FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第436回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Green Day“Boulevard Of Broken Dream”
    ♪7年前のロックバラードの名曲は、未だ米国VOA放送で全世界に向けローテーション入りしている。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Sade“Still In Love With You”


 abn長野朝日放送で「水曜どうでしょう」2011年 最新作のオンエアーが、6月22日に全12回 無事完遂(笑)しました。東日本大震災の影響も心配されていましたが、全国で本放送は進んでいます。

 放送自粛となっている国内原付企画ですが、正面突破を図るべく(笑)今回の2011年最新作は、題して「原付日本列島制覇 ~ 東京-紀伊半島-高知」。ゴールは 高知市 桂浜公園の坂本龍馬 像。昨年 行われたロケの時期は、ちょうどNHK大河ドラマ「龍馬伝」に大泉洋が近藤長次郎 役で出演していた頃です。

 原付企画が放送自粛となった原因は、荷台の積載重量オーバーという軽微な法令違反でした。そこで鈴井貴之・大泉洋・藤村忠寿・嬉野雅道のどうでしょう班は、ミスターこと鈴井氏の原付にお蕎麦屋の出前などで使われる「マルシン出前機」(笑)を搭載。これで「原付日本列島制覇 ~ 東京-紀伊半島-高知」を敢行しました。

 どう見ても積載オーバーの荷台より、マルシン出前機は大型ですが合法です。どうでしょう班も考えたものです(笑)。今回の2011年 最新作は初のハイビジョン撮影となり、いつもの4人の他に、カメラマンやドライバーと専門スタッフを配置しています。

 今まで撮影担当だった嬉野D は、大泉 氏の言うところの「視聴者代表的存在」(笑)なディレクターへ。そして遂に藤村Dは、今までの見切れから全面的な顔出し(笑)となりました。

 甘いものが苦手なミスターとの早食い対決は、今回も圧巻でした。伊勢名物の赤福早食い対決には、腹の底から笑わせて頂きました。

 ここ松本市の街中でも後部ウィンドウに、水曜どうでしょう のステッカーが貼ってある車を、散見します。今回の2011年最新作でも浜名湖付近のロケ中に、その どうでしょうステッカーが貼ってある車を発見しています。

 ドライバーもミスターと大泉 氏の原付に気付き、軽自動車全体が跳びはねるほど大喜びするシーンが放送されました。あのドライバーの心底からの大喜びは、この水曜どうでしょう の人気を端的に表現していると思います。

 今回も普通の旅番組ならカットされてしまう様な、ありきたりの車窓風景を延々と流し、音声は どうでしょう班4人の会話を挿入していく、水曜どうでしょう 独特のスタイルを続けています。

 特に伊良湖フェリーから奈良を通り、和歌山県 龍神温泉にかけての山道の風景は、演出という飾りを削ぎ落とした美しさがあり、その間に展開する 4人の会話は面白く、まるで視聴者が どうでしょう班の一員である様な感じを受けます。

 また海南市から和歌山市郊外の風景が延々と流れる中、麻生 元首相から生活笑百科・笑福亭仁鶴 師匠に至る大泉洋 物まね大会(笑)は、これもまるで隣で聞いているかの様な大笑いが体験出来るのです。

 4年ぶりの新作でしたが、先行放送された北海道地区の第1回放送視聴率が、深夜0時15分からにもかかわらず なんと 15・8%をマーク。商売上手(笑)の どうでしょう班は、このタイミングで放送自粛となっている「72時間!原付東日本縦断ラリー」のDVD販売をするそうです。

 そのDVDへ一緒に入る予定の「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」は、私が大変気に入っているシリーズです。

 特に第1夜として収録される土井巧 プロデューサー(当時)の実家の荒れ地を、どうでしょう農園として開墾する たった1日の行程が、私は大好きで録画を50回以上(笑)視ています。

