FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第356回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    石川智晶“First Pain”
    NHK教育・アニメ「エレメントハンター」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ
    ♪卓越したソプラノと鮮明な転調が味わえる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲
    ♪1位 5週、登場 8週。


 新型インフルエンザの流行は、猛威をふるっています。NHKなど各放送局は、流行当初おこっていた全国の患者数調査を、ほとんど報道しなくなりました。これは厚生労働省が、既に患者数の全数把握を打ち切っているからです。

 国立感染症研究所の調査推計によれば、治癒済みを含めた全国の累計患者数は、先週段階で約 1075万人まで達しました。1週間で約 150万人以上増えているペースです。

 全国医療機関からの報告では、流行の遅れていた大都市周辺の患者数が大幅に増加しています。流行状況の目安となる1医療機関あたりの患者数は、長野県でも 55・31人となり、全国平均の 38・89人を大きく上回っています。

 新型インフルエンザの累積患者数は、終息するまで 2000万人を大きく超えるのは確実な情勢となり、完全な「パンデミック」状態です。

 不安を増長してしまう統計ばかりですが、よく考えてみれば季節性インフルエンザも、全国で 1000万人程度の患者が毎年発生しています。弱毒性のまま推移していれば、ワクチン接種やタミフルなどで充分対応出来るはずです。

 それでも もし強毒性へ変異すれば、この凄まじい感染速度なら、やはり「世界大戦」に匹敵する様な犠牲者数も、図上の空論とは言えない恐れがあります。

 政府の新型インフルエンザ対策本部が発表した、新型インフルエンザ予防接種の優先順位は、1位・患者診療に当たる医療従事者、2位・妊婦や基礎疾患のある人、3位・1歳から就学前までの幼児、4位・1歳未満の乳児の両親、5位・小学 中学 高校生や 65歳以上の高齢者となっています。

 さらに 1位から 4位まで「優先グループ」として国産ワクチンを使用しますが、5位のグループには、輸入ワクチンを使用するとの差異もあります。私は、この優先順位に従い、年内予防接種は しないつもりでいます。

 我が家でも この夏に マスクと消毒用エタノールの備蓄をしていますが、消毒用エタノールの品切れ傾向は続き、現在の使用分と1 ~ 2本のストックで精一杯の状態でした。最近では公共機関やスーパーなどにも、消毒用アルコールを常備してある場所が多くなりました。しかし、私が見かけた限りでは、あまり使っている人がいない様です。

 消毒用エタノールの品切れ傾向が続いていますが、ほぼ成分の同じ新種の消毒用アルコールも多種流通し始めました。私も使ってみましたが、効果に問題はない様です。

 外出時に着ていた衣服の隔離(笑)や、帰宅後は速やかに風呂へ入って、頭髪などに付着したウィルスを洗い流す事も大切です。マスクだけではなくウィルスへの細かな対策は、長く実践していかなければならないと思っています。圧倒的な感染力の新型インフルエンザが、強毒性に変異しないよう祈るばかりです。


(追記) 2010年 8月10日に WHOは、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)が終息したと宣言しました。

第357回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャル ドラマ「坂の上の雲」メインテーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    石川智晶“First Pain”
    NHK教育・アニメ「エレメントハンター」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]
    ♪メインテーマを劇伴として重視してないのは残念。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 2010FIFAワールドカップ・南アフリカ本大会・1次リーグの組み合わせ抽選が 5日 早朝行なわれ、日本は オランダ・カメルーン・デンマークと一緒の「E組」に決まりました。前回大会から日本は チームパワーが落ち、3か国ともに格上国揃いで 苦戦必至ですが、W杯本番では 独特の追い風が吹きます。岡田ジャパンも ぜひその追い風に乗って頑張って欲しいと思います。

