秀吉 NHK大河ドラマ - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第82回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  3. 第 3 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派」テーマ音楽 [甲斐正人]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    普天間かおり「祈り prayer」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」6 ~ 7月 オンエアー曲
    ♪1位 1週、登場 7週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    一青窈「あこるでぃおん」
    NHK教育・福祉情報番組「福祉ネットワーク」オープニング テーマ曲


 今週は夏休みをとりました。猛暑は続いていますし、特に外出の予定を立てず 6日連続で のんびり出来ました。

 そこで整理済のテレビ番組ビデオテープから、1996年のNHK大河ドラマ「秀吉」の録画を、49話全て視てみました。約3日ほどで一気に視終わりましたから、ある意味「テレソン」みたいな感じです(笑)。

 豊臣秀吉 役に 竹中直人。おね(寧々)役が 沢口靖子。そして織田信長 役は 渡哲也。堺屋太一の研究本「秀吉~夢を超えた男」「鬼と人と」「豊臣秀長」を原作指定して、竹山洋が脚本を書いています。

 緒方拳・藤村志保・高橋幸治の「太閤記」(1965年)以来、最も人気のある歴史題材へ真正面に取り組んだ作品です。

 第1回放送から竹中直人は、猿顔の「日吉」そのもの。そこから1年をかけて「豊臣秀吉」に登りつめていく姿は、まさに大河ドラマの醍醐味を満喫できます。

 大政所(なか):市原悦子、千利休:仲代達矢、竹中半兵衛:古谷一行、明智光秀:村上弘明、足利義昭:玉置浩二、安国寺恵瓊:中条きよし、柴田勝家:中尾彬、丹羽長秀:篠田三郎、黒田官兵衛:伊武雅刀、徳川家康:西村雅彦 などキャスティングも見事であり、特に豊臣秀長は 高嶋政伸が配役され、その人物像を丹念に描いています。

 音楽は 小六禮次郎が担当。少年が駆け上って行くタイトルバックと相乗して、秀吉の生涯をテーマ音楽1曲に集約しているかの様な佳曲です。劇伴音楽も優れており、特に第11回 放送「絶体絶命」(金ヶ崎退却戦)ラストの音楽効果は 秀逸です。

 石川五右衛門(赤井秀和)が、秀吉の親友との設定は史実から離れていますし、細かいエピソードも竹山洋の創作が目立ちます。また朝鮮出兵など秀吉晩年の陰影が あまり強調されていません。

 有名な秀吉辞世の句「なにわの事も 夢の又夢」へ花見の宴からストーリーを昇華させた最終回など、司馬遼太郎の小説「新史太閤記」に描き方が似ている感じもありますが、私は、秀吉のサクセスストーリー中心で良かったと思っています。

 竹中 秀吉の圧倒的な存在感や、その秀吉と同時出世していく弟・秀長を始め豊臣家の人々の素晴らしい協業は、この大河ドラマ「秀吉」を五指にはいる大河ドラマの傑作へ押し上げています。

 大河ドラマ「秀吉」は DVD化されておらず、私は個人録画のVHSテープで再視聴。涼しい部屋で約3日間、1年分の大河ドラマを集中的に楽しませて頂きました。


(追記) 全49話の本放送 録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年07月30日 の週間選曲リストと『 秀吉 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。