 私が気になるのは、藤村・嬉野 両ディレクターのHTB北海道テレビにおける社内ポジションです。ご多分に漏れずメディア不況から、HTBも制作部を昨年 3月末に廃止。作り手としては厳しい環境となっています。

 しかし、地方局HTBにとって「水曜どうでしょう」は、全国に発信出来る これ以上ないほどの優良コンテンツです。最新作を見ると、また次の最新作が見たくなるのが人情(笑)。「一生どうでしょうします」と宣言した水曜どうでしょう の次回作も期待が高まります。

第437回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた
    ♪旋律構成は歌謡曲だが、ロックバラードのエッセンスを散りばめたアレンジの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Green Day“Boulevard Of Broken Dream”


 先週の週間選曲リストは、436週目でした。ですから今週の週間選曲リストが、437週目になります。当たり前です(笑)。ブログにも その通り表示されています。

 ありきたりで ごく普通な週の流れですが、私 個人にとって実は 重大な節目なのです。

 私は約30年ほど前に、音楽チャート研究のニュースレターを発行していた事があります。オリコンWEEKLY誌にも 2回ほど紹介されていますが、開始は 1982年 1月10日。終了が 1990年 8月19日。通算「436」週間の発行だったのです。

 生涯かけても二度と抜く事はないと思い続けていた この自己記録を、このブログが 今週 抜き去りました。

 思えば そのニュースレターの最大会員数は 15名ほど(笑)。その他にHBC北海道放送などメディアに送っていた事もありますが、その規模は微々たるものでした。

 それでも手書きのニュースレターは、その後PCによるプリントになりましたが、毎週 月曜日に郵便局から せっせと 436週間 休まず発送し続けていました。

 毎週 金曜日アップし続けている このブログは、ページビューが 16万を突破し、毎日のアクセスも 平均50以上。ニュースレター時代とは比較にならないほど、沢山の方に読まれています。

 それでも全くスケールの違うニュースレターとブログ、両方に共通している点。それが436週間 毎週休まず公開してきた事なのです。

 このブログが ここまで続いて来た理由は、週間選曲リストの発表範囲を 5曲に限定してきたからだと思います。

 音楽チャートを研究してきた方は、ベスト10から やれトップ40だの やれホット100だの(笑)対象順位を拡大する傾向があります。毎週5位まで という思い切った少順位化へは、なかなか発想の転換ができない様です。

 ブログは 公開形態がインターネットです。ディスプレイ画面では 読者の認識限界が 5曲ほどだと、ブログ開始前の2002年の段階で考えていました。

 さらに個人の選曲は、毎週5曲が限界という理由もあります(笑)。もし週間選曲リストが、毎週10曲までの発表なら、間違いなく途中で挫折していました。

 これから個人ブログの継続力とその価値は、充分なコンテンツとシステムの独創に その源泉を遡れるはずです。

 法人サイトに求められる考えが、個人ブログへも少しずつ求められています。自分の私生活を切り売りしていれば、個人ブログは事足りると思っている人にとって、到底 理解出来ない話ですが、今の段階で理解出来るかどうかは、個人ブロガーの重要な分岐点になると思います。

 加入しているSNSで臨時のお知らせ をしましたが、今回を機に このブログのパーマリンクの構造を全面的に変えました。

 このブログは、個別ページや全リスト保存をしている月別ページもパーマリンクが数字ベースです。そこで重なり合いを防ぐため、個別ページは “number-” という共通スラッグで特化しました。

 また基本ディレクトリ名も、よくある “archives” から、このブログの特徴である「リスト」の複数形 “lists” に変更しパーマリンクへ加えました。

 今週のリストのパーマリンクは、“http://www.chartdrunker.info/lists/number-437” となります。

 途中でパーマリンクの構造を変えるのは好ましくないのですが、437週目からの第1歩として思い切って変更しました。現在 グーグルさんが凄まじい勢いでインデックスし直しています(笑)。