 現在のFIFAランキングは、オランダ・3位、カメルーン・11位、デンマーク・26位、日本・43位です。

 同じ組にアフリカの強豪国「カメルーン」が入りました。どうもカメ好きの私としては、カメルーンという国名に、昔から妙な親近感を覚えています(笑)。2002年の日韓共同開催の時 カメルーン選手団は、大分県 日田郡 中津江村にあるキャンプ地への到着が大幅に遅れ、連日大変な騒ぎでした。この遅刻騒動から 中津江村は、全国的いや世界的に有名となったのです。

 「W杯(中津江村)」という語彙は、その年の流行語大賞に選ばれています。騒動の最中マイペースな(笑)選手団を信じ前線指揮(笑)していた村長さんには、カメルーン共和国から なんと国家勲章が授与されています。その後 中津江村は、日田市に合併されました。ですが この村長さんは、今も お元気で「初戦はカメルーンを応援する」宣言なんかしちゃってます(笑)。

 日本サッカー協会(JFA)は、2018年 もしくは 2022年に開催されるワールドカップ 本大会の日本招致を計画しています。またまた 韓国も その時期に招致を考えているそうです(笑)。JFAの長期的な構想では、遅くとも 2050年までの単独開催と、ワールドカップ優勝を目指しています。実に気の長い大構想です(笑)。

 2050年までの超長期なスパンを考えれば、長野でもう 1回ぐらい冬季五輪が開催出来るかも知れません(笑)。しかし、2050年までには、FIFA も IOCも変質して、ワールドカップや五輪は、広域開催になってしまう可能性が高いのです。両方ともに 1か国による単独開催がきつくなるほど 肥大化しつつあります。

 昔の国際オリンピック運動は、商業主義と一線を画していたのですが、今や開閉会式や競技日程に強く関与してしまうぐらい、両大会共に テレビ中継権者や オフィシャルスポンサーのパワーが 強大になっています。肥大化の要因は、この商業主義にもあるのです。2050年まで待たずに(笑)来年の本大会で、W杯トロフィーへの道程を少しでも前進してもらいたいものです。

第358回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲
    ♪1位 3週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Rihanna“Russian Roulette”
    ♪案の定VCは悪趣味だが意外にも調性のある佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 ちょっと前の話ですが、風呂上がりに きまって数時間ほど背中が痒くなります(笑)。これが例の乾燥肌というやつか? と軽く思っていましたが、とうとうポツポツ湿疹まで出てきたのです。

 原因がわかりません。思い当たったのはボディソープを変えた事です。

 そこでボディソープの裏に記してある成分を、ひとつひとつ調べてみました。ゲ!(笑)台所用洗剤の主成分である「合成界面活性剤」が入っています。「防腐剤」も入っています。クリーミーな泡立ち(笑)のメーカー品でしたが、全く信用出来なくなり即刻使用を止めました。

 そして十数年ぶりに「固形せっけん」へ戻したのです。無添加ですが実に廉価な石鹸です。

 すると その使用初日から、風呂上がりの痒みがピタリと止まりました。湿疹も治ってきています。石鹸ひとつの話ですが、体調に変化をきたす事もあるのです。必要だと思い使っている消費財が、健康の面から本当に必要かどうかは、やはり別の問題なのです。

 国家予算の編成作業は、民主党政権になって様変わりしました。行政刷新会議による例の「仕分け作業」が導入されています。

 まず1項目ずつ必要か否か、聖域なく一定基準で判断していき、その作業の累積から予算を全面的に組み直します。今回の手法が人民裁判(笑)の様だとの批判もありますが考え方は理解できます。

 そこで我が家も「仕分け作業」を導入してみました(笑)。

 仕方なく始めたアナログ ビデオテープのデジタル化も「仕分け作業」のひとつです(笑)。それに付随して来年以降のテレビの買い替えも、大型は止める「仕分け」をしました。

