですが、独立であるが故に出来る特別なページを始めましたので、年頭に際し ご紹介します。

 サイトルートつまりネットからのブログご訪問者が、最初に接触する場所に“robot.txt”というテキスト ファイルを置いています。Googleさんなど 検索エンジンのクローラーであるロボット向けのブログに関する基本情報が記してあります。

 このブログの“robot.txt”の場合 大した事は書いてないのです(笑)。特段隠すページはありませんので、あらゆるロボットが総てのページにクロールしてよいといった許可の宣言と、道案内としてサイトマップのURLを指定しています。

 しかし よく考えてみると、私はロボットの為にブログを運営しているのではありません。私のブログを読んで頂く方は人間なのです(笑)。

 ブログの基本情報を掲載した案内が、ロボット向けには用意されているのに、人間向けが用意されていないのは不合理だといった疑問から“humans.txt”も置こうといった運動が世界規模で起きています。

 このブログでもロボットではなく人間のためにサイトの基本案内を設置する運動に参加し、サイトルートの“robot.txt”のお隣に“humans.txt”を設置しました。

 このブログの“humans.txt”は、普及の運動を推進している団体のマニュアルを元に作成しましたが、ふたつ大きな特徴があります。

 ひとつは“humans.txt”をオール英文で書いた点です。このブログの読者は間違いなく(笑)日本語を読める方が対象ですが、全世界から いろんな方がやってきます。読者対象としない国の方にも、このブログの基本案内だけは英文で準備したいと前々から考えていました。

 この“humans.txt”では、私の変わった(笑)英語力を駆使し、英文によるブログ案内を作成して掲載しました。

 もうひとつの特徴は“humans.txt”に掲載している「最終更新日付」と「投稿総記事数」を自動更新にした点です。

 “humans.txt”は、元々テキスト ファイルつまりPCのメモ帳機能みたいなものですから、最終更新の日付の変更などは いちいち日付を書き直して、そのテキスト ファイルを取り替えなければなりません。

 そこでWORDPRESSのプラグインにより“humans.txt”が生成される機能を設け、ブログ更新の時点で自動的に最終更新日付や投稿総記事数を変更出来る様にしました。

 この“humans.txt”を設置する運動は、まだ世界で全く流行していません(笑)。調べてみましたら世界の主要10万サイトの中で、この“humans.txt”を設置しているのは僅か0・1%だそうです。

 しかし私が、この“humans.txt”を置こうと決心させたのは、あのGoogleさんにも“humans.txt”が設置されているのを知ったからです。

 地球上のネットで無数のロボットをクロールさせているGoogleさんのサイトに、実に可愛らしい(笑)“humans.txt”が設置してありました。やはり人間のためのサイト案内の必要性はGoogleさんも認識しているのです。

 ルートディレクトリにアクセス出来ない、既存のブログサービスを利用しているブログは、この“humans.txt”は特段のサービスでも開始しない限り設置できません。独自のドメインを有し独立してブログを運営している方のみ、この“humans.txt”を自由にサイトルートへ設置する事が出来ます。

 オール英文の“humans.txt”について、ご興味のある奇特な(笑)ご愛読者の方が いらっしゃいましたら、このブログのPC版トップページのサイドバーに“humans.txt”のアイコンがありますので、そこをクリックしてみてください。“humans.txt”を いつでもご覧になれます。

第566回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメンタリー同期生」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [東谷尚]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    akiko“Beyond the moon”
    NHK総合・ドラマ10「紙の月」挿入歌
    ♪Pf.に重なり合う様にヴォーカルが和音になっているイントロから美しい佳曲。NHKに問い合わせたところ、音楽担当者・住友紀人 制作による劇伴1トラック扱いで楽曲名不詳。→ その後 曲目追記済。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪独特の哀感がある洗練された劇伴音楽群。


 昨年末から総務省の諮問機関「放送政策に関する調査研究会」が、民間ラジオ放送の根幹を変えるような重大な国策を示唆し始めました。

 民間ラジオ局の経営統合を進めるため、さらに放送法の規制を緩め、都道府県ごとにローカル番組を作らせる義務を経営統合したラジオ局には課さず、放送番組を同一化しても構わないという驚くべき案を提示してきたのです。