 いくらコンテンツを有していても、個人ブログには限界があります。究極的にはブロガー自身の生命の問題が存在します(笑)。そして もう日本国中どこに住んでいようが、大地震の被災者になりブログが休止する可能性は否定出来ません。

 それでも毎週ブログを更新していく この誠実さだけは、一番大切なポリシーとして維持したいと考えています。何が起こるか解らない そんな ご時世ですが、とりあえず極めて高い確率で(笑)来週 第438週目の更新をする予定です。

第438回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位( ⇒ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  2. 第 2 位( △ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  3. 第 3 位( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  4. 第 4 位( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ
    ♪今度のメインテーマよりもデリコらしいドライブ感。

  5. 第 5 位( ▽ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌


 暑中お見舞い申し上げます。2011年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には 節電の中ですが どうか ご自愛ください。

 いよいよテレビの完全デジタル化が迫ってきました。このブログ更新時で あと9日です。

 思えば 10年に渡る長いカウントダウンでしたが、いよいよ その日。2011年 7月24日を迎えます。

 直前の段階ですが 既に変化も見られます。まずブログで紹介しました通り、我が家で加入している地元CATVのテレビ松本さんは、1日から「デジアナ変換」を開始しました。

 県内6局に独自放送を加えた計 7チャンネルが、デジアナ変換で放送し始めました。画質は良好で、純粋な地デジと比較し約 8割程度の鮮明さは保っています。

 今までの地デジ化告知は無くなり、右上に「デジアナ」とウォーターマークが付いているだけです。我が家では、このデジアナ変換開始により、従来のアナログテレビ放送の受信が終了となりました。

 また地デジにスピルオーバーの概念はありません。中日新聞では、長野県版にスピルオーバー目的で小さく載っていた、ぎふチャン(GBS岐阜放送テレビ)の番組表掲載を終了しました。

 さらに 23日を以て、ラテ欄から「Gコード」が姿を消します。地デジには、EPG電子番組ガイド機能があり、そこから簡易録画予約も可能になるためです。

 最大8桁の数字で録画予約が出来る不思議な暗号数字「Gコード」。なぜか、毎月1日のNHK Eテレ 夜9時からの番組は「1」番になる事も多かった(笑)Gコードですが、もうすぐ お別れとなります。

 その一方 1日からアナログ テレビ放送で表示し始めた大型のカウントダウン字幕に、全国のテレビ局や地デジコールセンターへ苦情が殺到しています。

 カウントダウン表示に 驚くほどクレームが多いのも道理です。全国 約30万世帯で地デジ化は間に合わず、25日からテレビ視聴が出来なくなる可能性も出てきました。この中には、来年 3月31日まで延期された、岩手・宮城・福島の東日本大震災 被災3県の視聴者は含まれません。

 もうアンテナ工事などは 予約が一杯の状態です。今からのモーションでは、自力工事・自力設置以外 間に合わないと思われます。

 テレビがなければ ラジオが あるはずです。しかし、大震災でも被災者にラジオを送り届ける運動が活発化したぐらい、実働するラジオの保有世帯は減少しています。

 果たして混乱なく、25日 午前0時のアナログテレビ停波を迎えられるのかどうか? 10年続いたカウントダウン。ゼロの日は 間もなく到来します。


 このブログ 全ページのサイドバーにある「ブログ内検索」機能を、今週からWORDPRESS機能による独自方式へ切り替えました。いつものボックスに、検索ワードを入れクリックすると 一発で対象リストが表示されます。

 相当スピードアップしており、もちろん複数ワードによるAND検索も可能です。なお検索件数ゼロの時は、Google カスタム検索のボックスが表示される様にしてあります。

 独自検索エンジンを搭載したブログ内検索。そしてチャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOGを、今後とも よろしく お願い致します。

第439回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた
    ♪作詞・作曲そして編曲は 尾崎亜美。

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌


 『2011FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会』の決勝が 18日 行なわれ、日本は 2-2の同点からPK戦の末 アメリカ合衆国に勝利。日本が 初優勝を遂げました。

