FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第567回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    akiko“Beyond the moon”
    NHK総合・ドラマ10「紙の月」挿入歌
    ♪楽曲タイトルが発表になった。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ
    ♪シナスタジアを押しつける様なタイトルバックだが、イントロから和音構成と調性が整っている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]


 今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」は、戦国時代・豊臣秀吉の軍師である黒田官兵衛の生涯が題材です。

 昨年の大河ドラマ「八重の桜」が、後半の明治編に至り視聴率がヒト桁台に崩れてしまうのでは? との心配がありましたが、どうにか持ちこたえ今作の開始時は 18・9% → 16・9% → 18・0%(関東地区)と堅調に推移しています。

 過去の大河ドラマでは、戦国時代とりわけ豊臣秀吉の一代記を数多く取り上げており、黒田官兵衛 役は 1965年の「太閤記」で 田村高廣。1996年の「秀吉」が 伊武雅刀。そして2006年の「功名が辻」では 斉藤洋介が演じています。

 2010年の「龍馬伝」から続いている立体感や色彩に広がりを持たせる映像技術は、2年前の「平清盛」ほどではありませんが、昨年の「八重の桜」に比べて また赤みが強くなった気がします。ただ登場人物の顔色を視てみると「平清盛」ほどの(笑)不自然な感じは受けませんでした。

 今回の「軍師官兵衛」で気になったのは、やはり 藤村志保のナレーションです。75歳という高齢の滑舌に妙に芝居がかった抑揚があり、あらゆる演出意図よりも聴き取りにくさが先行しています。

 思い出したのは2009年のテレビ東京・新春ワイド時代劇「寧々 ~ おんな太閤記」のナレーションを担当した 森光子の例です。基礎的な呂律にも問題があった そのナレーションは、再放送の際に大幅に差し替えられたほどでした。

 大河ドラマにはナレーション(語り)を、NHKアナウンサーが担当する伝統がありましたが、1988年「武田信玄」の若尾文子あたりから俳優が担当し始め、最近ではNHKアナウンサーが、本編のナレーションを担当する事は珍しくなってしまいました。

 大河ドラマのナレーションを、NHKアナウンサーが担当していた理由には、1年にも及ぶ長期放送に耐えうる視聴者に対する史実のレクチャーに他なりません。解りやすさ そして聴きやすさが必須条件ですが、どうも今回の「軍師官兵衛」は その本旨から乖離しています。

 しかし、今回の「軍師官兵衛」の魅力は、何と言っても1996年の「秀吉」で主役・豊臣秀吉を演じた竹中直人が、再び木下藤吉郎 → 豊臣秀吉のリレーに挑戦している点です。

 この様な再登板には類例があり、1965年の「太閤記」の緒形拳が、1978年の「黄金の日々」で同じ豊臣秀吉を演じています。18年前の竹中秀吉の造形である「心配ご無用!」の台詞再現を視て妙な感動を覚えました(笑)。

 テーマ音楽は菅野祐悟が担当。この週間選曲リストでも2009年にNHK総合・報道番組「追跡!A to Z」のテーマ音楽が1位を記録しています。

 今回の「軍師官兵衛」のテーマ音楽も週間選曲リストで既に1位ですが、旋律構成は小六禮次郎が制作し、2006年 年間1位、500回記念 全期間3位を記録した「功名が辻」テーマ音楽と類似している点もあり、また後半の和声に難解な現代音楽の趣があったのが少し気になりました。

 主役の岡田准一は よくやっていると思います。そう言えば昨年の紅白歌合戦の際、NHKから発表されたゲスト審査員のリストに、岡田准一の肩書が俳優でなくタレントとクレジットされていました。

 この点で象徴される様に、ジャニーズ事務所のタレントを大河ドラマへ主要配役すると、通常のドラマ出演俳優以上にタレントとしての肖像権を始めとする著作権主張が激しく、その後の再放送などに長期間影響を及ぼす傾向があります。

 NHK大河ドラマは、まず第一義に広範な国民の世帯から支払われた法令に基づく放送受信料で制作されています。

 著作権主張も理解できますが、NHKつまり日本放送協会が制作した放送番組は源泉たる国民に帰する事を、出演者を派遣する芸能プロダクションは、まず根底から認識すべきだと思います。「軍師官兵衛」の今後の展開に期待しています。

 2014年 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」19日 放送・第3回「命の使い道」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 岡田准一 / △ 谷原章介 →→ 内田有紀 → △ 益岡徹 →→ 田中哲司 →→ 大谷直子 →→ 濱田岳 →→ 永井大 →→ 金子ノブアキ →→ 南沢奈央 / ◯ 江口洋介 / △ 竜雷太 → △ 塩見三省 → △ 片岡鶴太郎 → ◯ 竹中直人 → ◎ 柴田恭兵 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


(追記) 第7回放送からナレーションが、広瀬修子 元NHKアナウンサーへ変更になりました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年01月24日 の週間選曲リストと『 軍師官兵衛 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。