 基幹放送普及計画 第1の3には「地域住民・地域社会の要望を充足する放送」を行う義務規定があり、それがローカル放送による自社制作番組の制作義務の根拠だったのですが、これを取り去ろうというものです。

 例えば隣接するA県とB県のラジオ局を経営統合した場合、両方のラジオ局のローカル放送を縮減し、番組を共通化する事が可能になります。

 広告収入の減少で経営が悪化しているラジオ局が多く、都道府県の境をまたいだ番組の同一化による再編が進めば制作費が大幅に減ります。

 さらに放送番組の同一化によって、県境における中継局の重複が不要となり、置局の効率も実現しマスター設備の統合の容易化などが期待されるとの事ですが、今までの民間ラジオ放送の根幹を変えてしまうのは間違いありません。

 既にマスメディア集中排除原則は緩和され、ラジオは 4波まで特例として資本の支配関係が認められています。

 これまでに例えば とちぎテレビがFM栃木(RADIO BERRY)及び CRT栃木放送を支配し、東京のLFニッポン放送がJ-WAVEを支配しています。ただ支配と言っても あくまで持株上の事でした。

 しかし、経営統合され放送番組が同一化されれば、毎日流れる放送番組にも重大な変化が生じます。さらに放送対象地域の同じラジオ局が経営統合する事も想定しており、放送番組が同一化すれば、どちらかが一方の中継局となってしまう可能性もあります。

 まだ総務省の たたき台の段階なので確定ではありませんが、先だってのAMラジオ局のFM同時放送の問題といい、突然始まったFMラジオ局の減資(資本減少)といい、このラジオ局の経営統合による放送番組同一化容認は、今後ラジオ放送行政の国策となる可能性が極めて高いと言えます。

 私も今まで不透明だった日本のラジオ放送の将来像が、僅かながら見えてきた気もします。その姿は送り手にとって峻烈極まりないものかも知れません。

 ただFM長野を愛聴している一(いち)リスナーとしては、災害などの緊急報道や選挙開票速報などの一刻も早い重要な地域向け情報は もちろん、県域のニュース・気象などの1次情報を定時放送してもらえれば、良質で穏やかな音楽番組は同一化しても別に不利益となる事ではありません。

 私が好きな「ジェットストリーム」は、47年間に渡って平日午前0時から全国規模で放送番組が同一化しています(笑)。

第567回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    akiko“Beyond the moon”
    NHK総合・ドラマ10「紙の月」挿入歌
    ♪楽曲タイトルが発表になった。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ
    ♪シナスタジアを押しつける様なタイトルバックだが、イントロから和音構成と調性が整っている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]


 今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」は、戦国時代・豊臣秀吉の軍師である黒田官兵衛の生涯が題材です。

 昨年の大河ドラマ「八重の桜」が、後半の明治編に至り視聴率がヒト桁台に崩れてしまうのでは? との心配がありましたが、どうにか持ちこたえ今作の開始時は 18・9% → 16・9% → 18・0%(関東地区)と堅調に推移しています。

 過去の大河ドラマでは、戦国時代とりわけ豊臣秀吉の一代記を数多く取り上げており、黒田官兵衛 役は 1965年の「太閤記」で 田村高廣。1996年の「秀吉」が 伊武雅刀。そして2006年の「功名が辻」では 斉藤洋介が演じています。

 2010年の「龍馬伝」から続いている立体感や色彩に広がりを持たせる映像技術は、2年前の「平清盛」ほどではありませんが、昨年の「八重の桜」に比べて また赤みが強くなった気がします。ただ登場人物の顔色を視てみると「平清盛」ほどの(笑)不自然な感じは受けませんでした。

 今回の「軍師官兵衛」で気になったのは、やはり 藤村志保のナレーションです。75歳という高齢の滑舌に妙に芝居がかった抑揚があり、あらゆる演出意図よりも聴き取りにくさが先行しています。

 思い出したのは2009年のテレビ東京・新春ワイド時代劇「寧々 ~ おんな太閤記」のナレーションを担当した 森光子の例です。基礎的な呂律にも問題があった そのナレーションは、再放送の際に大幅に差し替えられたほどでした。

 大河ドラマにはナレーション(語り)を、NHKアナウンサーが担当する伝統がありましたが、1988年「武田信玄」の若尾文子あたりから俳優が担当し始め、最近ではNHKアナウンサーが、本編のナレーションを担当する事は珍しくなってしまいました。