 男女含め サッカー競技のワールドカップで日本が優勝したのは 初めてです。また世界的に普及した主要スポーツの国別世界選手権での優勝は、1977年のバレーボール ワールドカップ女子 以来となります。

 決勝戦は、フジテレビ系列で急遽 地上波生中継されました。早朝にも係わらず関東地区の平均視聴率は、午前3時35分から 5時まで 11・8%、午前5時から 6時まで 21・8%、瞬間最高が 27・7%をマークしました 。

  BS1の衛星放送視聴率(関東地区)は、午前3時40分から5時まで 7・6%、午前5時から7時15分まで 10・7%を記録しています。

 試合直後から主要新聞社は「なでしこジャパン世界一」と大見出しが踊る号外を一斉に発行。日本中が沸き立ちました。

 第6回 ドイツ大会 グループリーグB組に入った日本は、2勝1敗・勝ち点6の2位で決勝トーナメント進出。準々決勝は、最も優勝の声が高かった開催国・ドイツを 1-0で破りました。続く準決勝では、スウェーデン相手に 3-1で快勝します。

 そして 決勝戦。対戦したアメリカは、過去2回 W杯を獲得しFIFA女子ランキング1位の最強豪です。

 日本は、過去1995年 第2回スウェーデン大会のベスト8が最高で FIFA女子ランキング4位。まだ公式戦で一度もアメリカに勝った事がなく、まさしく格上との対戦でした。

 決勝戦は、その格上のアメリカに後半24分 先攻されると、後半36分 宮間あや 選手が渾身のシュートを決めゴール。そのまま 1-1で延長戦に入りました。

 その後 延長前半14分また先制されるも、延長後半12分に澤穂希 選手がゴールへねじ込み再度同点と追いつき、そのままPK戦へ突入します。

 ゴールキーパーの海堀あゆみ 選手が、アメリカの1本目を空中 右足で止める神業的なファインセーブから なんと連続3本阻止。遂になでしこジャパンが優勝しました。

 大会MVPと得点王は、5得点の澤 選手が獲得。フェアプレー賞も日本チームが獲得しています。

 2002年の日韓共同開催のワールドカップ。決勝戦直後の表彰式で、W杯トロフィーが優勝国のブラジルへ授与された瞬間に降った銀色の紙吹雪を視た時、日本チームが主役で、この紙吹雪が視られる日は来るのか? と思っていました。

 その時から僅か9年で、なでしこジャパンへ降り注ぐ、金色の紙吹雪を視る事が出来ました。

 以前、このブログでも書きましたが、日本サッカー協会(JFA)の構想では、遅くとも2050年までにワールドカップの単独開催と優勝を目指していました。東日本大震災という国難に見舞われた2011年に、ウーマンマッチですが なんと一気にワールドカップを獲得できました。

 第2次世界大戦で疲弊しきっていた日本が、まだ占領下の1949年。古橋廣之進 選手による全米選手権での世界新記録樹立と 湯川秀樹 博士のノーベル物理学賞受賞から、国運が開けてきた歴史の流れも思い起こせます。

 なでしこジャパンが、W杯トロフィーを、この国難の日本へ持ち帰ってくれた事は重要な意味があると思います。なでしこジャパン、ワールドカップ優勝 本当に おめでとう ございます。


(追記) FIFA女子ワールドカップを獲得した日本女子代表チームへ「国民栄誉賞」が贈られることになりました。8月 2日に 枝野幸男 内閣官房長官が発表しています。団体の受賞は初めてです。

 受賞者は、選手 21名、監督 1名、コーチ 2名、日本サッカー協会副会長 1名、同協会女子委員長 1名、同協会女子部長 1名、チームドクター 1名、アスレチックトレーナー 2名、テクニカルスタッフ 1名、広報担当 1名、総務担当 1名、主務担当 1名、キットマネージャー 1名 の 計 35名です。