 我が家のPCは、15インチ液晶のディスプレイです。そこで再生されるYouTubeの画面サイズや画質には満足しています。

 従ってデシタル化しているファイルも、そこで充分再生出来るレートを採用。その代わりワンセグも含めて「複数」のディスプレイを所有すると「仕分け」しました。

 私のテレビ人生は、高校の頃買ってもらったラジカセに、5インチ程の小さなテレビがついている「ラテカセ」からスタートしています。大型1台より小さな画面でも複数のディスプレイを持っていたほうが、我が家にとって便利だからです。

 さらに「仕分け」は進み、最近では衣食住 全般に渡りやっています。先月は 試しに「袋分け家計簿」方式で、相当仕分けて生活してみました。

 三食きちんと食べても間食せず、予定された物以外は出来る限り購入しない事だけで、予算範囲内の生活ができました。

 もっと早く始めていれば貯まっただろうにと(笑)残念に思うくらいの好成績です。なおかつ先程の「固形せっけん」の話ではありませんが、規則正しい食事のせいか体調も良くなりました。

 これからの生活に於いて何が必要なのか? いや さらに、これからの人生に於いて何が必要なのか? 一品ずつ「仕分け」をしていく作業は間違いなく有意義です。

 人は興味がある事に飛び付き、飽きるとすぐ投げ捨てます。どうもその対空時間の短さが、人生の不安定さを生む気もします。

 今年は かつてないほど、人々の心の奥底に針が貫く様なギスギスした1年でした。何が必要で、あるいは必要ないのか? あくまでも自由な人生観の基準で、聖域なく衣食住の消費財を「仕分け」していけば、案外心豊かな未来も見えてくると深く感じました。

Year‐End Ranking

   
  1. 第 1 位 ( 6)
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]
    ♪極めて調った和声と透明感溢れる美旋律が、緻密なオーケストレーションによって見事に融合し、卓越した音楽効果のサスペンスドラマを生み出した技巧抜群な劇伴音楽。

  2. 第 2 位 ( 5)
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  3. 第 3 位 ( 5)
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  4. 第 4 位 ( 4)
    Linkin Park“New Divide”

  5. 第 5 位 ( 4)
    Diane Birch“Fools”


 2009年も師走が押し迫り、このブログの更新は今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2009 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2009年 1月 2日 第308回ランキングから、2009年12月18日 第358回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数は 44曲。選曲条件をクリアした楽曲数が 19曲と記録されています。今年の年間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位 6週 登場10週】① トライアングル 劇伴音楽。 【1位 5週 登場 8週】② YELL いきものがかり。 【1位 5週 登場28週】③ 天 地 人 テーマ音楽。 【1位 4週 登場11週】④ New Divide Linkin Park。 【1位 4週 登場10週】⑤ Fools Diane Birch。

 以上の累積資料 と 参照先リストの選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。今年の年間ランキングは、累積資料が抜き出た楽曲がなく、選曲の軸となる1位週数にも大差がありませんでした。その傾向は、選曲条件をクリアした楽曲数の昨年比増加にも現れています。

 年間1位は、ルールに従い自動確定。年間 2位以下は、まず 1位週数を軸に選曲条件をクリアした楽曲から、年間ランキング楽曲 4曲を 改めて選曲。累積資料である 1位週数・登場週数のデータを参考としながら、順位を決定しました。特に年間 2位と 3位に関しては、累積資料のデータを参考にしつつも、独自性の高い順位決定を行っています。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)2曲、洋楽 2曲、そして音楽コンテスト課題曲 1曲 となっています。

 7回公開した年間ランキングの中で、初めて洋楽が2曲入りました。一方ドラマ主題歌がゼロになったのも、7年間で初めての結果です。邦楽新譜の需要層に、多様化の流れで先細りが見られ、毎週公表される週間選曲リストへも、CS放送などからの旧譜リストインが目立ってきました。先行き不透明なテレビ・ラジオの影が、放送音楽にも深く差し込んでいた1年でした。

 戦後初の総選挙による政権交代で、民主党政権が誕生した激動の 2009年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2009年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。