 大河ドラマのナレーションを、NHKアナウンサーが担当していた理由には、1年にも及ぶ長期放送に耐えうる視聴者に対する史実のレクチャーに他なりません。解りやすさ そして聴きやすさが必須条件ですが、どうも今回の「軍師官兵衛」は その本旨から乖離しています。

 しかし、今回の「軍師官兵衛」の魅力は、何と言っても1996年の「秀吉」で主役・豊臣秀吉を演じた竹中直人が、再び木下藤吉郎 → 豊臣秀吉のリレーに挑戦している点です。

 この様な再登板には類例があり、1965年の「太閤記」の緒形拳が、1978年の「黄金の日々」で同じ豊臣秀吉を演じています。18年前の竹中秀吉の造形である「心配ご無用!」の台詞再現を視て妙な感動を覚えました(笑)。

 テーマ音楽は菅野祐悟が担当。この週間選曲リストでも2009年にNHK総合・報道番組「追跡!A to Z」のテーマ音楽が1位を記録しています。

 今回の「軍師官兵衛」のテーマ音楽も週間選曲リストで既に1位ですが、旋律構成は小六禮次郎が制作し、2006年 年間1位、500回記念 全期間3位を記録した「功名が辻」テーマ音楽と類似している点もあり、また後半の和声に難解な現代音楽の趣があったのが少し気になりました。

 主役の岡田准一は よくやっていると思います。そう言えば昨年の紅白歌合戦の際、NHKから発表されたゲスト審査員のリストに、岡田准一の肩書が俳優でなくタレントとクレジットされていました。

 この点で象徴される様に、ジャニーズ事務所のタレントを大河ドラマへ主要配役すると、通常のドラマ出演俳優以上にタレントとしての肖像権を始めとする著作権主張が激しく、その後の再放送などに長期間影響を及ぼす傾向があります。

 NHK大河ドラマは、まず第一義に広範な国民の世帯から支払われた法令に基づく放送受信料で制作されています。

 著作権主張も理解できますが、NHKつまり日本放送協会が制作した放送番組は源泉たる国民に帰する事を、出演者を派遣する芸能プロダクションは、まず根底から認識すべきだと思います。「軍師官兵衛」の今後の展開に期待しています。

 2014年 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」19日 放送・第3回「命の使い道」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 岡田准一 / △ 谷原章介 →→ 内田有紀 → △ 益岡徹 →→ 田中哲司 →→ 大谷直子 →→ 濱田岳 →→ 永井大 →→ 金子ノブアキ →→ 南沢奈央 / ◯ 江口洋介 / △ 竜雷太 → △ 塩見三省 → △ 片岡鶴太郎 → ◯ 竹中直人 → ◎ 柴田恭兵 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


(追記) 第7回放送からナレーションが、広瀬修子 元NHKアナウンサーへ変更になりました。

第568回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( △ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    akiko“Beyond the moon”
    NHK総合・ドラマ10「紙の月」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング
    ♪1位 5週、登場17週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]


 東京のAM局であるLFニッポン放送の周波数は 1242KMzです。それから僅か9KMz差の1251KMzに、夕方から夜間になると非常によく聴こえる放送局が、1970 ~ 80年代に毎日出現していました。

 それは、旧ソ連の日本向け国際ラジオ放送「モスクワ放送」でした。

 よく聴こえるのも道理です。ニッポン放送は千葉県木更津市から、出力100KWで送信していますが、当時のモスクワ放送は極東のウラジオストクから、1000KWという信じられないハイパワーで放送されていたのです。

 ラジオというのは電池・電源が無ければ動きませんが、実は電池・電源が無くても動くAMラジオがあります。ゲルマニウムラジオ(ゲルマラジオ)といって、空中の電波がアンテナと接する際に発生する僅かな電気を利用し、送られてくる電波の力で給電してしまう原始的なラジオです。

 もちろん電波を拾うため大きなアンテナがないと、地元AMラジオ局でも受信出来ませんが、私は茨城に住んでいた頃、ダラっと垂らしたアンテナ線程度で、夜間モスクワ放送がゲルマラジオで聴こえた事がありました(笑)。1000KWという送信出力がいかにハイパワーなのかを物語っています。