第440回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた
    ♪震災報道が多くを占めるラジオ番組で、この曲は心底に染みる。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌


 テレビ放送の完全デジタル化が、東日本大震災 被災3県を除く全国で 24日に決行され、半世紀以上続いた アナログテレビ放送は終了しました。

 アナログ送信は、25日 午前0時までに総て停波しています。

 「アナログテレビ放送 最後の日」となった 24日(日曜)は、NHKや多くの在京キー局で朝から特別番組をオンエアー。フジテレビ系列は、夏恒例の27時間テレビを この日に編成しました。

 アナログ放送で通常番組の送出終了となる正午前には、生放送でカウントダウンする民放キー局もあり、少々お祭り騒ぎな感じを受けました。

 そんな中 NHK総合は、午前11時59分から鈴木奈穂子 アナによる「アナログ放送終了のお知らせ」を放送しました。

 「これまでアナログテレビ放送を 長い間ご覧頂きまして どうも ありがとう ございました。」と感謝の言葉で締めて、正午ジャストにアナログ放送終了のブルーバック画面へ移行しています。

 総合テレビジョンにおける事実上のアナログ放送終了の瞬間は、民放と異なり静かで美しいものがありました。

 ところが その12時間後。アナログ放送終了を表示するブルーバック画面から実際の停波となる午前0時前の瞬間は、全く逆の展開でした。

 NHKは、午後11時59分 アナログ放送終了タイトルバックもなく停波し、砂嵐状態になってしまったのです。NHKの ぶっきらぼう(笑)な停波は少し残念でした。

 テレビ局は、放送局である以前に国から免許を受けた「無線局」です。無線局運用規則 第138条では、放送の開始及び終了に際してコールサイン(呼出符号)を放送しなければならないと、定めています。

 アナログ放送固有のコールサインを付与されている以上、無線局が開局の際行う宣言の映像同様、閉局に匹敵するアナログ放送 停波直前は、コールサインの音声アナウンスに加えて、閉局宣言の映像が必要でした。テレビジョンとは、映像・音声ふたつの同時放送で一体なのです。

 今回 NHK長野放送局(JONK-TV)に関しては、この電波法令最低限のアナウンスは ありましたが、閉局を告げる肝心のアナログテレビ放送終了の表示をせず、実に味気ないものでした。また東京放送センター(JOAK-TV)を始め他の地域のNHK放送局では、全くアナウンスなしで突然停波したケースが多かったそうです。

 しかし、NHKと異なり全国多くの民放テレビ局は、停波直前にブルーバック画面を止め、独自のアナログ放送終了タイトルバックを放送しています。

 送信所・中継局紹介の他にアナログ放送の歴史を振り返り、長年の視聴に対する感謝のメッセージ。そしてアナログテレビのコールサインを最後に表示・アナウンスして停波となりました。

 特に民放テレビ局の最古参である日本テレビ(NTV)は、実に感動的なアナログ放送終了でした。

 停波直前の午後11時58分56秒から、伝説の放送終了タイトルバック「鳩の休日」ロングバージョンを特別にオンエアーしたのです。

 「JOAX-TV。第4チャンネル。こちらは、日本テレビです。」と、当時の女性アナウンサーの音声でアナウンス。コールサイン・放送局名、そして「58年間 ありがとう ございました」と、さりげなくメッセージを加えた画面で停波。深井史郎 作曲の「鳩の休日」を、原曲のまま放送したため音楽効果も抜群でした。

 私は この1分間を、デジアナ変換が始まっている地元CATVで残っていた在京局アナログ再送信で視聴し、心底から感動しました。日テレの技術スタッフは、なんと粋なのでしょうか。

 日本テレビのアナログ放送 最後の日。その最後の1分間は、電波法令に従い日テレ58年の歴史を一気に凝縮した、生涯忘れ得ないほど美しく輝いた1分間でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2011年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。