 当時のモスクワ放送は、ソビエト社会主義共和国連邦のプロパガンダ(宣伝)放送でした。ソ連は良い国で西側諸国はダメなのか(笑)夕方5時から深夜まで延々とレクチャーが続きます。但し延々といっても風変わりな編成をしており、1回の放送が30分から45分と短いのです。

 放送開始音楽(インターバル・シグナル)であるドゥナエフスキー作曲「祖国の歌」の冒頭2小節をチャイム化したものが流れると、放送開始のアナウンスと周波数(バンド)紹介があって番組に入ります。

 30分ほど経つと きちんと終了アナウンス。1分ほどの無音部がありますが送信は止まらず、また「祖国の歌」のチャイムが流れ、また律儀な放送開始アナウンスそして別番組。このサイクルを1日何回も繰り返します。

 この「祖国の歌」のチャイムは、国内向けの全連邦第1放送の開始時にも流れており、毎年 5月 1日に赤の広場で行われた、メーデーパレードの開始を告げるモスクワ・クレムリン宮殿 スバスカヤ塔大時計の打鐘直前に、全く同じチャイムが赤の広場全体に流れます。

 ちなみに全連邦第2放送は、このブログでも紹介しました「Mayak(マヤーク)」。開始音楽はモスクワ郊外の夕べです。

 モスクワ放送の番組内容は、ここに書く気が無くなるほどの(笑)共産主義のプロパガンダ一色です。その中で私が忘れられないのは、夕方5時の1回目の放送でニュースの後オンエアーしていた「ソ連の平日」という番組でした。

 「ローマの休日」というオードリー・ヘプバーンの有名な映画がありますが、全く真逆な発想で(笑)いかにソ連に住む人達は平日に共産主義の理想を目指し、真面目に働いているか長々と紹介していました。この「ソ連の平日」という番組タイトルひとつだけで、モスクワ放送全体を象徴出来ると思います。

 ただ北京放送を始め当時数多くあった、共産・社会主義諸国の海外向け宣伝放送に比べ、洗練された印象をモスクワ放送からは受けていました。

 「聴取者の手紙から」と題した日本のリスナーからの手紙紹介番組は、手紙の紹介よりも質問へ回答する時間に殆ど費やしていましたが(笑)文化大革命を経た頃の北京放送の様に、リスナー個々へ教条的思想を押し付けるのではなく、ソ連邦の雄大さが解ればいいといったスタンスだと私は感じていました。

 モスクワ放送が圧巻だったのは、通常の番組よりも書記長クラスの要人が亡くなった時の特別編成でした。

 当時のソ連の国内放送は、党中央の書記長クラスの要人が亡くなると、いきなりニュース速報が出ません。予告なく番組が変更されクラシック音楽が長時間放送されます。

 ソ連国民も突然クラシック音楽放送が始まると、トップ要人が亡くなったと解り受け止める体勢が出来ます。その後で臨時ニュースが流れるのです。

 日本向けのモスクワ放送も特別編成となり、ニュースとクラシック音楽放送だけとなります。この放送されるクラシック音楽が、素晴らしい選曲で実に荘厳でした。モスクワ放送の真骨頂は、トップ要人逝去の時しか味わえないのです(笑)。

 モスクワ放送に受信報告や手紙をエアメールで出すと 必ず丁重な返事が届きますが、カードなどの他に日ソ友の会の入会案内や、次の手紙はモスクワ放送東京支局へ送ってくださいとのリーフレットが同封されていました。

 このモスクワ放送東京支局というのが不思議な存在で(笑)所在地がソ連大使館内ならともかく、なぜか同じ麻布狸穴町の民間マンションの一室が指定されており、ソ連情報機関の分室ではないかと妙な好奇心を覚えた事もあります(笑)。

 時は流れ 1991年にソ連邦は崩壊し、モスクワ放送も「ロシアの声」と局名が代わりました。

 日本向け放送は大幅に時間を短縮して続けてきましたが、昨年末 遂に長年続けてきたAM中波放送を打ち切りました。プーチン 大統領の命令により海外向け通信機関が整理統合され、ロシアの声は廃止になるそうです。

 国内治安情勢が不安定な中、ソチ冬季五輪が まもなく開催されるロシアでは、旧ソ連時代から続いていた世界最大の国際ラジオ放送だったモスクワ放送が、静かに終焉の時を迎えていました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2014年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。